mixiユーザー(id:1762426)

2019年02月09日05:50

76 view

1985年ジャマイカの旅ー10

しかし、その後、彼の店「アフリカン・ミュージアム」で会った時はしゃきっとしてたし、親切で紳士的だった。トレード・マークの帽子を粋にかぶり、見るからにスターの雰囲気を持った人だった。
コンサートには行けなかったけど、グレゴリーには直接会えた。ラッキーか?アンラッキーか?複雑な気持ちの夜だった。


   恐怖と恍惚と感動の一日

キラマン・ジャレットがスプリッフ(紙巻のマリファナ)を吸いながら、真っ赤な目を光らせて僕に約束した。「お前がジャマイカにいる間に、知り合いが持ってる山の中のガンジャ(マリファナ)畑に連れていってやる。そして、ジャマイカのラスタを代表する伝説のラスタマンで、ボブ・マーリイを発見して導いたあのプラトーにも会わしてやろう。ただ彼は居所の分からない謎の人物だ。ジャングルに居ると思うと、街に出没する。何とか連絡を取って会わしてやろう。うーん、それから温泉もいいな。どうだい?」
ここはキングストンのレコード会社、シャブロック・レコードのオフィイス裏手の台所兼食堂だ。と言っても、コンクリの流しとカマドの他には、ガラクタをのせた大きな古テーブルと、中身がむき出しの白黒テレビという殺風景な部屋で、スタッフや近所の子供たちが集まって、賑やかに昼飯を食べていた。皆がチキンカレーを美味しそうに味わっていると、シェパードがのっそり入ってきた。

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2019年02月>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728