ホーム > mixiユーザー(id:17610207) > mixiユーザーの日記一覧 > 乗り鉄ではないけれど

mixiユーザー(id:17610207)

2019年08月24日11:02

187 view

乗り鉄ではないけれど

黄金の夏休みはあっという間に終わり

フォト フォト

今週からまた労働の日々が再開した。 

朝はローソンの冷コーで人心地つけて

フォト

昼は新聞を並べて眺めながらローソンのおにぎりをパクつく日々。

フォト フォト


そして通勤電車の日々だ。


僕は毎朝、浦和駅から電車に乗る。

フォト

乗るのは高崎/宇都宮線だ。

フォト


この線は上野駅止まりがずっと続いていたんだけど、ちょっと前に東海道線と相互乗り入れした。 人呼んで上野東京ライン。

なので東京駅まで直通で行けるようになった。 上野ー東京はちょいの間の区間とはいえ、僕みたいな都心に通う者にとってこの差はでかい。 おかげさまで通勤が大分楽になった。

もっとも、こういう風に感じているのは我々埼玉県民サイドだけであろう。

東京駅の向こう側の神奈川県民にとっては上野や赤羽に用はない。

フォト フォト

いわんやその先のサイタマやグンマをや

フォト フォト

そのわりに線路が延びた分、雨風雪やら人身事故やらのために電車が遅延することが多くなって迷惑この上ないと思っているに違いない。

違いないというか、僕は実際、藤沢や茅ケ崎に住んでいる知人から面と向かってそう言われたことがある。 カミさんは平塚の友達から言われたそうだ。

もうねえ、埼玉県民はその辺の草でも食ってろexclamationの雰囲気がビンビン。やれやれ

フォト フォト


これでも俺らは埼玉県民どころか東京都民さえも風下に見る気合いの入った神奈川県民だったこともあるんだけどね。 神奈川を制する者は全国を制すexclamation

フォト

でも今はまったく土地勘がなくなっている。 上野東京ラインの車中でよく見かけるこのハイセンスだけど意味不明なモノトーンはマンションの広告なのだろうと思っていた。

フォト

で、さっきチェックしたら、藤沢のショッピングモールなんだってね。

フォト


でもまあ、何言われようと、西の施設の広告がチンプンカンプンだろうと、便利になるのはありがたいことだ。

それに湘南(ってどこの街や?)と越谷にキャンパスを擁するこの大学なんかは上野東京ラインに広告を出す最適な存在、両県の架け橋的な存在と言えよう。 よく知らない学校だけど。

