ホーム > mixiユーザー(id:17610207) > mixiユーザーの日記一覧 > ジョー・クール

mixiユーザー(id:17610207)

2019年08月14日13:37

165 view

ジョー・クール

夏休みが続いている。

イメージ的には(あくまでイメージ)ネコとこんな風に暮らす休暇だ。

フォト


で、昨日は同じく夏休み中のろまさんとまたしても昼呑みした。

ただし、こっちはネコ当番なので

フォト フォト

またしても、浦和に出張ってもらった。

ただし、今回はお互い家のこと(僕の場合はネコのこと)があるので、駅前のここ一軒だけにして軽くやることにした。

フォト

さらにお互い呑み過ぎ注意警報が発令されかかっていたので、村上春樹式でいくことにした。

彼の短篇にワインに関する台詞が出てくるんだよ。 ムラカミワールド的なひねくれた主人公が妹の婚約者と食事することになり、相手は俗物の典型で辟易するんだけど表面上つきあわんとならんという展開があり。 そいつが酒が飲めないので練習exclamationしているところだというので、にこやかにこんなことを言うシーンだ。

「まずは白ワインで始めるといいな。大きなグラスに白ワインと氷を入れて、それをペリエで割ってレモンをしぼって飲むんだ。僕はジュースがわりに飲んでるけどさ」

フォト


ペリエってフランスの泡の出る水だよね。

フォト


似たような炭酸水をサイゼでも出している。

で、ろまさんは元から村上春樹式ワインを愛飲してたんだけど、律儀にドリンクフリー料金を払っていた。

それがふと思って、立川店で炭酸水の料金をウェイトレスさんに尋ねたら。

タダですよーだと。

で、昨日の僕らは炭酸水を自販機でガンガンお代わりして、ペリエかわりに白ワインを割って飲んだわけだ。

フォト フォト


で、どんなことをダベッたかというと、例えばアキバのサイゼの酷さについて。

いや、こないだ総帥、巨乳派と三人でTOHOシネマズ上野でこのアウェイ作品を鑑賞したあと

フォト

いつものようにサイゼで反省会をしようとしたら、映画館から歩いてすぐの上野店のシャッターが閉まってる。 そして、入り口に臨時休業の貼り紙が。。

申し訳ありません、クーラーが故障しました、だと。 ガビーンexclamation

で、隣町の秋葉原に出たんだよ。

幸い、駅からすぐのところにサイゼはあったんだけど。

これが空前絶後に酷かった。 

まず、浦和店だったら、こんな具合に完備されている調味品類が

フォト

品切れかカスカスのばかりだった。

で、しょうがないので、ウェイトレスさんにワインと一緒に粉チーズもくれと注文したのに。 ぜんぜん持ってこない。

しかも、白ワインを注文したのにウェイターが持ってきたのは赤だった。

出直させてやっと届いた白で乾杯したのはいいけれど。

総帥がグラスに氷を入れ始めた。 「ぬるい」

冷えてない白ワイン。。

なんじゃ、こりゃあexclamation だったよ。


それに引きかえ、浦和店は清潔だし、サーブもきちんとしていた。

そして、白ワインの炭酸割りでうだうだと2時間以上過ごして。。

アンチョビピザなどをつまんだというのに。

フォト

お代はお一人様13百円ほどだった。

某アキバ店のことはなんだかんだいったけど、ぜんぶほんとのことなのでしょうがない。

そういう例外はあるにしても、やはりサイゼリヤは安くて美味いよ。


で、僕はそのサイゼにこういうTシャツを着ていった。

フォト

世の中にはTシャツが似合う男と似合わない男の二種類がいて、僕は後者なんだけど。

昨日もあぢふらいだったからねえ。

Tシャツ以外の服は考えつかなかった。

しかも、僕はチャーリー・ブラウンが大好きなんでね。

勉強も運動もダメ、女の子にも持てない。男の哀愁をかみしめながら、一人ベンチでピーナッツバターサンドを食べる。。 たまらん

フォト


そんなことで、夏休み最初の土曜の8月10日にろまさんと昼呑みしたときもこいつを着ていった。

フォト

そしたら、ろまさんにいい柄じゃないかと褒められた。

で、僕がいやあ、こいつはジョー・クールといって、”第一次大戦の撃墜王”なんかと一緒でスヌーピーが一人芝居をやるときのキャラで。。と説明したら。

ジョー・クールは知らんけど、今日はそのスヌーピーの誕生日だそうだ、そういう日にそのTシャツはピッタリだ、だと。

へえ、スヌーピーの誕生日かあ、ぜんぜん知らんかった。

