mixiユーザー(id:17610207)

2017年11月23日10:00

204 view

この子の十五のお祝いに♪

こないだ11月19日にうちとこの足跡の数が1万5千個になった。

踏んでくれたのは前回の駅弁日記を読んでイイネをつけてくれたマイミクのkazzrockさんだった。 ありがとうexclamation

で、今日は日々勤労してる人らのための国民の祝日なので。 宴の日記を書いちゃおうと思ったわけだ。

フォト


1万個記念の日記を上梓したのは2016年11月のことだった。 それから足跡を5千個増やすのにちょうど1年かかった。

なにしろ、おいらは日記は休日しか書かない。 しかも、つぶやきっていうのか、ボイスっていうのか、あれはやらない。 

一応、日々勤労してるし、他にも呑みとかいろいろあるんでさ。なかなか手が回らない。

そういう中での1万5千のキリ番達成というのはねえ。 自分としてはささやかながらも金字塔だと思うのであるよ。


前回の一万個は諭吉記念だった。

フォト

それに今回は一葉が合体した。

フォト

これを日記にしなくてなにを日記であるかexclamationなのだよ。


それに15というのは案外キリがいい数字だと思う。

というのもさ、目覚まし時計を合わせるとき、けっこう15分に合わせる人は多いんじゃないかと思うんだよ。 それが6時台でも7時台でも8時台でもさ。 

例えば7時ちょうどって早すぎる。 かといって、7時半というのは遅すぎる。 そういうときに人は7時10分とか7時20分でなくて、間を取って7時15分にアラームを合わせるケースが多いのではないか。 と思うんだよ。 というのも、東京でサラリーマンをやってた自分が長年そうしてたからなんだけどね。

フォト

十五やっexclamation

フォト フォト


ということで、15にちなむものをつらつらあげる。

最初によくないのをあげちゃっとくと。 これは日本国民として忘れちゃならないし、謝ってもチャラパーにはならない歴史的な事実だと思う。

フォト フォト


十五代って、これで終わりの感じもあるんだよね。

フォト フォト


もっと終わりの象徴だったものがある。

15作目のこれはかつての栄光見る影もなく、東宝チャンピオン祭りのコマとして封切られてコケて、昭和ゴジラの幕を引くことになった。

フォト フォト

でも、実はこれは名作だったらしい。らしいというのは僕は見てないからなんだけど。

以前、特撮ものの師匠のへろへろさんと新宿三丁目で飲んでたとき、僕がメカゴジラなんてダメダメだよな、なんて軽口を叩いたら、くわっと目を見開かれちゃってね。

お前は実際にあれを見てそういうへらず口を叩くのであるかexclamation

いや、まあ、その、どうせダメ作だと思って。。。見てないっすあせあせ(飛び散る汗)

だろう、あれは評価されるべきなのに、時宜を逸して歴史に埋もれた傑作なのだ。

と、説教されたのだよ。

それを思い出して今回チェックしたら、こういう昭和ならではのそそららるシーンもあったみたいだ。 もちろん、へろへろ師匠はもっと高い次元から本作を評価してたんだけどね。(と思う)

フォト フォト


しかも、この昭和シリーズで育った世代が稀代のスーパーキャラをきっちり蘇らせた。

フォト


ということで、15は吉というように勝手に話題を転換する。

かつての学生時代、僕がわりと好きで単行本を買うまでにはいかないまでも。 一番町の高山書店とかそういう仙台の立ち読みOKの本屋で少年マガジンをめくるときに欠かさなかった作品のひとつにこれがある。