フォト


ということで、僕は上野東京ラインで東京駅に着くと、エスカレーターで通路に降りて

フォト

この老舗の果物屋さんが出してるお菓子屋さんの前を通って

フォト

エスカレーターで別のホームに上がる。 そうすると、京浜東北線が来る。

フォト

エスカレーターで上がった場所は3号車の到着場所で、それは女性専用車両なんだけど

フォト フォト

僕は斟酌しないで乗り込む。

東京から西は女性専用が解除されるので問題ないんだよ。

車両にいる女性陣は野郎が乗り込んできて迷惑だと内心思っているだろうけど。

神奈川県民に迷惑だと思われてもどこ吹く風と一緒なのだ。これでいいのだ。

フォト フォト


それどころか、男の身としては同じ料金払ってるのに女子が優遇されるのはおかしいのではないかと思わないでもない。

でもまあ、そうはいっても痴漢が撲滅できないのはわかるし

フォト

それに東京では女性専用車両は端っこの先頭車両が指定されているし、東京駅までと区間も限定されているし、時間帯も平日の通勤ラッシュ時に限定されているので許容できる。

しかし、1年前まで単身赴任していた大阪では魂消た。

地下鉄御堂筋線がさ。 ど真ん中の車両が女性専用で、しかも切れ目なしの四六時中なんだよ。

フォト フォト

大阪ってとこはそんなに痴漢が大量発生するんかいexclamationだったよ。

フォト


とにかくそんなことで、日々つり革にぶら下がる生活に戻った。


15の春に高校生になって、通学用の定期券を手にしてから46年。

仙台、京都、大阪で市内に住んで徒歩通勤していた時期を除くと、朝晩電車に揺られる生活を続けてきた。

どんな路線に揺られたかというと。。

常磐線、阪急線ー御堂筋線、半蔵門線、東横線、東横線ー半蔵門線、高崎線/宇都宮線ー銀座線ー東西線、京浜東北線ー東海道線ー京浜東北線の時代を経て、今の高崎線/宇都宮線ー京浜東北線/山手線に至っている。

けっこう、筋金が入ってるでしょう、えっへん

大半の朝は日経新聞を読んで、帰りは漫画雑誌か文庫本を読みながら過ごしてきたけど、今はスマホオンリーになっている。

フォト


一方、通勤でない電車の思い出も人並みにある。

人並みどころか、僕はずっとペーパードライバーをやっていて、大分前にその免許さえ失効させた者なので。 並みの人よりも電車の思い出は大分多いんじゃないかと思う。

実際、先週のお盆とか年末年始の大渋滞の様子を見ていると、皆なんでクルマで移動したがるのかなあと素朴に思う。

あんたら、シンゴジラが来たら、とんでもないことになるでえ。

フォト

その点、電車は速いし寝たっていいし、角ハイボールだって呑める。 こっちの方がずんといいと思うんだけど、ドライヴァーの気持ちはわからんよ。

フォト


そういう中で印象深い電車をつらつらあげてみると。

まず大学卒業の年に仙台から上京するときに乗った東北本線の夜行がある。

会社訪問をするためだ。

ゼミが一緒でしょっちゅうつるんでいた相棒と二人でボックス席に足を投げ出して眠りこけて、早朝の上野駅に着いた。

東北新幹線なんてものは影も形もなくて、上野駅が北の玄関口になっていた時代だ。

上野発の夜行列車降りたときから〜 青森駅は雪の中〜♪ 

なにしろいくつも会社を回るんでね。 早朝着が都合がよかったわけだ。

で、相棒の親せきの家が浅草だったかその辺にあったので、お邪魔して朝飯をたらふくご馳走になって。 また二人して上野駅に出て、そこで別々のルートに散った。

もはや断片的な記憶しか残ってないけど、夜行の座席がやけに固かったことや、親せきの家で供された食事が庶民的な料理でボリューム満点だったことなどをそこはかとなく覚えている。

