mixiユーザー(id:17610207)

2019年10月27日21:47

138 view

台風クラブ

多くの人は寝る前になにか一冊軽く読んで眠りにつくのではないかと思う。

僕の場合はどこで寝落ちしてもいいエッセイをそういう用途に供することが多い。

代表的なのはこのJJおじさんの本だ。

フォト

あるいはこういうのや

フォト

気分によってこういうのを選ぶときもある。

フォト


で、今はこれを読みながら寝落ちすることが多い。

フォト

天災は忘れた頃にやってくる

という警句で有名な人だ。

実際、こういう随想はあちこちに出てくる。あんまり警鐘的ではないけど。

フォト


今は天災といえば台風だ。 15号と19号と大雨と千葉のことを枕にふって、ご無事を祈る的なことを書いとかないとアンバイがよくない雰囲気があるような気がする。

フォト

かくいう僕自身、19号が上陸した当日に「ナゾ郷土料理」というおバカそのものの日記を雨戸を閉めきった部屋で書いたんだけど。 さすがにこれをそのまんまアップしたらノーテンキ男、お脳がお天気な奴そのまんまだと思われると察して。 冒頭にディスクレーマー的、エクスキューズ的なことを書き足してからアップした。


そういう時節なので、皆さんには7月の公開以来未だロングラン上映が続いている新海誠の新作をご覧になることをお薦めする。

新海誠ものなので、ヲタクでない健全なる一般市民の方々にも安心してお勧めできる。

フォト


僕自身はこれを封切り直後に池袋でオープンしたシネコンでヲタ仲間と一緒に見た。

で、そのときの日記に

えがったあ、新海誠健在だあ ボーイミーツガールで空と雲と雨と陽光だあ と

まさにノーテンキなことを書き連ねた。

フォト フォト


しかし最近、仲間の総帥に薦められた町山智浩の解説を聞いて瞠目した。

そんな単純なものではなかった。

見る人が見れば、新海誠があの作品を通じてなにを訴えたかったかがわかると。


町山の解説はいつもの通り縦横無尽だった。

まず、天気の子はまさにブレードランナーだと意表を突いてくれる。

あの物質的にはなんでもあるけど人の心は荒廃した世界だと。

フォト フォト

僕は天気の子であの男の子がなんで家出したのか理由をはっきり描かないところに若干不満を持ったのだけど。

町山智浩に言わせれば、そんなのはこのジャンクな食事のときの少年のセリフで一発でわかるということだった。そしてたしかにだった。

フォト


そしてキャッチャー・イン・ザ・ライなどを引用しつつ

フォト

町山が解説で声を大にしたこと、それを聞いた僕も一番腑に落ちたこと、新海誠がこの映画で訴えたかったこと。

それを僕なりに表現すると。「いちご白書」の冒頭にあるひと言だったということだ。

三十歳以上の人間は信用するな

フォト


新海誠はスエーデンのこの少女が国連で訴えたことそのまんまを映画にしていたんだよ。

フォト

地球温暖化をほっといているあなた方大人は私たち子供の未来を今の贅沢と引き換えにしている。 いい加減にしてexclamation

国連にいた各国代表のえらいさん方オタオタ。

(なんにも感じなかった人、子供が何言ってんだと思った人らもいたようだけど)


で、天気の子はまさにそういう世界を描いている。

フォト

僕は初見ではそこまで読み取れなかったんだけど、町山解説ではあれは大人が自分らのエゴを子供に押しつけて子供が反発する物語だと、その象徴が天気なのだと。 ストンと胸に落ちた。

言われてみればたしかに、たしかにだった。

フォト


だからどうしろってんだい、地球温暖化はよくない、それは大人のせいだ、はいはい、そうでしょうよ。 

でも現実には俺ら、私たち一般市民には何もできないexclamation

という声があちこちから聞こえてくるような気がするけど。


大丈夫、あります。


一つは当たり前だけど、選挙を棄権しないで投票所に行くこと。

おいらも今日は埼玉の補選の投票に行ってきたぜ。

まあねえ、自民が勝てない勝負はしないと降りて。 野党相乗りの象徴みたいだった前知事とNHKから国民を守る党の人の一騎打ちってんじゃあ、みなぎる脱力感このうえなかった。

