ホーム > mixiユーザー(id:17610207) > mixiユーザーの日記一覧 > たかが駅弁というなかれ

mixiユーザー(id:17610207)

2017年11月18日21:31

287 view

たかが駅弁というなかれ

またしても東京に出張が入ったので、帰省している。

昨晩、家に着いたら、いつも通りまりんはそっぽを向いてたけど、僕が寝床に入ったら、もぐりこんできた。

フォト フォト

今日の昼飯はカミさんが炒飯を焼いて、昨日の残りの肉じゃがを温めてくれた。

フォト フォト

で、二人でいただきまーすと言おうとした瞬間にブラック企業戦士の長男が徹夜明けで帰ってきて、玄関で腹減ったーexclamationと呻いた。

ので、炒飯と肉じゃがを三等分し直して、それだけじゃ足りないので、蓬莱の豚まんもテーブルに供された。 そしたら、まりんがさっそくその白い物体に鼻を近づけてフンフンと検分した。

フォト

で、長男は夕方まで眠りこけて、勇気りんりんドドメ色になって遊びに出ていった。

ので、我々夫婦は夕餉を楽しんだ。

今日は参鶏湯だった。 知ってますかね、サムタゲンという韓国料理。

スマホで撮影する間がなかったので、ネットで拾うとこういうの。

フォト

鶏を丸まんま煮込んだものなんだけどさ。 骨までとろとろに軟らかくなっててねえ。

イケたよexclamation

 
そんなことで、今回も食に関する日記です。


今回は昨日の晩、金曜日に仕事がハネたところで、新大阪に出て新幹線に乗った。

そういうときの僕の定番はちまちま摘める幕の内弁当なんだけど。 今回は前日の木曜にちょっとしたイベントがあってそれの打ち上げがあって。 二次会にも呼ばれたら若いのが二人終電に間に合わなくなったので。 僕の宿舎に呼んで三次会をやったので。

さすがに夕刻になっても回復しなかったので、やや小ぶりなこれにした。 ビールも普通はロング缶を2本にするんだけど、今回は1本だけにした。 その代わり、いつもの発泡酒を一番搾りに代えた。

フォト

たこ膳850円。 牛肉やら海老やら南瓜やら椎茸やらの和風煮物になぜかコロッケも付いたおかずでたこ飯をいただく。 なかなか美味かったよ。

フォト


僕は大阪ー東京を月に2〜5回は行き来してる者なんでね。駅弁には一家言ある。

はっきり言えることは、大阪の駅弁は東京より大分安いということだ。 

なので、前回東京駅ではトルコ弁当を買った。

いや、前回の日記にもんじゃ焼きのことをつらつら書いた先週末に帰省したときは、日曜の昼どきに帰阪したんでさ。 車中食を贖う必要があったんだよ。

10数年前、京都に単身赴任してたとき、同じように東京駅で弁当を買うとき、僕がひいきにしてたのは深川弁当だった。 穴子や佃煮がのっかったご飯の弁当でね。 いかにも池波正太郎的風情があって、お値段もたしか800円前後で、それは風流な駅弁だった。

でも今はそれは見当たらない。代わりに千円台のが並んでる。鰻なんて2千円台だ。

で、どうせ、漱石を差し出すなら、東京にしかないのにしようと思ったわけだ。

それがこれ。 トルコBENTO 1100円也

フォト

トルコ料理って世界三大料理のひとつなんだよね。でも仏や中華はよく知ってても、トルコには案外縁がない。 

実際に食したのはニコタマのテイクアウト店のシシカバブくらいしか覚えがない。

あとは007危機一発とインディジョーンズ2で見たような気がする。

フォト フォト

で、食べてみたわけだ。 こういうの。

フォト

感想はう〜ん。。できれば温かくして本領を発揮させてやりたかったなあというところ。

雑感としては、トルコ料理というのは豆を多用するようだ。 ご飯はパラパラしてるので箸には向いてない。 BENTOのメインイベンターのチキンミートローフはやっぱり温かくないと。 というところだった。