フォト フォト


でまあ、そうやって回った会社の一つにもぐりこんで大分たって、そこの仙台支社の営業課長をやったときに東北新幹線にお世話になった。

なにしろ東北6県ぜんぶをテリトリーにしていたんでね。 新幹線に乗りまくって、飛び回った。

当時はまだこういうはやぶさなんていう超高速はなくて、やまびこが中心。

フォト

やまびこはまだ八戸止まりで、そこから先は特急に乗り換えた。

仙台支社時代の後半には秋田新幹線も開通してこまちにもしょっちゅう乗った。

なんて楽チンなんだろうと思ったよ。

それまでは秋田はやけに遠いエリアだったからね。

フォト

山形は仙台からは仙山線やバスですぐそこだったので、つばさに乗る機会はなかった。

フォト


そういう旅から旅の営業鴉の車中で読んだ旅の随想は沁みた。

シバリョウの「街道を行く」はその土地土地を訪れているときに文庫本を開くと、味わいがずんと濃くなるよ。

フォト


ちなみに新幹線ということでは、後年、京都と大阪に単身赴任したので、東海道ののぞみにお世話になった。

フォト


仙台時代はそういう超特急の対極にあるような電車にも乗った。

商用で青森から下北に出向いたときに乗ったこれなんかすごかったよ。

フォト

二輌だけの渋い車輛もさることながら。 お客がジジババばっかりなんだよ。

ネクタイをぶらさげていたのは僕と連れの若いのだけ。

周りの皆さんは恐山にお参りする人たちだった。

フォト


もちろん僕自身もプライベートな旅でもいろんな列車に乗った。

一つだけあげると汽車ポッポに乗った。息子らが小さかった頃に乗った秩父鉄道のこれ。

フォト

息子ら大興奮。 男の子というのは汽車や電車が大好きだからね。

フォト フォト


普通はそういう子供時代を過ぎると電車愛を卒業するわけだけど、そうでない人々も存在する。 ヲタクと呼ばれる種族だ。

僕が大人になっても漫画やアニメを卒業しないままなのと同じ。

鉄道ヲタクの場合は鉄っちゃんと総称されている。

僕はこの種族の会合を2014年8月17日に目の当たりにした。

なんでそんなに正確に日付がわかるかというと、例によって日記に書いたからなんだけど。 その日、僕は相棒のろまさんと中野で昼呑みした。 そのこと自体は今とまったく変わり映えしないのでそれはおいといて。 そのとき僕らは中野サンプラザに赴いた。

そこで鉄道グッズのオークションが開催されてたので野次馬的に覗いてみたんだけど。

いやあ、すごかった。 以下は当時の日記の抜粋。

会場にいたのはおっさんたちオンリーだった。女性の姿皆無。この辺りは、こないだ「ガールズ&パンツァー」を上映する館内に群れていたミリヲタと共通するところがある。

で、圧巻は「特急ちちぶ」だった。この写真、電車の鼻先にかかげられた看板みたいの。

フォト

これが対象になったんだけどね。何人かが手をあげる中で、5万円を超えた辺りから二人のおっさんのサシの勝負になった。 で、6万円、6万5千円、7万円と値がつりあがっていく中、二人とも一歩も引かず。

で、とうとう10万円の大台に乗ったところで決着がついた。

ぼろっちい看板みたいなのに10万円・・・ てっちゃん、おそるべしだったよ。


鉄っちゃんにはこういう風なコレクターの他に行動派もいる。

これらは主に「乗り鉄」と「撮り鉄」の二派に大別されるようだ。

乗り鉄は実際に電車に乗ること自体を楽しむ人ら。

この漫画のモデルは乗り鉄界の生けるレジェンドと言われている。

なにしろ、JR・私鉄全9843駅(当時)を制覇したというんだ。

制覇という意味はね、単に通過しただけでなく全駅に降り立ったということなんだよ。

降りたおしの男。究極の青春18切符者。

フォト フォト


一方、撮り鉄というのは、その名の通りカメラで電車を撮る人ら。

フォト

ただ、走行妨害になるような社会に迷惑な人もかなりいるようなので、乗り鉄は撮り鉄と一緒にされるのをいやがる傾向もあるようだ。

フォト


僕はこの5月にカミさんとあしかが大藤まつり1号に乗ったときにこの撮り鉄の人らを目撃した。

フォト

こういうなんの変哲もない昔風の電車なんだけど。

フォト

撮り鉄にとってはレアな素材らしくてね。 駅に停まるたびに望遠レンズのついた立派なカメラを構えた人らがパシャパシャやってた。

そんなに大勢ではなかったし、節度も保っていたので、特に迷惑はなかったけどね。

撮り鉄と乗り鉄をミックスしたような人もいて、ちょっとどうかなとは思った。

如何にもな雰囲気の若い男。 その人は僕らの横の席にいた。 ボッチなんだけど満席のうちの二席をがめて、自分の隣の席にカメラを置いていた。 それはまあ、席料を払えば個人の自由ではあるんだけど。