フォト フォト

作者の塀内真人は男名前のペンネームでデビューした女作家の元祖じゃないかな。

今や荒川弘とか中村光とか、そういうのは常識になってるけど。

かつては高橋留美子とか柴門ふみとか、男雑誌に連載を持つ作家も私は女ですよ的名前が多かったからね。

でも、「フィフティーン・ラブ」は一応スポ根ものだったんでねえ。 少年誌の編集から要請があって、そういうペンネームにしたのではないかと類推される。

フォト

それが今はそういう封建的な考えは時代遅れになったので、彼女も塀内夏子の名前で活躍している。


ということで、スポーツの話題になってフィフティーンとくれば、ラグビーに決まっている。 実は僕はこの競技にハマってた時期がある。 もちろん、観衆としてだけど。

まあ、非体育系の極致の僕のことなので、自分からどうこうはなかったんだけどさ。付き合い始めから結婚当初のころのカミさんが熱心なラグビーファンだったんでね。 

恥ずかしながら、ラグビー観戦は手っ取り早いデートコースだったんだよ。

大阪の長居、東京の秩父宮、しょっちゅう繰り出したもんだ。

よく覚えているのは、夫婦して秩父宮のスタンドで国際試合を観戦してたときのこと。

僕らの前の席には本チャンのラガーマンの人が仲間と陣取ってた。 なんでわかったかというと、そんなのは一目瞭然なんだ。 なにしろガタイが半端ない。 しかも耳がつぶれてる。 フォワードそのもの。

僕はそのときホットドッグを食べようとしてた。 で、ケチャップとマヨネーズの容器をつぶした。 よくあるでしょう。 真ん中をペチャっと折って中身をピュッと飛ばすちっさいやつ。 それが手元がくるって、飛沫がもろにそのフォワードの人の背中を直撃しちゃったんだよ。 ペチャッ、ピュッ、ベチャ。  

で、その人のコートに見事にシミを作っちまったんだ。

ブルったねえ。 ブルったけど、ダマテンにもできない。 で、おそるおそる声をかけて謝ったら。 振り向いたラガーマンはいかつい顔をくしゃっとさせて、いいっすよと笑ってくれたんだ。 ナイスなガイだったなあ。


まあ、そんなひとコマもあったんだけど。 実際に観戦してみるとだねえ、ラグビーという競技は凄いよ。 

時代も時代、あれは1980年代から90年代にかけて。 平尾や大八木が同志社でブイブイやってコベルコにいった頃。 もうねえ、すげえ奴らがキラ星でさ。 そいつらが縦横無尽にフィールドを走り回って、パスして、蹴って、スクラム組んで、トライしてた時代でねえ。

大学も実業団もそれは魅力的だったんだ。

フォト フォト


なので、こないだのWCでジャパンが南アに奇跡のジャイキリをやったときは、お互いかつての熱い血潮が湧きあがって、カミさんとハイタッチしちゃったよ。

フォト フォト

当時は純潔日本の勝利じゃないとか言う向きもあったけど。 いいじゃん、皆、日本に来て苦労して馴染んで頑張ったガイなんだから、そもそもルールで認められてる中のことなんだから。 そんなこと言うやつはこれだよ、だった。

フォト


それ以前のジャパンの歴史的な勝利は秩父宮でのスコットランド戦。

このときもラグビーファンの雄たけびが全国に轟いた。 その監督だった宿沢広朗はねえ。 ラガーマンとサラリーマンの二足の草鞋の両方を全うした一代の傑物だった。

フォト フォト

さらにそのスコットランド戦のキャプテンだった平尾誠二。

こないだ帰省したとき、カミさんに読め読めと言われて読んだこの本、沁みたよ。

お互いが肝胆相照らせば、いい歳になってから知り合った仲でも親友になりうる。

山中伸弥教授と故・平尾誠二の楽しかった時代の交わり、平尾の早すぎた晩年の交わり、じんわりさせてくれるよい本だった。

フォト


ラグビーって、泣ける話が多くてねえ。

思えば、NHKのこれでも泣いちまった。 平尾が入学する前の荒れに荒れてた伏見工業高校のラグビー部を全国大会に導いた泣き虫先生の話。

フォト フォト

一話通貫はないんだけど。 この断片だけでも見てみて。 すごくいいから。

プロジェクトX伏見工業ラグビー部


https://www.youtube.com/watch?v=Ftx7mmlBJE4

で、これがクライマックス。 ナレーションは田口トモロヲ。 最後の決勝のシーンなんかもうねえ。

京都一の悪銃山本清悟爆弾伏見工業入学!