このように僕は駅弁というものにはそれなりにこだわっている。

やっぱさ、旅情を大きく左右するファクターだからね。

しかも僕の場合は大阪ー東京はルーティーンだけど。

多くの人にとっては2時間を越える列車の旅というのは非日常のことだろうから、そこで駅弁をどうするかはさらに大きな存在ではないかと類推するわけだ。


で、僕が知る限り、品揃えとクオリティーの両面で全国チャンピオンなのは、仙台駅だと思う。 彼の地に在住してたときから10数年たってるので、具体的な商品名は記憶の彼方に消えてるけど。 肉は牛タンがあり、魚は海も川もあり、山菜もてんこ盛りの土地柄だけにね。

こないだ、あさイチだったかのNHK番組でなぜ仙台の駅弁はあんなにすごいのか、みたいな特集を組んだときは我が意を得たりだったよ。

フォト フォト

そこの駅売店でこういうのを並べられたらさ。

フォト フォト

どっちにするか、あるいはぜんぶ入ってる幕の内的にするか、魅惑の逡巡にならざるをえないわけだ。で、いずれにしろ地元の銘酒、浦霞禅も贖わざるを得なくなるわけだ。

フォト


その仙台より北の秋田には地元の名士を記念したこういう名物駅弁があるそうだ。

フォト フォト

釣りキチ三平、かつて一世を風靡したからねえ。 

この兄ちゃんなんか、最初はケツのポケットに突っ込んだウイスキーをグビグビやるやさぐれた奴だったんだけど、女子人気が高まったので品行方正なキャラに軌道修正されたくらいだ。

フォト

よく知られているように、作者の矢口高雄は秋田県出身。

ただし、多くのスターがそうであるようにこの人も紆余曲折の道を歩んだ。僕はその辺の事情を「ガロ編集長」を読んで知った。

フォト

この本の著者、伝説の雑誌ガロの編集長だった長井勝一氏によると、矢口高雄、本名高橋高雄は白土三平に憧れてガロに応募。で、「長持唄考」という作品でデビューした。

フォト

その後も白土的リアリスティックな作品が数本ガロに掲載されたあと。 高口青年はプロ漫画家になるべく上京したいと長井氏に相談してきた。

長井氏、はたと迷った。 ここからは本の引用。

たしかに高橋さんは新人としては力のある人だが、年齢はすでに二十六、七になっている。それに、銀行員というちゃんとした職業をもっている。これが二十歳そこそこで、アルバイトでもしながらマンガをやっているというなら、たとえダメだったとしても、まだ他の職業にかわることはできる。しかし、あと二、三年で三十歳になる人が、ちゃんとした仕事をやめてマンガ家を志すというのは、あまりにも危険が多い、と思ったのだ。

で、結局、長田氏は高橋高雄にマンガ家は諦めるように言った。

しかし、彼は別のチャンスを得て、妻子を連れて上京し、スター作家になった。


釣りキチがマガジンに連載されてたリアルタイムにはそういう遍歴は知る由もなかったので、やけに能天気な漫画だなあ、だいたい三平、学校行かなくていいのかよ、そんなのが許されるのは正義のために戦った金田正太郎くらいだぞ、なんて思ってたけど。