フォト


そういうろまさんはいつもの通りの黒シャツだった。

世の中にはTシャツが似合う男と似合わない男がいるわけだけど、彼は前者に属する。

で、いつもこのサッポロビールっぽいTシャツを着てるんだよ。

で、キンキンに冷えたオリオンビールで乾杯して、泡盛をガンガン呑んだわけだ。

フォト フォト 

国際通りに本店があって、関東は銀座と浦和にだけ店を出している沖縄料理屋さんでね。

フォト フォト  

白百合とかナヴィとかニコニコ太郎とかまさひろとか。。

日ごろは見かけない泡盛を中心に攻めた。

肴は海ぶどうとかソーメンの焼いたのとか。 美味かった。

フォト フォト


やっぱね、夏はTシャツに限るよ。


自分の記憶に照らすと、このTシャツなるものが日本で流行りだしたのは1970年代になってからではないかと思う。

というのも、僕が小学生だった1960年代はランニングシャツ一枚でその辺を駆け回っていて、半袖シャツを着ていた記憶がないので。 それは東京都八王子でも茨城県東海村でも同様だった。

それが中学に上がった頃から着るようになった気がする。 少なくとも高校生になった頃にはごく当たり前の存在になっていた。


ただ、なにしろ僕は若いころからTシャツは似合わない男だったので、外着にはあまりしなかった。

当時はタバコとライターが必需品だったので、胸ポケットがないと不便だったという実際的な理由もある。

今年の夏休みはタバコと縁が切れてるので、Tシャツを外着にするのに抵抗感が薄れているのかもしれない。


でもこういうわたせせいぞう的な男のように

フォト

ヘインズの白を着ることはしない。

それはあのブランドはお高いという実際的な理由のほかに

僕のようなおっさんが着て街に出ると、いやだ、あの人下着でうろうろしてるわというあらぬ誤解を受けかねないからだ。

そりゃ、この人みたいなイケメンだったら、あら、あの白Tヘインズね、とわかってもらえるんだけど、そういう男は中高年にはそんなに多くないと思う。

フォト


なので、僕はTシャツはプリント地に限る派なんだけど。

こないだそういうTシャツの魅力的な展示会をやっていた。

あれは上野ーアキバの前の週、これまた総帥、巨乳派と三人で黒テヅカ展を見た日、反省会の店に行く途中の新宿駅構内で、総帥がこういうイベントに案内してくれたんだよ。

フォト フォト

それはアニメをプリントしたTシャツたちだった。

フォト 

それもこういうそそられるけどほんとに着るのはちょっとというありがちなイタシャツではなく。

フォト フォト

こういうのだった。

フォト

このワンポイントを見て「涼宮ハルヒの憂鬱」を連想する人はそうはいまい。

僕らはすぐにわかったけど。

フォト

あるいはこういうの。

フォト

このワンポイントを見て「日常」を連想する人もそうはいまい。

僕らはすぐわかったけど。

フォト


ということで、Tシャツひとつとっても奥は深いものなのだ。

っていうか、Tシャツのことを書きたかっただけなのにまたしてもやけに長い飲み話のイントロにしてしまったので、お終いにする。

締めはたぶんTシャツが出てくる最初のヒット曲だったのではないかという一曲。

これが流行ったとき僕が高校生だったので、その頃にはTシャツは日本に定着していたという証左の一つにもなろう。

ネイビーブルーのTシャツ♪

キャンディーズ 年下の男の子


https://www.youtube.com/watch?v=Vk-pDph6pEU
14 21

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月14日 16:53
    ペリエを販売促進で使ったことがあります。今から31年前だったかな?

    新型のスポーツタイプの車が発売され、夜中まで街道筋の営業所をオープンさせたときに、立ち寄った人たちに提供しました。

    勿論頭の固い営業所長や役員はペリエって何?だったのですが、タイムオーバーで押し切りました。

    再起の駅そのそばの丸井でオリジナルのTshirtを作ってくれる店を見つけたのでVネックでプリントしてもらうかと思ってるところです。
    亡くなった美形のコーギーのphotoで転写したいと思ってます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月14日 19:00
    > mixiユーザー 