https://www.youtube.com/watch?v=kXCsgZMQYg8&t=2s


えと、柄にもないのを延々とあげちゃったけど。

まあ、15の神髄といったら、やっぱこれだからね。

でも、ほかにもあるよ。 15少年漂流記だ。 

ジュール・ヴェルヌ。 海底二万里、地底旅行、月世界旅行。。。

子供の頃、ジュブナイルを読み漁ったけど、何回も繰り返し読んだ双璧は「80日間世界一周」とこれだった。

フォト フォト


とはいえ、今となっては結末がどうなったか記憶の薄闇に消えてしまってるんだけど。

漂流ものということでは一緒でも、いくらなんでも、こんなひでえことにはならなかっただろう。

フォト フォト


たぶん、こういう展開になったのではないか。 というか、手塚治虫の方がヴェルヌを参考にしてこの物語を作ったのはほぼ間違いないだろうけど。

フォト フォト

これ、懐かしいよ。 白黒時代のアニソンって、自分の思い出、懐かしいというのを超えて秀逸なのが多いんだよなあ。


https://www.youtube.com/watch?v=Gylt8ruHwjE


でも、締めはやっぱりこのナンバーにしたい。

いったん試合が終われば勝った負けたじゃない。どっちも立派だった、讃えるぜの精神を象徴する言葉。 

しかもさ、誰がYouTubeに映像をあげたのか、平尾さん、やっぱりかっこいい、見事な立ち振る舞いを全うした男だった。

ノーサイド  松任谷由実


https://www.youtube.com/watch?v=i-YFGfAFKC0


さて、これからオハツてんてんに行く。 

いつもの店でカットしてもらって、今日はクールオレンジの上の毛髪マッサージのオプションをつけてもらう。 楽しみ〜♪
15 19

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月23日 14:22
    15000個おめでとうございます。クラッカークラッカークラッカー

    伏見工業の話は泣かせますね。
    年代としては我々と同じか、少し下ぐらい。
    動画を見ると昔の土のグラウンドの匂いが蘇るようです。

    今日は僕がコーチをしていた少年サッカーチームの東京都中央大会で、
    今まさにベスト4をかけた試合中。
    ジャイキリを祈っているところです。サッカー
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月23日 15:04
    > mixiユーザー 

    やあ、これはこれは。

    こないだの中野呑みは僕の翌日の都合で2軒でさくっと切り上げてしまいましたが。 おかげさまで、ほとんど酔わないで家に帰って、7時半からのNHKダーウィンが来たのノラ泣き笑い(ネコ)回をカミさんとまりんと一緒に見てほっこりして。

    月曜の仕事も無難にしのぎました。

    1万5千アクセスというのはmixi界では取るに足らない数字なんですが、そうはいってもだし、今日は休みだしで、あさイチでさくっと書いちゃいました。

    プロジェクトXによると、弥栄(やさか)のシンゴが伏見工業に入学したのが昭和51年なので、あのフィフティーンは僕らよりちょっと下ですね。

    平尾が伏見工業に入ったのはその後。 独身寮の例の食堂のテレビでその平尾らの同志社が松尾雄治の新日鉄釜石とぶつかって敗れた試合を見た記憶があります。

    土の匂いかあ。 僕は嗅いだことがないですが、貴兄は高校時代まさにフィールドで吸い込んだでしょうからねえ。

    おおexclamation あの少年サッカーチームの試合中でしたか。

    僕も大阪の地からジャイキリの成就を祈念しています。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月23日 20:32
    大正も15年で終わりましたね。
    15日は区切りの良い日で、昔は
    1月15日の成人式、9月15日は敬老の日だったですが
    今は、近くの日曜日に付けられて「15日」がなくなりました。
    さすがに8月15日と11月15日は祝日でないため動いていませんが。