で、駅に停まるたびに外に出て列車を撮る。それももちろんいいんだけど。

車内でカメラを客席の正面に向けてシャッターを押していたのはいただけなかった。

まあ、そんなに頻繁ではなかったので、撮影された僕らは知らんぷりしてたけど。

こういう人物が客席にまぎれこんでいたらタダではすまなかったと思う。

フォト


このデューク東郷は半世紀に渡って世界を股にかけ続けている怪物的な人物である。

一方、僕はマルドメなんだけど、それでも海外の電車にも多少の思い出は持っている。

例えば、さっき出した営業課長時代にえらいさんのかばん持ちでハバに出張した。

ロシアのハバロフスクね。

フォト

で、寝台列車でウラジオストックに向かった。よく覚えてないけど、たしかこういうの。

フォト

ときは真夏。ロシアだって暑い。ところが列車のクーラーがまったく効かなくてねえ。

えらいさんと二人して寝台でシャツだけになって、ウォッカを呷ってなんとか凌いで、目的地に着いたときはクタクタじゃがーになっってたよ。

フォト


タイのバンコクに出張したときは帰りに空港に出るのに高架鉄道を使った。

電車そのものは速くて清潔で、お客さんのマナーもよくて(例えば日本と違って飲食禁止)、それはよかったんだけど。

高架の駅に上がるには階段しかない。 でっかいトランクを抱えてエッチラオッチラしたときはしんどかった。

フォト


カミさんと彼女のおふくろさんと三人で台湾旅行に行ったときは、台北から台中まで新幹線に乗った。 なんでも日本の新幹線をモデルにしたそうで、たしかに乗り心地は似ていたと思う。

フォト フォト

このとき僕が魂消たのはカミさんのITスキルと英語力だった。

国内からネットで三人分の指定席を予約して。 台北駅で係の人と英語であれこれやりとりしてバウチャーチケットを正規の切符に交換した。

僕にはあんなの到底無理。ほとんどツアコンのレベルだった。

フォト


そんなんで僕は同じ台湾に行くでも、こないだのオヤジツアーみたいに台北市内だけをうろついて小籠包を食ってるのが分に合っている。

フォト フォト

一方、国内ではこれからもいろんな電車に乗ることになるだろう。

とりあえず明後日からまた通勤電車に揺られる日々が来る。

旅行も行きたい。

上野東京ラインを使えば熱海まで直通。 東京駅でホームの向かいの踊り子号に乗り換えて、一段と旅情を楽しむ手もある。

フォト


線路は続くよ〜 どこまでも〜 ♪


ということで締めの一曲。

Well the pistons keep on turning And the wheels go round and round

I gotta keep on moving, gotta keep on moving

ピストンがズンドコやって 車輪は回りに回る

俺は進む 進み続けるぜ


The Doobie Brothers - Long Train Running (official video)


https://www.youtube.com/watch?v=m4tJSn0QtME

11 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月24日 13:31
    >ドトールのおにぎりをパクつく日々。

    新宿に用事があるときは京王線からでてJRへ行く方の「おだむすび」という店のおにぎりと少しおかずと味噌汁つけてよく食べます。結構米もうまい。再起地上のアトレの中にもテイクアウトのうまいおむすび矢を見つけました。
    でもうまいところは高いです。

    >東京駅の向こう側の神奈川県民にとっては上野や赤羽に用はない。

    上野―東京は結構乗り換えると時間かかります。仙台に出張してから大阪へそのまま出張したときはこれは便利でした。

    赤羽は杉並区民にはやはり無縁です。2年ほど前プライベートのカラオケオフで初めて行きました。新宿から殊の外近いのですね。

    > 15の春に高校生になって、通学用の定期券を手にしてから46年。

    僕は中1の春からですが、入社して最初6年余りは車、その後も通勤車を使うことが多く厳密にはラッシュ経験のほとんどないヘタレサラリーマン。銀座に通ってた時も往路は全部座ってたので、帰宅時の方がつらかった。

