mixiユーザー(id:1762426)

日記一覧

ボブが表参道を歩いていたという噂も聞いたし、渋谷で会ったという人もいる。一番有名な話は渋谷の東急ハンズで遭遇したという話だ。さる日本人ミュージシャンが目撃したのだが、なんとあのボブ・マーリイがハンズでドライバー(ねじ回し)を探していたという

続きを読む

ポチとラッキイー5
2021年03月09日07:18

ラッキイが来てから一年近くなると、家の中でよく放していた。そしてたまに喧嘩になった。或る時は居間の床に食べ物のかけらが落ちていて、先に気づいたポチが近づくと、食い物に卑しいラッキイが物も言わずに噛み付いた。更に時が経ち、もう大丈夫だろうと室

続きを読む

そういえば、長野に友人たちと遊びに行ったとき「ボブが家に遊びに来たよ」と言う人に会った。僕は仰天して(嘘だろう・・・)と思ったが、話を聞いて納得した。世界中どこで公演しても、神の言葉を伝えるシャーマン(霊媒師)のようなボブに敬意を表して、自

続きを読む

ポチとラッキイー4
2021年03月08日07:53

そして夕方の散歩になる。妻は出かけ、僕一人での初めての散歩だ。僕は犬同士の喧嘩を恐れ、新聞紙を巻いた棒を二匹に見せ「喧嘩したらぶん殴るぞ!」と脅してから、散歩に出かけた。紐をポチは長く、ラッキイは短くして。とにかく一日目は新聞紙の棒を振り回

続きを読む

 1979年の日本公演で数多くのエピソードを生み出したボブ・マーリイは再度の日本公演を期待されながら、多くの人々の期待もむなしく81年に地上を離れて、神のもとに帰っていった。83年10月1日に原宿の裏通りで日本初のレゲエ・グッズの店「トレンチタウン」

続きを読む

ポチとラッキイー3
2021年03月07日07:35

そして一年が経ち、ポチとの生活が軌道に乗った頃、また悩みが生じた。近くの公園で一匹の捨て犬をよく見かけるようになったのだ。どうも観光客に食べ物をタカリながら生きているようだ。たまにしか前を通らないので、しばらく素知らぬ振りをしていた。僕は車

続きを読む

ポチとラッキイー2
2021年03月05日08:04

第一章 捨てられた犬たち ポチが我が家に来たのは、三年前の夏の頃だ。最初に見かけたのは山の麓で今まさに捨てられようとしている時だった。山道沿いの広場に軽トラックが停まり、二人のデブ女が荷台の檻から芝の仔犬を一匹放そうとした時、僕たちの車が通

続きを読む

ポチとラッキイー1
2021年03月04日07:49

はじめに 1998年から2005年にかけての千葉、鹿野山での暮らしは、結局、犬たちと出逢うためだった、と思う。それまでの15年間、二頭の犬、ジン、ジョーと暮らし、悲惨な死や苦悶の最後を見て、ひどく辛い思いをした。そして(もう犬は飼いたくない

続きを読む

過剰な患者隔離を前提にPCR検査を抑制無症状者の放置が蔓延の原因だ 日本が「隔離」に消極的というと、違和感を抱かれる方も多いだろう。日本では、感染症法に基づき、感染者は強制的に入院隔離されている。第3波では対象は高齢者と基礎疾患を有する人に縮小

続きを読む

紀州の秘境 龍神と教会ー63●那智の海 帰路はバスでJR紀勢線、那智駅に出た。列車到着までの一時間を、駅裏の海岸に行ってみた。ここもまた歴史と伝説の浜である。 熊野街道の一つ、大辺路(おおへじ:田辺から新宮まで海岸線に沿った古道)の一部をなし

続きを読む

東アジアで1人負け、日本のコロナ対策が「非科学的」といわれる根拠上 昌広:医療ガバナンス研究所理事長経済・政治 日本と世界の重要論点20212021.1.7 4:15 新型コロナウイルスの“第3波”が止まらず、政府はついに2度目の緊急事態宣言の発出を決めた。感染

続きを読む

紀州の秘境 龍神と教会ー62●那智大瀧 「お瀧入り口までちょっと距離がございますので、どうぞ」 車のドアを開けた高木夫人の運転で、バス停「お瀧前」まで下った。 大鳥居をくぐると、瀧の参道に入る。ずっしりと時代感を伝える鎌倉積の石段の両側に、

続きを読む

映画「アルマゲドン」
2021年02月12日08:56

映画「アルマゲドン」あらすじ:20世紀末、宇宙空間で人工衛星を修理中のスペースシャトルが爆発する。調査の結果、流星雨の直撃が原因であった。この流星雨は地球の大気圏を突破して、ニューヨークやパリなど世界各地に降り注ぎ、壊滅的打撃を与えた。さら

続きを読む

70代の母親は「陽性と判明したその日くらいから熱が出始めてせきこんだり、味覚嗅覚がなくなってきた。家にいるのはすごく不安です。主人は急激に症状が悪化したのでこわいので入院できたらしたいと思います」と話していました。日々症状が悪化していると保