だがしかし、地元のことをこうまで言われちゃあ、投票率アップのために出かけざるを得なかったというのが実体なんだけどね。

フォト フォト


そんなことで選挙はまあ、たいていは困ったケースが多いけど。


ボランティア活動がある。

僕はそれはやってないんだけど。


その代わり、うちとこでは寄付はけっこうやってるよ。


ということで、ここから先はコマーシャルです。

というか、これを書くために天気の子やなんかのことを書いたようなものでね。

いや、実は前々回の「今そこにある危機」や前回の「ようこそ、台湾ボーイズ」という日記を書いたときもどうしようかなと迷ったんだけど。

ちょっと直截すぎるので、もうちっと日をおいてから書こうと思ってたことなんだよ。

うちとこのカミさんが以前から協力している一般社団法人「清川しっぽ村」が台風19号のせいで大変なことになっていてね。

厚木の今の施設から移転せざるを得なくなってしまった。

フォト

そのためにはゼニがいる。

極めて気持ちのよい人たち、善意の塊のような人たちの団体であることは、カミさんが直に会ったり、今回の出来事のあとメールや電話でやりとりしているので保証できます。

今の日本や世界はおかしい、なにか役に立つ行動をしたい、蹶起せねば、でも実際にはなにをしていいかわからんexclamation

という方にはこういう団体があるということを改めて報告します。

https://wannyan.jimdo.com/



で、締めの一曲だけど。 これなんかどうだろう。

いや、前回の日記で紹介したうちとこにホームステイした台湾ボーイズが階段の踊り場に飾ってあるカミさんのビートルズのLPジャケットを指して、クールexclamationと絶賛してくれたこともこれありでね。

The Beats - All You Need Is Love


https://www.youtube.com/watch?v=0zRW-A5aDuU
16 16

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月27日 22:28
    まあ・・怒れる若者も、いずれは『大人』になるんですがね・・−w
    町山智浩さんは『天気の子』と『ジョーカー』との共通点を見いだしていましたね
    選挙は行きました
    勝つとわかっていても『ふざけた奴』を抑える為にも、行きました
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月27日 22:45
    こんばんわ。
    先日の雨は大丈夫でしたか?

    台風の後、友達から大雨で崩れたところの映像が届いたり、故郷の町の冠水の話しを聞いたりで胸が痛みました。
    こんなに大雨の秋になるなんて思いませんでしたね。
    結局「天気の子」は観に行けませんでした。
    調べてみたら高崎でももう夜しかやってなくて残念です。

    どうせ寄付するなら具体的にわかるところがいいですね^^
    長野のためにもできることがあるといいな〜と思ってます!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月27日 22:49
    > mixiユーザー 

    はい、ジェームズ・クネンもいちご白書で「三十歳以上の人間は信用するな」といういい方には原則として賛成だが

    と書いたあと

    ただしいわない方がもっといいと思う

    と付け加えていました。

    人は誰でも齢を取るのが真ですからね。 ただ、地球温暖化のことが一番ですが、もっと生活実感的なことでは年金なんかでも、大人、というか年寄りが子供にツケを押しつけているのも真ではあると思います。

    だからどうしろっていうかというとできることは限られているんですが、それでもなにもやらないよりはマシなのではないか

    ということが還暦過ぎたシルバーとして、この日記で言いたかったことです。

    町山智浩はジョーカーのことも言及してましたっけ。 細田守の未来のミライと天気の子を対比させて、後者の方がリアリティがあると論じたのはよく覚えているんですが、そっちは失念してました。あせあせ(飛び散る汗)

    はい、今回の補欠選であっちが選出されていたら、埼玉県民はほんとにその辺の草でも食ってろexclamationと言われても抗弁できなかったと思います。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月27日 23:03
    > mixiユーザー 

    こちら浦和は昨日はピーカン、今日も夜にいっとき大分降りましたが、特にどうということはありませんでした。

    金曜は一日中雨降りでじとじとしていやだなあとは思いましたが、まさか千葉があんなことになっているとは帰宅してニュースを見て、初めて知りました。

    台風は来るぞ、来るぞ、来るぞ、来るぞ、手ごわいぞ♪ということで、少年忍者サスケ的に大分前から予告されてましたが。 今回の大雨はさほどシビアな予告的なものはなかったように思うので。あせあせ(飛び散る汗)

    天気の子はそおかあ、さすがにもう旬ではなくなってるんですね。

    まあ、封切りが7月ですからねえ。 未だに映画館で上映されているだけでも大したものだと思います。

    で、あの映画、今、公開されていたら物議を醸していたかもしれないです。

    なにしろ東京が大雨のために水没の危機に瀕するという話なので。

    ひと昔前なら発禁、公開先送りモノだったと思います。

    そういう優れものですので、DVDをレンタルしてご覧になってみてください。

    寄付はまったくそうです。 信頼できる相手を持てるかどうかがキモだと思います。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月27日 23:42
    千葉は、本当に災難続きで
    森田知事も頭が痛いところでしょう。
    グレタさん、国連で演説したのは
    エライと思いますが、
    彼女も、大人になった時、
    どれだけのことが出来るかが問題ですね。
    森田健作も、若い頃は大いに主張していましたが(^^:
    まぁこれから頑張ってください!