    >地下鉄御堂筋線がさ。 ど真ん中の車両が女性専用で、しかも切れ目なしの四六時中なんだよ。
    京王線はラッシュの時だけ、地元井の頭線はラッシュの先頭と最後尾はめちゃ込みですが、のんびり電車で設定なし。
    最近夕方新宿から乗車の時に危うくその時間帯に突入しそうでした。
    知らぬ爺は間違って乗りそうですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月24日 17:10
    うちの子供は、京王線のラッピング電車が好きで、時々緑の電車見るとか乗るとか言います。今は通勤がなく、普段の映画はラッシュを避けるようにしていますが、時には仕方なく満員電車に揺られます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月24日 18:24
    > mixiユーザー 

    すいません、ドトールでなくてローソンでした。あせあせ(飛び散る汗)

    職場の入っているビルの地下にドトールとローソンが両方入っていて、タバコをやっていた頃はドトールで一服してから出勤してたんですが。。

    今は喫煙コーナーは無用ノ介になったので、ローソンですませているんです。

    なので、おにぎりだけでなくてアイスコーヒーもローソンなので、本文を訂正させていただきました。 ご指摘、ありがとうございます。

    赤羽はねえ、モヤさまなどで紹介されて今や若者のトレンディースポットになっているんですが、そうはいっても杉並の人には縁のない街だと思います。

    なにせ、東京の北壁の街ですから。

    その北壁からさらに荒川という大きな川を超えると、キューポラのある川口があり、その先にわが町浦和があります。

    銀座はねえ、今の職場から歩いてすぐのところにありますが、ほとんど行かないです。 あの街によく赴いたのは本文で紹介した仙台の営業課長時代のその前、渋谷で営業マンをしていた時代です。

    ときはバブル期、でも渋谷には接待に適したクラブはセンター街のどんつきの先にあった一軒しかなかった。 なので、銀座にお客を連れてくことが多かったんですが。。 まったく楽しくなかった。

    女性専用車両は線によってあるなしがあるようですね。

    僕は東京駅で京浜東北線に乗り換えますが、それはそこまでが女性専用車両なので空いているからでして、同じような男が多いです。 一方、同じホームの反対側の山手線は女性専用車両を設けていない。 なにか理由があるのでしょう。

    はい、僕は浦和駅でホームの先の方の先頭車両に乗ることが多いんですが、京浜東北線が女性専用車両を設けた当初、それと知らずに乗り込んでしまいえらく慌てたことがありました。

    電車をテーマにすると、そういう通勤電車のことや鉄っちゃんのことなど身近にネタが多い

    今回日記のテーマにしてみて実感しました。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月24日 18:35
    > mixiユーザー 

    ラッピング電車。。いわゆるイタ電車ですね。

    京浜東北線にはないですが、山手線でちょくちょく見ます。 

    アニメやゲーム、アイドルのライブなんかのイタ電車を見るとねえ、思わずスマホを向けてしまいます。

    あれは乗ってもどうということはないので、本文に即すると乗り鉄よりは圧倒的に撮り鉄向きだと思います。

    そういえば、まあくんもまあちゃん時代は電車愛があったように見受けましたが、今は無事に卒業されましたでしょうか。 漫画・アニメから卒業せずに未だにヲタクを続けているワタシだから聞けるんですが。^^

    パパさんの去年までの超早朝の電車出勤の日々はなんともはやでした。

    あれを卒業されたのは実に目出度いです。 僕はまあ、のんびりやれる環境に恵まれているので、労働の日々なんて言えてるわけでして。

    今のゴールデンハーヴェストの日々を満喫してください。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月24日 21:42
    子供の頃(小学校入学前)、汽車に
    乗った記憶があります。
    田舎で、おそらく父の郷里の茨城で。