続きを読む

紀州の秘境 龍神と教会ー61青岸渡寺では高木亮享住職夫人が待っていて下さった。 「住職が後でお目にかかりますそうで」 と、本堂内に導かれ、茶番のもてなしを受けて恐縮した。 待つ間もなく、黒衣に白地の袈裟を掛けた高木住職が、 「ようこそお越し

続きを読む

自宅療養の恐怖ー1
2021年02月11日08:59

「死ぬんじゃないか…」自宅療養者が急増 その過酷な状況とは2021年1月18日 20時08分 東京都内では、新型コロナウイルスの感染が再び拡大した去年11月ごろから感染後に自宅で療養する人が増え続けています。その数は17日時点で9000人を超え過去最多となりまし

続きを読む

紀州の秘境 龍神と教会ー60三、那智●青岸渡寺 新宮教会信者の中に那智山・青岸渡寺住職夫人の友人という方があった。 「シスター、那智へいらっしゃるならご紹介しますが」 又とない機会である。お願いすると、五月二十五日一時半というアポイントメン

続きを読む

紀州の秘境 龍神と教会ー59この三百人のうち終戦時、母国に帰還できたのは二百八十四人。十六人は戦地での罹病などが原因で、この板谷で不帰の人となった。 それから四十二年後、昭和六十二年(一九八七)紀和町教育委員会を中心に墓地を新設した。これま

続きを読む

都医師会副会長、重症者減「回復しただけではなく、40%くらいは亡くなられている」引き続き感染対策呼び掛け2021年2月9日 18時10分スポーツ報知 # 社会定例会見を行う東京都医師会の猪口正孝副会長定例会見を行う東京都医師会の猪口正孝副会長 東京都医師

続きを読む

転載:息切れ、倦怠感......イギリスで1日4000人以上が新たにコロナ後遺症に1/15(金) 16:42配信ニューズウィーク日本版<感染当初の症状の程度とは関係なく、長期の後遺症になる可能性がある>感染拡大が止まらない一方で回復後の患者の後遺症も大きな問題に

続きを読む

紀州の秘境 龍神と教会ー58二、熊野に眠る英兵の墓 花の窟を後に、車はみかん林の中のオレンジ・ロードを通り、熊野市から御浜町を抜け、国道三一一号線づたいに内陸部へと入ってゆく。 紀和町は三重県南西隅の鉱山と林業の町である。私たちの目ざした「

続きを読む

気持ちの落ち込みも深刻、根本には体のバランスの崩れも 気持ちの落ち込みも深刻です。感染前から気持ちの落ち込みがあったのか、症状による落ち込みなのか、症状があることで引き起こされた落ち込みなのか、判別することは難しいですし、分けることに意味は

続きを読む

紀州の秘境 龍神と教会ー57「シスター、外人墓地まで行ってみませんか」浜地氏が親切に申し出られた。 「もしあまり遠くなければ」 「車で行けば大したことはありませんよ」 ということで、獅子岩から浜辺ぞいの道をちょっと走って内陸に向かった所で停

続きを読む

紀州の秘境 龍神と教会ー57「シスター、外人墓地まで行ってみませんか」浜地氏が親切に申し出られた。 「もしあまり遠くなければ」 「車で行けば大したことはありませんよ」 ということで、獅子岩から浜辺ぞいの道をちょっと走って内陸に向かった所で停

続きを読む

がんよりもある意味恐ろしい」800人以上を診てきた医師が語るコロナ“後遺症”著者:ENCOUNT編集部日本で新型コロナウイルスの感染が確認されてから1年。最近では、コロナ治療を終えた後も続く後遺症の存在について語られるようになった。体を起こすことがで

続きを読む

紀州の秘境 龍神と教会ー56●洞穴信仰 次にこの原始宗教の形態に接したのは、三重県、七里御浜の「花の窟(いわや)神社」だった。新宮教会の浜地茂氏が案内役を務めて下さった。 熊野と通称される地域は和歌山県南東部と三重県南部である。熊野灘に面し

続きを読む

転載:林 ユージ2月2日 2:04 · なぜかメディアではあまり取り上げられてないのですが、厚労省の「新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金」が大幅に改善されています。めちゃわかりにくく書かれていますが、シフトが減った場合でも勤務時間が

続きを読む

新型コロナ、10年後は普通の風邪 米大学研究チームが試算1/18(月) 18:00配信 新型コロナウイルス感染症は、通常の風邪を引き起こす既存の4種類のヒトコロナウイルスのように定着するまでに10年程度かかるとの試算を、米エモリー大などの研究チームがまとめ

続きを読む

紀州の秘境 龍神と教会ー55「神を常に身近かに迎えてこれに頼りたいという気持ちが年と共に加わって、遂に常住の御正体まで設けられるに至った。従って神降臨の時に限って、その所在を明示するものを以て御正体と呼ぶなら、それは間違いではあるまい。」 

続きを読む

コロナに倒れた托鉢僧
2021年02月05日09:52

コロナに倒れた托鉢僧 大震災、被災地で祈り―銀座交差点に立ち10年2021年02月01日07時23分 高級デパートが立ち並ぶ東京・銀座の交差点に立ち、托鉢(たくはつ)修行を続けた僧侶が新型コロナウイルスに感染し、1月18日に帰らぬ人となった。かつてミュ

続きを読む