    今から31年前というと、1990年前後ですかね。

    その頃だとまだそんなにメジャーではなかったのかもしれませんね。

    泡の出るフランスの水

    この表現は僕のオリジナルではなくて、それよりちょい前の80年代に漫画ゴラクに連載されたとあるハードボイルド漫画に出てきたセリフです。

    まあ、漫画ゴラクという雑誌の性格もあり、あんまり一般的ではなかったですが、マイナーに人気があった作品です。

    ペリエという飲み物は当時の日本ではそういう存在だったのだろうと思います。

    知ってる人は知っている、でも知らない人はまったく知らない、知ってる人でも実際に味わったことのある人はもっと少数というような。

    やあ、丸井は粋なことをやってますね。

    うちとこは浦和のPARCOで美形のネコの写真でラベルを作ってもらいました。

    なにのラベルかというとビールのラベルです。

    3年前にうちにショートホームステイした中国のJDにそれをふるまったら、おおexclamationと喜んでもらえました。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月14日 20:25
    サイゼリヤ

    結構好きで利用しています。気楽に入れて長居出来るし、色々と便利ですよね。ただホールの人数が少ない時があり、働いている人は大変だなぁと思ったりしております、、、

    ペリエ、エビアン

    発売当時は水を買って飲む!という衝撃がありましたね。ついでにオシャレという事もあり、水のペットボトルを首から頭ぶら下げてる女子も結構いました。ああ、流行れば何でもするんだなぁと思った次第、、、

    ヘインズ

    赤ラベルの3P100%コットンは着心地がとてもよく愛用しておりました。3Pで1500〜2000円以内だったと思うので高くはなかった筈ですよ。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月14日 21:06
    サイゼ、チェーン店でも店によって、
    規律に差がありますね。
    まぁ、最初から調味料棚とか整理されていない
    ところはダメですね。

    Tシャツは、私の場合、高校生になった1972年の夏には
    着ていた記憶があります。
    それも柄付きや絵がプリントされたモノを。
    キャンディーズ 年下の男の子 (75年)の前年の夏に
    天地真理が「恋と海とTシャツと」という歌を
    リリースしています。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月14日 21:41
    > mixiユーザー 

    サイゼリヤはいいですよねえ。

    僕は今回紹介した2派の仲間と居酒屋として日常的に利用しています。

    はい、たしかにホールの人も厨房の人も大変だと思います。 入口に行列が出来ていて、かつ空き席があるのに案内されないことがままありますが、常連の僕らはあれはサーブできるキャパを考慮して敢えてお客に待ってもらっているのだということがわかっているので、おとなしく待っています。

    茶髪や金髪の若いのがそうして待ってるのに中高年の俺らがイチャモンつけたら大人の恥ですからね。

    ただ、アキバのあの店はそういうのを超えて。。酷かったあexclamation

    調味料蘭がスカスカなのは個々のせいではない、しかし粉チーズを持ってきてくれとお願いしてウェイトレスがはいと返事したのに、その後ワインを持って来たウェイターがしかとっていうのは連携はどうなっとんじゃあexclamation

    ワインの白を頼んだのに赤を持ってきたのもそういうことはある、しかしその後持ってきた白のボトルがぬるかったのはどうなってんじゃあexclamationでした。

    ペリエやエビアンはコンビニが普及の源なのだと思います。 それまでは明治屋とかのスノッブなスーパーでしか見られなかったのが一気に大衆的になった。

    逆に言うと、今やそういうコンビニ品は日本の常識になっていますが、海外では常識なのに日本では知られていない天然炭酸水の銘柄もあるのでしょう。

    ヘインズは1500円〜2000円で買えるんですか。 それだったらユニクロよりちょいお高めな程度ですね。

    ただ、なんかこうわたせせいぞうや吉田栄作の影響で、ヘインズといえば白という印象が強くなっていて。 本文で書いたように白Tは鬼門なんですよ。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月14日 21:56
    > mixiユーザー 

    やあ、サイゼ同志よ。

    僕が仲間と常用しているのは新宿2店、上野店、錦糸町店、銀座店に浦和店でして、まあ、多少の違いはあっても一定のレベルを維持しています。

    しかし、今回日記にあげたアキバ店は酷かったです。

    全公開の日記にこういうのを書くのは掟破りかもしれないですが、しかしあれは酷かったあexclamation ということで一緒した仲間も賛同してくれると思います。

    Tシャツは僕も中学生になった70年代には着ていました。

    ただ、小学生時代の60年代は記憶にないんですよ。 

    今どきはむしろ小学生こそがTシャツの時代だと思うんですが。

    本文に書いたように僕は夏はランニングシャツで駆け回ってました。 その後流行った色付きのタンクトップでなくて白生地のランニングシャツです。

    僕の小学生の記憶は八王子と茨城のものなのですが、世田谷ではどうだったでしょうか。 蟹座さんも夏はランニング一丁派だったらうれしいのですが。

    やあ、そおかあ、真理ちゃんのこれがあったかあ。あせあせ(飛び散る汗)