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月28日 00:17
    選挙を棄権しないことはいいのですが、問題は候補者ですよね。それと選挙の仕組み。埼玉県知事の場合、普通の人はN国の人には入れないでしょう。
    わが市の選挙区も、たとえば自民党と共産党と菅直人なんていう場合、誰にも入れたくないが本音です。
    比例区はやめるか、選挙区との重複をやめさせ、落選させた人を復活させるようなことは願い下げしたい。
    もっと真面目な、政策論争をして欲しいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月28日 07:17
    あれ?相米慎二監督の「台風クラブ」の事は?

    若さの瑞々しさ、無軌道なパワー、バービーボーイズの先鋭的なサウンド。台風といえば今でも「台風クラブ」の事を思い出します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月28日 19:35
    > mixiユーザー 

    たはは、森健と並べて論じられてはグレタ嬢もやるせないと思います。あせあせ(飛び散る汗)

    もちろん子供だから出来るということはあります。

    僕ら大人はまず日々の暮らしのことがある。 例えば、彼女が授業をボイコットしたように仕事でそれをやったら、わかった、もう来なくていいからと言われるのが関の山で、たちまち暮らしが立ち行かなくなります。

    ただ、なんというか、子供にああ言われて、きちんと抗弁できる大人がどれほどいるのか。 ということは国連の参加者だけでなく、我々大人一人一人が胸に手を当てて考えてみるべきではないか。

    あの国連のスピーチの報道や「天気の子」の解題を聞いたとき、そういう柄にもないことを考えました。

    そうしたとき、僕が思ったのはボランティアのことだったわけです。

    もちろん、別の途もあると思います。 とにかくなにかこういうことをやってるぜというのを持ってないと、大人としてはさすがにマズいのではないか。

    そういうのは政治家やお金持ちの領分だというだけではちょっと。。

    というのが今回の日記の主旨です。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月28日 19:57
    > mixiユーザー 

    はい、それが投票のとき直面する情けない問題ですね。

    ただ、入れたい人がいないから投票しないでは、事態はますます悪化するのもまたたしかではあります。

    今回の埼玉の参院補選の投票率は史上ワースト4の20.81%だった由。 これがますます皆がそっぽを向いて10%そこそこになって、その間隙を突いて某N国党の人が勝っちまったなんてことになったら、シャレにならんですからねえ。

    もっと酷かったのが先の参院の本選の方です。 泡沫は無視して、一応ちゃんとした看板を掲げているように見える政党だけを対象にするとして。

    消去法で入れたくない党を消していくとぜんぶ消えてしまう。 どうすりゃいいんだexclamationでした。

    で、どうしたかというと、夫婦で話し合いました。 僕らは政治思想みたいなものはかなり違うので、普段はそういう会話はせずにお互いの自由意思で投票所に向かうんですが、今回はにっちもさっちもいかなくなりましてね。あせあせ(飛び散る汗)

    ああだこうだ喋っているうちに、やっぱそうだよなあ、そこの一線が大事だよなということになりました。

    まあ、色んな考えの人が覗くmixiにはそれ以上のことは書けませんが。

    昨今の情勢では、棄権しないでなんとか投票するにはやけに一生懸命考えねばならず、それもやるせない消去法を採用することが多くならざるを得ないですが。

    そういうときなので、一人で悩まず身近な人と話し合うのがよいかなと思っています。 議論することは民主主義の基本ですしね。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月28日 20:09
    > mixiユーザー 

    うひゃひゃ、そうなんです、この日記はタイトルにした映画のことには触れていないのです。手(パー)

    僕はそういうことをときどき日記でやります。

    台風や天気の子、ボランティアなどが日記のテーマなわけですが、それをストレート言葉にした説明調のタイトルでは面白くない。

    で、どうしようかなと考えたとき、思いついたのが相米慎二の「台風クラブ」だったわけでして、日記の中身とはなんの脈絡もありません。

    kazzrockさんは台風クラブですか。 僕は「機動警察パトレイバー the Movie」です。 大型台風の東京上陸をうまくクライマックスに取り込んでましてね。 やけに魅せるんですよ。