    ユーミンのアルバム『NO SIDE』は1984年の12月リリースですね。
    これは発売とほぼ同時にカセットで買いましたよ。

    『冒険ガボテン島』は1967年春、私が小学5年の時ですね。
    アニメと少年サンデーの漫画が同時に始まったように思います。
    最初にアニメありきだったのかな
    私は漫画の方を見ていましたが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月23日 21:04
    > mixiユーザー 

    大正はそおかあ、15年で終わったんですね。

    それは気がつかなかったんですが、僕は最近自分にとっての大正を思うことがあります。 まあ、あんまりイメージがない時代なんですが、逆にそのことに思いを馳せるというか。

    僕らにとって昭和、というか戦後の昭和はリリカルな時代で、今回も怪獣でも漫画でもラグビーでもその時代のことがほとんどの日記になったんですが。

    今や平成生まれ、あるいは平成に社会人になった人たちが中核の時代になっている。 そういう中でもうすぐ元号が変わる。

    そうなると、若い世代にとっては昭和というのは僕らにとっての大正以上にはるか昔のことになってしまうのかなあという感慨です。

    まあ、言っても詮無いことだし、僕自身が大正をおぼろげな歴史上の時代と思っているので言う資格なしなんですけどね。

    ノーサイドはよい歌だと思います。 ユーミンって時流に合わせているようでいてこういうのを作っちゃうので、まったくすげえやつだと思います。

    これからも彼女のナンバーを主題歌にする映画やアニメが出てくるでしょう。

    冒険ガボテン島はそうなんでしたっけ。 言われてみればそうだったかもしれません。 たしか、ワンダー3もそうだったように記憶してますし、手塚治虫は今でいうメディアミックスをあの頃から実践していた先駆者ですね。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月23日 21:20
    いや、誤解されているようですが、
    「冒険ガボテン島」の作画は久松文雄、
    原作が豊田有恒で手塚治虫は
    絡んでいないでしょう(^^:
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月23日 21:30
    > mixiユーザー 

    えっ、そうなんでしたっけあせあせ(飛び散る汗)

    僕は今の今まで、もちろんこの日記を書いたときも、冒険ガボテン島は手塚治虫作だと思い込んでました。あせあせ(飛び散る汗)

    いやあ、リアルタイムの子供時代もそう思い込んでました。

    YouTubeを見ても、あの少年、特に少女それに動物たちの画は手塚治虫そのものだからなあ。

    半世紀を経て大いなる誤解が解けました。 ありがとうございましたexclamation

    まあ、日記の本文はそのままにしときます。

    だからといって、とんでもない勘違い野郎だとか、偉大なる手塚師を貶めてるとかで抗議してくる方もいないでしょうから。^^;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月23日 21:39
    ラグビーといえば何故皆んなチョビ髭なのか?このチョビ髭問題誰か解明して欲しい笑。

    エディ・ジョーンズHCの改革はその論理性、実効性からしてとても素晴らしく感じました。結果は皆さんご存知の通り。他のスポーツのHCも是非してもらいたいものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月23日 22:11
    > mixiユーザー 

    あっ、どうも。 キリ番ありがとうございました。

    といいつつ、平尾誠二に代表されるラグビー界の髭に批判的なようで。あせあせ(飛び散る汗)