    歌詞だけでなくタイトルにしっかりTシャツがプリントされてますね。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月14日 22:00
    > mixiユーザー 

    とりあえずサイゼのアキバ店は避ける事にします笑

    ヘインズ赤ラベルは3枚パックなので、1枚700円ぐらいです。この赤ラベルはcotton100%で軽さ着心地は最高。物が良いとか悪いとかの前に兎に角着心地です指でOK
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月14日 22:08
    > mixiユーザー 

    いやあ、風評被害でサイゼに訴えられるかもしれませんが。

    あの暑い夜のあれは酷かったと断言します。

    1枚700円は安いですね。 ユニクロより安いかもしれん。

    ヘインズを食わず嫌いしてたかなあ。

    ただ。。見栄えも大事でして。くどいようですが、白Tだけはご法度なんです。

    3Pがチャーリーブラウンやスヌーピーをプリントしているなら即買います。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月15日 04:54
    子供と同じ読みの泡盛、まさひろ酒造、ホームページも渋ければラベルも渋いっすねえ。
    度数が高いので、日本手は飲んでも泡盛は飲まない。
    オリオンビール、家の近くで沖縄料理店があるけれど、ずいぶん前に沖縄そばとオリオンビールを飲んだのが最後でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月15日 08:44
    > mixiユーザー 

    やあ、それはそれは

    まあくんの名前はまさひろくんでしたか。 

    今、中一の夏ですよね。

    まあちゃんからまあくん。。あと数年したら、まさひろそのものになるでありましょう。手(パー)

    僕は泡盛のまさひろはあの店が初対面でした。 というか、それまでは銘柄さえ認識していなかったのですが、あの日はそういう知らない銘柄を中心に攻めたのでヒットしたんです。

    美味しかったですよ、泡盛のまさひろ。

    でも、銘柄を指定すると、琉球風衣装のおねえさんがカラフルなグラスに泡盛を注いで持ってきてくれる方式だったので、ボトルは見なかったんです。

    で、今、教えていただいたまさひろ酒造のHPを開いてみました。

    たしかに渋い。 帽子をまぶたにかぶって蝶ネクタイ、片手にタバコの人が創業者なのでしょうね。

    僕はパパさんとは逆に最近は日本酒は控えています。

    ポン酒も美味しいのは美味しいんですが、二日酔いがしんどい気がしましてね。

    僕らは泡盛をオンザロックでいただきました。 で、チェイサーの水をガパガパ飲みました。 たぶん、泡盛より多い量。 

    そうすると酔いが和らぎます。 本文中でご紹介した村上春樹式ワインと合わせてお試しください。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月15日 21:09
    Tシャツが似合う芸能人って言ったら、所ジョージですね。
    テレビに出演する時もラフなTシャツ姿
    でも結構本人なりに拘っていそうです。

    私は40代くらいがTシャツ着たのが一番多かったかも
    アバクロやトミー ヒルフィガー のものが好きな時期があって


    愛しのシンシア、南沙織のデビューアルバムジャケット
    蟹の絵柄のTシャツ着てますよね。蟹座蟹座
    http://hiroshi2017.com/minami-saori/

    ミニスカのシンシアハート達(複数ハート)
    https://www.youtube.com/watch?v=vDDuU7nccjw&list=RDvDDuU7nccjw&start_radio=1&t=6
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月15日 21:30
    Tシャツは世代年代を分けますよね。Tシャツ.ジーンズ、スニーカーの第一世代だと自負しております。プライヴェートも仕事の分け隔てなくTシャツ.ジーンズ、スニーカーで通しています。ジェームスディーンに騙されて白いTシャツ.角川書店に騙されてジーンズの尻のポケットには文庫本を入れてた時期もありましたが、30過ぎてからは白いTシャツだけで歩くのはやめました。その代わり黒かグレーのTシャツを着用しています。プリント付きTシャツを着こなすなしごれんさんを尊敬します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月15日 23:07
    > mixiユーザー 