    ただ、パトレイバーやバビロンプロジェクトをタイトルにしたら、9割方の人からなんじゃこれ?と思われるのが必至なので、わかりやすい台風クラブにしたのでした。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月30日 00:13
    映画のこと書き忘れました。
    監督か女優か。これは複雑に絡み合っていますね。さらにジャンルで見るというのもあり、これも絡んでいる。
    私は、映画は銭湯のポスターと招待券から始まり、テレビによって急展開。何でもかんでも見ましたね。そのうちマカロニが好きだ、クリント・イーストウッドが好きだ、セルジオ・レオーネが好きだとなり、ある映画で見た女優が好きになり、スクリーンやロードショーを見て、ほかの人も好きななる。そういうのが、日本映画は遅れていましたね。映画産業が衰えてきたとき、外国映画はテレビにすんなり入ってきたけれど、日本映画はテレビを馬鹿にしていたから、民放で日本映画を放送する機会がなかったのが、若い世代(当時の私ら)は、黒澤映画ぐらいしか知らなかった。名画座も、浅草に行けば違ったでしょうが、日本映画を上映しているところが少なかった。そういった意味では、大正から60年代までの、日本映画直営館で日本映画を見ていた人たちを、羨ましく思います。

    今の私、現代ヤクザ映画の大部分、若大将シリーズ、裕次郎作品の一部を除けば、ほとんど食いついています。監督は誰だ、どんな物語だ、誰が主演だ、スタッフはと見ていきます。昭和生まれだから、昭和の作品が好きです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月30日 19:37
    > mixiユーザー 

    「天気の子」は面白いですよ。

    僕は映画の専門家の解題を聞いて、そおかあ、たしかに地球温暖化や大人のエゴなんかがテーマだなあと思い至りましたが。

    映画館で鑑賞したリアルタイムでは新海誠の風景や人物の描き方のクオリティーやボーイミーツガールの物語の繊細な運びに目を奪われていました。

    まだ劇場公開中なので地上波登場は先のことだと思いますが、その折は見逃さないでください。

    そして、僕は昨日もまったく別のタイプの新作を仲間と一緒に勧奨してきました。

    冴カノってご存知ですかね。えがったあ。

    はい、つい先日の台風15号のときはまだ猛暑で、こんなときに停電なんて千葉の人たちは大変だなあと思いましたが。

    1週間後の19号のときはもう秋の気配が濃厚で。

    さらに1週間後の一昨日、うちとこはコタツを出しました。 ネコが一日中その中にこもっています。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月30日 20:05
    > mixiユーザー 

    映画のことという出だしを見て、おおexclamationまあくんのパパさんが「天気の子」のことに言及してくれたか、と早とちりしてしまいました。手(パー)

    というのも普段の僕はアニメでも実写でもえがったあとかそういう感想だけを乱発して、ネタバレはさせないようにするのが常なんですが。

    今回はパパさんの日記のスタイルにやや近かったので。 それは映画評論家の解題をメインにもってくるという手法です。 実際、町山智浩の語り口は胸にすとんと落ちる見事なものでした。 まあ、公開後大分日がたっているので、天気の子を見たことのある人向けのものでしたが。

    それはそれとして、オヨヨ大統領の人の「女優で観るか、監督を追うか」は面白いですよ。 もういい歳のおじいさんの著作なので、体系だった分析などでなく思い出話的なものが中心ですが、まず出てくるのが大瀧詠一との出来事だったりして、並みの映画評論家のものとは違います。

    はい、中学、高校のテレビの洋画劇場中心の時代のパパさんと僕はほぼ同じ嗜好の映画小僧だったと思います。

    それがどうして違う道を歩むようになったのか。

    例えば、「日本映画はテレビを馬鹿にしていたから、民放で日本映画を放送する機会がなかった」というのも僕は違う感想を持ちます。

    ハリウッドは当時はおろか今でもテレビを目下に見ている感じがします。映画スターにはテレビの人らとは違うステイタスがある。

    一方の日本映画はバカにするどころかテレビに取り込まれてしまった感じがします。 俳優はもちろんのこと、監督もテレビドラマと二股をかけるのが常態化してしまった。 お茶の間のドラマでいつでも見れる人らを銀幕のスターとは言わないですからねえ。

    それはたぶん60年代から始まって70年代にはすっかり定着していたのではないか。 そういう自分のところのドラマにしょっちゅう出てる役者の映画を放映しようというインセンティブはテレビサイドには働かなかったのではないか。