    まあ、僕なんかは彼の髭をチョビ髭とは形容しないですけどねえ。

    結局、髭を生やしても問題なく通用するというか周りが認めるのは、スポーツの世界だけでなくサラリーマン界でも一緒で、要は実力の有無なのかと。。。

    仕事もできないくせにカッコだけキテレツだったら、それはダメダメ。

    一方で、かつてのラグビー界が精神主義に走り過ぎてたのはそうだと思います。

    それがアマチュアリズム至上主義の方向にいって、平尾自身干されかけました。

    エディ・ジョーンズの合理的かつ過酷な指導、メニューはたしかに凄かった。

    僕は90年代のどこかからラグビーから離れていってたんですが、その間のジャパンは100点差試合とか屈辱を重ねていたようだし。

    それを短期間で立て直した手腕は端倪すべからざるものがあると思います。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月23日 22:11
    いやホントに単純に「何故皆?」という疑問です(^_^;)

    知り合うラグビーやってた人達も殆どあの髭なので…
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月23日 22:22
    > mixiユーザー 

    どうなんですかねえ。

    平尾より前も口髭って、ラガーマンの定番でしたっけ。

    まあ、そういう気もするなあ。

    あれですかね、マッチョの象徴みたいな感じなんですかね。

    実際はラグビーという競技は筋肉モリモリだけじゃどうしようもなくて、クレバーじゃないと大成しないと思いますけどね。

    僕の知り合いでラグビーやってたのであの髭はいないなあ。 現役時代は別としてサラリーマンになってからも髭で通すのはけっこうガッツがいるので。

    一人だけサラリーマンになっても平尾風の髭を通してたやつが思い当たりますが、そいつはサッカー者でした。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月24日 01:01
    グラウンドの匂い=土の匂いはグラウンドによって微かに違います。

    特にラグビーの選手は倒れて土を口にすることもあるでしょうから、土の味まで見分けられると思います。

    さて残念ながら、サッカーの試合は負けてしまいましたが、天皇杯に例えれば地方リーグのチームがJ1を倒してベスト8に入ったのですから、大したものだと思います。
    (ちなみに東京都の少年サッカーもT1 10チーム、T2 20チーム、その他の約1500チームは
    地域チームと区分されていて、うちのチームはその地域チームからの勝ち上がりです)

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月24日 08:25
    おはようございます。
    足跡15000おめでとうございます。

    15にちなんだコメントを考えながら思い浮かばず、結局思い出したのは「圭子の夢は夜開く」
    ♪15 16 17と私の人生暗かったあ〜〜だけでした。^_^

    休日ごとの寄り道日記、これからも今回のオチはどこだろうとハラハラ楽しみに読ませていただきます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月24日 08:50
    > mixiユーザー 

    なるほど、たしかに一口に土といっても、土地土地で違うのでしょうね。

    そうだなあ、ラガーマンはどの競技よりも土に這いつくばることが多そうですね。

    でも、次に多いのが貴兄の愛するサッカーのような気もします。

    そのサッカーですが、そうですか。 ベスト4はなりませんでしたか。

    それにしても、すごい裾野ですね。 東京だけで1500exclamation

    貴兄が15をテーマに文章を書いたとしたら、いの一番にこれを持ってきたことでありましょう。

    その1500の中から這い上がって、J2チームを下してJ1チームとベスト4を賭けて戦った。

    もうそれだけで、ジャイアント・キリングですね。

    子供たちやコーチはもちろんのこと、父兄にとってもOBにとっても、夢のようなリーグだったと思います。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月24日 09:17
    > mixiユーザー 

    ありがとうございます。

    これも寝太郎さんのように、日記をアップするたびに覗いてくれるマイミクさんたちのおかげです。

    ひとケタ違うキリ番を更新し続けるジャイアントなミクシー者の皆さんに比べるとしがない数字なんですが、そうはいっても諭吉と一葉、十五夜ということで、思い立って日記を書いちゃいました。

    この日記をアップしたおかげで、蟹座さんに冒険ガボテン島に関する長年にわたる誤解を解いてもらえました。 僕にとってはいつぞや寝太郎さんに佐々木マキに関する誤解を解いてもらったのに匹敵するインパクトがありました。