    撮り鉄というか、
    SLを撮影するファンは、私が中学3年の時、
    もう同級生にいましたよ。
    1970年頃には、SKが、かなり廃止になったようです。
    その同級生も、元々写真が趣味なんですが、
    SLをどこか遠くまで撮影しに行くというので、
    私も誘われましたが、興味がないので断りました。あせあせ
    ずいぶん渋い趣味だと思いましたよ。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月24日 22:03
    > mixiユーザー 

    おお、蟹座さんも茨城が郷でしかたあ。

    なんか生まれも育ちも世田谷で、学生時代と社会人駆け出しのときだけ埼玉と福島にいたような感じだったんですが。 

    我らがいばらきー♪でしたか。

    すいません、カツオのたたきの友にパックの麦焼酎呑んで、やや酩酊してるのでご容赦ください。

    そう、SLです。 僕らが中高生の頃はあの世界はSLと呼ばれていたと思います。 それはなんか、古き良き時代を探る趣きがあった。

    でもその後、「電車」がフェチ愛の対象になるに至って、ヲタクと認定されて、鉄っちゃんやら乗り鉄やら撮り鉄と呼ばれるようになったと認識しています。

    とどめを刺したのは「電車男」という流行り言葉だったかと。

    今やその旧友の人は我が世の春を謳歌していると思われます。

    真面目な乗り鉄の人らに怒られるかもしれないですが。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月27日 14:43
    どーも、元湘南者、今はもっと遠い伊豆者が遅れてやって来ました。

    高校の通学以外定期を使ったことがないなあと思っていたら思い出しました。
    23才の時に神田のシルクスクリーンの製版工として働いたのですが、住まいは目黒、品川周りで行くはずが毎日の単調な生活に疲れてたまに新宿に出て中央線で神田に出ました。
    帰りは逆に上野、池袋経由で時間をかけたこともありました。
    電車と言うとほろ苦い思い出です。

    車を手に入れてからは電車はほとんど乗らなくなりました。
    2台目は北陸だ、和歌山だ、何の用事もないただのガソリン撒きと揶揄されて三年間で約10万キロ走り、3台目は九州方面を攻めました。
    車は自宅から直ぐ目的地までのルート、スケジュールが決められるのが一番いいですね〜。

    車を手放して電車に乗るようになって、電車の便利さを知るようになりました。
    電車はいいですね〜。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月28日 18:37
    > mixiユーザー 

    こちらこそレスが遅れてしまいました。あせあせ(飛び散る汗)

    いやあ、今回の日記のコメント欄はご覧の通りでして。

    閑古鳥が鳴いてましてねえ。 カンコーカンコーカンコーガクセイフク♪

    長すぎたのか。 しかし前回の映画日記もやけに長かったわりに多数のコメントをいただけた。 今回は一人よがりのところがあったのであろうと反省していたところだったので。

    干天の慈雨のようなコメントであります。

    うーむ、中央線と山手線逆回りですか。 23歳かあ。

    僕はもうちっとたってから多少似たようなことがありました。 

    27歳くらいのときでして、当時は新丸子から渋谷に通勤していたんですが。 仕事関係で煮詰まっちゃいましてね。 途中の自由が丘で下車して、駅前の深夜喫茶で漫画を読んでるうちに終電がなくなって、そのまま朝まで過ごして。 そのまま渋谷に出勤したことがありました。

    深夜喫茶はマイアミっぽいフランセーズという店でして、今どきはもうない昔ながらのまさに深夜喫茶でした。 そこでかわぐちかいじがメジャーになる前の麻雀劇画などを読んだなあ。

    まあ、そちらも青春、こちらも青春、若かりし頃の思い出です。

    クルマはとにかく運転すること自体が楽しいようですね。

    旅行や帰省でクルマを使う友人たちがそろって口にするのは新幹線より安いという理由ですが、それは方便なのがありあり。 純粋に自分が運転したいから、そしておっしゃる自由があるからだと思います。

    僕は電車に乗って居眠りしたりビールを呑んだりする自由の方がいいと思いますが、まあ、好きずきのことですね。^^

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する