    所ジョージとは意外な線をついてくれました。 正直なところ、僕はあの人がどんな衣装でテレビに出ているか、ほとんど記憶にないんですが。。

    言われてみるとTシャツですね。 記憶に残らないくらいナチュラルな衣装になっているのでしょう。

    40代の女性かあ、これまた言われてみるとそうかもです。

    アバクロやトミー ヒルフィガーといわれてもチンプンカンプンですが。

    ちなみに、うちとこの五十路のカミさんのワードローブのTシャツは数知れずでして、その中で今の一番のお気に入りは大谷君の背番号17の赤いエンゼルスのTシャツです。 この浦和で赤いシャツといえば、レッズ以外のなにものでもないんですけどねえ。

    はい、17才のシンシアはTシャツですね。 彼女があれでデビューしたのは71年、僕が中二のときだったので、その頃にはTシャツが日本で公認されていたということなのでしょう。よいエビデンスを提供してもらいました。

    一方、ミニスカについては。。まあ、シンシアのあれはあくまで隣のお姉さん風な健康美でしたが。。

    70年代当時の女子アイドルにとって、ミニスカは制服そのものでした。

    今どきのアイドルの比でない。言葉を選ばなければキャバスケそのもの。

    まあ、今も昔もアイドルを追っかける男なんてそんなもので、今どきの若いのはexclamationとはまったくいう資格なしです。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月15日 23:28
    > mixiユーザー 

    はい、ファッションは世代を分けます。

    ジェームズ・ディーンかあ。 

    しかし、理由なき反抗は1950年代央ですよね。 さすがの寝太郎さんもあれをリアルタイムで見て熱狂した世代ではないのではないでしょうか。

    チキンランをリアルタイムで熱狂的に支持した当時の10代後半から二十歳の世代は今は70代から80代だと思われるので。

    しかも、僕の記憶では日本においてはその後の60年代もジーンズやスニーカーは一般的になっていてもTシャツはあんまりメジャーでなくて、70年代に花開いた印象があるのですよ。 

    70年代初頭の頃、中坊だった僕もTシャツを着ましたが、すでに社会人だった寝太郎さんも同じ時期にTシャツを愛用するようになったのではないか。 60年代はそこまでTシャツに馴染んではいなかったのではないか。 であれば、Tシャツに関しては同じ世代ではないか。

    などと反抗的な態度をとってみましたが如何でしょう。^^

    はい、俺らに白Tは鬼門ですね。 ヘインズだとわかってもらえたらいいですが、下着でうろついてるおっさんと思われる可能性の方が高いと思われます。

    いや、プリント地を着こなしてはいないです。暑いから着てるだけです。あせあせ(飛び散る汗)

    繰り返しますが、世の中にはTシャツが似合う男と似合わない男の二種類がいて、僕は後者なので。^^;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月15日 23:39
    > mixiユーザー 

    Free好きの女子にようやく来てもらえました。

    いやあ、あのアニメに関してはこれまでもいろいろ書いてまして、中でもこっちの日記に画像も貼って、鑑賞した感想も書いていたもので。 ご覧いただけましたら幸いです。

    ただし、今回と同じくイントロがやけに長いのでそこはかっとばして、最後の方の
    Freeのことを書いたところだけご覧ください。

    2019年8月9日の日記 女の中に男が四人

    https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1972545823&owner_id=17610207

    僕も子供の頃はコーラを飲めるようになるまで一苦労でした。

    でも、いや、今は炭酸水はワインを割るために使っているだけです。

    スヌーピーはいいですよねえ。 というか、あれはピーナッツというのが原題で、僕はあの漫画の主人公はあくまでチャーリー・ブラウンでスヌーピーは共演者だと思っています。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月17日 14:53
    沖縄料理&オリオンビール&泡盛、美味しかったです。
    飲み放題だったのでとついつい5〜6杯飲んだ気がします。
    アルコール度数で換算すると日本酒で10杯ぐらい。
    さすがに電車を乗り過ごしてしまいました。

    サイゼはその反省(?)で健康的に飲みましたが、
    それもまた良かったです。

    Tシャツは先日、ヘインズの白を買いました。
    家族から、真夏に黒は暑苦しいと言われまして、、、
    でもなしごれんさんの言われるように、下着風に見えるので、
    上にシャツを着るようにしています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月17日 15:24
    > mixiユーザー 

    やあ、これはこれは。

    あのPARCOの店、けっこうよかったでしょ。

    僕は一度貴兄をご案内したいと思っていたんですよ。 週末の夕方に行けば三線のライブをやってるそうなんですが、まあ、それはなくともいいし。

    いやあ、けっこう呑んだけど、チェイサーのお水を自分で持ってこれるのがメリットだと思います。 やっぱ、お水だけのために琉球女子を何回も呼ぶのは遠慮が先に立ちますからね。