    これだからmixiはやめられません。

    あははexclamation 十五、十六、十七と。。。できましたか。

    僕も「夢は夜開く」といったら、圭子のに限る口です。

    まあその、今回も落としどころは考えないで書き初めまして。

    最期はやっぱりこれだよなあとユーミンのノーサイドに決めてYouTubeをチェックしたら、なんと、平尾の映像をあげてくれてるじゃん、これっきゃないじゃんexclamationになったのでした。

    でも、なにがしかオチをつけることにはこだわっているので、そこをわかってくれる方もいることを励みにこれからも休みの日だけ精進します。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月24日 15:16
    日本代表のラグビーには随分泣かされました。何でこんなに弱いのか。それが、あのスコットランドとの試合で歓喜の涙涙よくしゃべり、よく飲みました。南アフリカには勝てないと思って、見ていないのですが、後日録画してよく見てみました。因縁のスコットランドに負け、決勝トーナメントに進めませんでしたが、いい大会でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月24日 15:20
    追伸。スコットランド戦、なしごれんさんも試合会場にいたのでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月25日 09:39
    > mixiユーザー 

    やあ、真のラグビーファンよ。

    僕はまあ、彼女のケツについて回ってただけですが、まあちゃんのパパさんはほんとにラグビーを愛してますからねえ。

    僕がラグビーにハマった時代は同志社と神戸製鋼の全盛期でしたが、そうはいっても明治の北島忠治監督は大きな存在でした。 あの煙草をスパスパ吸い続けるおじいさん、忘れられません。

    早稲田が東芝府中を破って、伝説の「荒ぶる」を聴けたのもよい思い出です。

    ただ、その後、90年代のどこかからラグビーから離れちゃいましてねえ。 それは僕だけでなくカミさんもそうでして、なんかチェリー軍団って名前からして冴えないな、程度の認識でした。

    なので、南ア戦は夫婦してど肝を抜かれました。 引き分けは狙わない、断固として勝つexclamation あれは凄いとしかいいようがなかったです。

    スコットランド戦はねえ、残念でしたが、おっしゃるとおりあれはよい大会でした。 僕ら夫婦はあのWCで忘れていたラグビー熱がぶり返したんですが、始めてこの競技の魅力に目覚めた人たちも多かっただろうと思います。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月25日 09:46
    > mixiユーザー 

    僕らは残念ながらあのとき秩父宮にはいませんでした。

    それこそ、勝つとは夢にも思ってなかったし。 なにしろその前に長居競技場でアイルランド戦を見て、こりゃあモノが違うわというのを目の当たりにしたので。 

    また、がっかりするのもなあというのが正直なところでした。

    たしか、まあちゃんのパパさんはスタンドで観戦してたんですよね。

    そりゃあ、興奮しただろうなあ。

    後になって、あのときのスコットランドはレギュラーメンバーじゃなかったみたいなことをもっともらしく言う向きもいないではなかったですが。

    それこそ、あんた、背中が煤けてるぜ、です。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月26日 17:24
    > mixiユーザー 

    ありがとうございます。

    さっき、新しい日記をアップして一息ついて、席を離れたら。

    まりんにこ(ネコ)に椅子を占拠されてパソコンを使えないのでスマホで返事を入れてます。留守番しながら二人で部屋にいる間中僕がパソに向かってたので、仕返ししてるんですよ。あせあせ(飛び散る汗)

    藍梨★さんもひょんなことでマイミクになってもらって以来、いつもコメントをくださってありがとうございます。

    ささやかな数字ですが、そういうのの積み重ねの1万5千アクセスなので、お祝い日記をアップしました。おかげさまで今回のコメの数もキリのよい10個になったのでよかったです。

    やっぱねえ、なんだかんだいってもミクシィ日記はコメントもらえてなんぼのところがあるので。

    ユーミン的なフレーズでコメントを締めてくれましたねえ。

    はいー、これからもあいかわずのノンキな日記を書いていきますので、よろしくお付き合いください。わーい(嬉しい顔)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する