    なんて、思いました。 まあ、パパさんのコメントを拝見して感じた思いつきなので、見当違いでしたらすみません。あせあせ(飛び散る汗)

    昭和生まれだから、昭和の作品が好き。。

    僕も昭和生まれですが、昨日も仲間と令和の新作を鑑賞してきました。

    お互いの道を行きましょう。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月31日 03:54
    海を漂う微細プラスチックの総トン数が、海に棲む全魚類のそれを上回った、というニュースを聞きました。
    そこまでなってもまだ何も手を打たず、店頭に並ぶペットボトル入り飲料の山を見ていると、正直腹が立ってきます。
    リサイクルと言っても全量できるはずもなく、これらはまた海洋に流出して魚の体内に取り込まれるのでしょう。
    いつか必ず回ってくるツケを無視して利潤を追求する企業。
    そしてそれらを分かっていても買ってしまう自分。
    せめてペットボトルは止めてガラス製のリターナル瓶に戻さないか?と言いたくなる。
    買い物が重い?返却が面倒?運搬の排気ガス?
    未来に笑われないか?

    もっと大きな問題を見落としているかもしれませんが、本当に誰も何もできないのでしょうか?
    漁師に聞くと、網に掛かるのは90%がゴミだそうです。
    で、それを持ち帰るのも面倒だし、結局また海に投げ込んで帰ってくるそうです。
    まあ持ち帰っても彼らに分別や廃棄を強制するのも可哀想でしょう。

    確かにいずれブレードランナーのような世界がやって来るのでしょう。
    火星に移住しようとも、考えを変えない限り結果は同じです。
    人類は本当に地球生物の頂点にいるのか?
    まあ大魔王であることは間違いないでしょうが。

    ところで昔森田健作は、「ガンで亡くなった兄のために病院を作る」と公の場で言ってた気がしますが、その後完成したという話を聞きません。
    知事になって夢は捨てたのでしょうかね?
    是非尋ねてみたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月31日 22:37
    > mixiユーザー 

    やあ、忘れた頃にやってくる者よ手(パー)

    今回は貴兄が浜村淳のことをコメントしてくれるとこちらが張り合って出す町山智浩の解説をメインにして日記を書きました。

    ただ、大きく違うのは浜村淳はその映画を見たことがない人にそれを見たくさせる話術を駆使する。 一方、町山智浩もそのテクがあると思いますが、今回はその作品を見たことがある人にそのディープな意図を知らしめる解説でした。

    町山に冒頭言われてたしかにと思ったのがブレードランナーだったんですよ。

    あっちはあくまでワカモトのゲイシャCMが瞬く近未来都市、新海誠の天気の子は今の新宿のマクドナルド。。同じなのは雨降りなことだけ。

    でも町山に言わせると、両者ともに描く世界はまさにジャンクで等質なんですよ。 こいつぁやられたぜexclamationでした。 僕はいっぱしのブレードランナー者だと思っていたんですが、天気の子を見ていたリアルタイムでは発想の外にありました。

    で、うーん、たしかに。。

    プラスチック問題はありますね。 というか、酷いことになっているのは僕も耳にしているのに意識していませんでした。

    一応、スーパーではエコバッグを使ってます。 家庭で出るゴミは資源ゴミの日に出しています。

    でもコンビニではビニール袋に入れてもらって、分別されてるのかどうかよくわからないゴミ箱に捨てているなあ。

    まったくおっしゃる通りだと思います。

    なにか英雄的なことでなく、一人一人が出来ることをやる。 ペットボトルを使ったら資源ゴミの日にまとめて出すか、分別が明確なゴミ箱に捨てる。

    今までの海や山に捨てられたストックを除去するには英雄的ななにかがいると思います。 それは市井の民には難しいかもしれないけど、だったらせめてそういうことをやろうとしている人たちを支援するということかと。

    森健のことは実は僕はよく知らないんです。 中坊の頃、日曜夜8時に俺は男だ!が放送されて、クラスメイトの話題になったんですが。 僕はぜんぜんノレなくて。 というか、そもそも暑苦しそうだなあ、なんでこんなのが流行るんだということで、まったく見る気にもなれなくて。 その話題には入っていかなかったんです。あせあせ(飛び散る汗)

    あれから半世紀たつんだなあ。^^;

    だからどうだというと、
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年10月31日 22:41
    > mixiユーザー 

    やべっあせあせ(飛び散る汗) 焼酎ロックのグラスを片手に書いたのでレスが途切れました。

    まあ、そういうことです。^^

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する