    ええっ、乗り過ごし事件があったんですかexclamation

    それはあれです、二軒目のレッズ的店の影響かと。 僕はあそこで網になにか肉を乗せてもらって焼いて食べて、アルコールはホッピーを頼んだ記憶はあるんですが。 結局、なに呑んで、なに食って、お代はいくらだったか記憶が消失してしまっているんですよ。

    サイゼの白ワイン炭酸水割りはいいですねえ。 おかげさまであの日はまっすぐ帰宅して、ハイキックエンジェルスというなかなかよい作品を鑑賞しました。

    おおっ、伝説のヘインズの白。

    大丈夫です。 世の中にはTシャツの似合う男と似合わない男の二種類があって、僕は後者ですが貴兄は前者ですから。

    白を街着にしてください。 で、呑みに行きませう。 

    そしたら、かつての黒ネタと同じく白ネタで日記を書きますので。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月17日 15:33
    ろまさんは夏も黒いTシャツなんですか〜
    暑そうですね^^:

    おじさんばかりでなく、おばさんもTシャツには悩みます。
    本当はきれいな柄のシャツを着たいのだけれど、目立つ柄には負けてしまいそうだし。
    可愛い絵柄には気が引けてしまうし。
    というわけで私はついつい無難なボーダー柄になってしまいます。
    いつも黒のろまさんと、あまり変わりませんね(笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月17日 18:56
    > mixiユーザー 

    世の中にはTシャツの似合う男と似合わない男。。くどいですね。

    ろまさんの場合はガタイがいい、胸が張っている。 僕の場合はなで肩でヒョロヒョロしている。 そもそものフェイスのことはおいて、彼がTシャツが似合って、僕は似合わないのはその辺に理由があるのではないかと思います。

    でも、なんかいっつも黒シャツなんですよ。 胸にでかい星が一個あって、いかにもサッポロ黒ラベルなんですが、実はプーマかなんかのシャツだそうです。

    夏だけでなく冬も黒装束が多い黒ずくめのガンマンなやつなのです。

    でもついさっき、あっぷるぱいさんよりちょい前にもらったコメントによると、ご家族(たぶん奥さんか娘さん)に暑苦しいからやめろと言われて白のヘインズexclamationを買ったそうです。

    かくいう僕は昨日はジョークール、今日はチャーリーブラウンのTシャツを着ています。 この日記のデジャヴーです。

    で、あっぷるぱいさんのTシャツは胸にリンゴのプリント地。

    これっきゃないです。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月24日 04:58
    超遅レスすみません。

    TシャツにGパンと言うのが70年代の夏の若者の定番だった気がしますが、どうでしょう。
    僕はGパンのベルトラインを見せたいから、Tシャツはインしてましたが、これは当時でも姉に注意されました。
    でもいまだにTシャツはインします。
    ええもう笑われたって何だっていいんです。

    ところでヘインズの白Tシャツは昔買いましたが、肌触りも良くなく、布地もしっくりきませんでした。
    ましてや僕らがこれだけを上に着ると、下着でうろつく老人にしか見えません。

    今はブルース・ウイリスが「ダイハード4」で着てたのTシャツがカッコよく思え、似たものを探して着ています。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年08月24日 07:22
    > mixiユーザー 

    やあ、これはこれは。。

    おっしゃる通りTシャツにGパンは70年代の定番でしたが。。

    僕はなで肩なものでTシャツが似合わないのを自覚してまして。 かつ、高校生以降はタバコをやってたので、ライターやモクを入れる胸ポケットがないのはアンバイがよくないという実際的な理由もこれありで。

    Tシャツは回りほどには外着にはしていなかったです。

    ギャハハ、インですか。 実はワタシもです。 いや、外着にするときはさすがにしないですが。 アンダーウェアは常にインなんですよ。

    そうすると、カミさんから、ママにポンポンを冷やさないようシャツはパンツの下にしろと教えられたんやろと笑われます。 いや、実にその通りなんです。あせあせ(飛び散る汗)

    白Tはねえ、僕ら中高年には鬼門なんですよね。

    相棒のろまさんもヘインズの白Tを買ったというコメントをくれていますが、彼も同様の事情に直面しているようです。

    ブルース・ウィルスかあ。 マックイーンやブロンソンもそうでしたが、Tシャツってああいうガタイのいいガイが一番似合うコスチュームだと思います。^^

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する