「ガロ編集長」を読んでから、矢口高雄の諸作をもう一回読んでみるべかなと思った。結局、まだ読んでないけど。

フォト フォト


漫画に絡めて駅弁の話に戻ると。

僕は神奈川の隣の八王子で育ったので、シウマイは子供の頃から好物だった。

でも、このジェットボックスなる駅弁は新幹線には持ち込まない方が無難なようだ。

フォト フォト

なぜかというと、「孤独のグルメ」の井之頭五郎のようなバツの悪い目に遭うかも知れないので。

フォト フォト


東にシウマイあれば西には豚まんあり。

これもねえ、美味いんだよ。 なので、今日の我が家のようにうちの中で皆でパクつく分にはいいんだけど。

やっぱり電車の中では避けたほうが無難なように思う。

フォト フォト


言ってみれば、マックのハンバーガーみたいなもんだ。 あれも周囲に強烈な匂いを振りまくからねえ。

フォト フォト


やっぱ、駅弁というものはこういうのでないと。

子供らが小さかった頃、我が家は夏になると軽井沢に繰り出してた。

で、みんな手前の駅で売ってたこの釜飯を楽しみにしてた。

フォト フォト


さて、夕飯食ってから書き始めてようやく最後まで行きつけた。

明日は相棒と昼呑みに繰り出す。

で、明後日は東京で仕事をしてそのまま大阪に帰る。 なんか遅くまで仕事があるようなので、新幹線の中で飯を食うことになるだろう。

トルコBENTOはもういいので。 なにかこう花のお江戸的な駅弁を探すことにしよう、
14 13

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月18日 21:47
    仙台の駅弁は食べたことがあります。伊達政宗弁当とか鮭はらこ飯とか牛タン弁当とか。
    同じ駅で駅弁会社が2社あり、競合して切磋琢磨しているからおいしい駅弁ができるそうです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月18日 22:34
    仕事の関係で東京や大阪などからお客が来られたた時は、
    まあ、牛タンやはらこ飯などが食べられるお店へ連れていくことが定番なのですが、
    ある時、ランチを兼ねて打ち合わせをすることになり、
    時間がないので仙台駅から駅弁を何種類か買ってきてお出ししました。
    それが予想以上に喜んでいただきましてね。
    それ以来、その人が来るときは駅弁を用意しています。
    そのほうが喜んでくれるんですよあせあせ

    「孤独のグルメ」のこのシーン
    いつも思いますが、これ泉晴紀が描いてたらギャグシーンになってますよね。
    そうならないのはひとえに谷口ジローの画の品の良さからだと思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月18日 22:41
    >たこ膳
    オカズがタコだけと思いましたが、
    なかなか豪華じゃないですか!?

    >トルコBENTO
    私はてっきり「トルコライス=カツ+ピラフ+スパゲティ」
    の弁当だと思いました。
    トルコ料理って、食べたことはありますが、
    そんなに印象に残っていません。
    なぜ「世界3大料理」なのか疑問です。

    「うにと数の子といくらがけ」、左は牛タンですか?
    う〜ん、やはり色々とオカズがあった方が嬉しいですね。

    >峠の釜めし
    これ一時、東京と新潟県を往復していた時に
    食べましたよ。

    >矢口高雄
    私、釣りは全くやらないので、この人の漫画を読んでも分からないんですが、
    銀行員から転身してきたという話は聞きました。
    水木しげるのアシスタントも短期間ながらやったんでしょう。
    彼の漫画にも出て来ますよ。
    やはり「銀行員を辞めて漫画家になるとは物好きな!」
    と評されていました。
    安定した仕事を捨てて漫画家で成功したのは、
    この人と、弘兼憲史が双璧でしょうね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月19日 05:03
    やっぱり、峠の釜飯が一番多く食べたような気がします。
    米子の吾左衛門鮓(鯖)https://gurutabi.gnavi.co.jp/i/i_7083/
    しばらくはまりました。黒昆布が決め手です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月19日 07:55
    > mixiユーザー 

    K.Sさんはあちこち旅行されてますからねえ。 僕よりはるかに全国各地の駅弁に造詣をお持ちだと思います。

    独眼竜政宗辨當も召し上がりましたか。 僕が仙台に住んでたのは20年くらい前でして、そのときはまだその駅弁はなかったんじゃないかと思います。

    なので写真で見る限りなんですが、海と山の幸がほどよく和風に仕立てられていていい感じですね。たぶん、戦場に持っていく仕様にしてあるんじゃないかな。

    とにかく、彼の地での独眼竜の人気はそれはすごいものなんです。その英雄の名を冠にするだけの自信作なのでありましょう。

    はい、競合する駅弁会社が切磋琢磨してるのが高品質の秘訣の一つだという話、僕もあさイチかなにかのNHK番組で紹介されてるのを見ました。 なるほどねえと思ったものです。

    K.Sさんが当地に趣いたのは最近だと、田代島と石巻を探訪したときじゃないですかね。 松島にも行かれてましたっけ。

    その田代島ほかの野良猫たちを撮影しているのはすごいです。 僕も最近スマホを持つようになって、うちとこの猫をしょっちゅう撮ってるんですが、そのたびに顔をそむけられちゃいましてねえ。 今回もご覧のようなピンボケ写真しかアップできませんでした。 いわんや野良猫は難しいと思います。

    そんなことで、僕は猫を撮影する難しさを知る者です。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月19日 08:14
    > mixiユーザー 

    なるほど、ビジネスの打ち合わせを食事しながらやる、いわゆるパワーランチというやつですね。

    それは遠来の客人をもてなすのに仙台の駅弁はうってつけですねえ。

    いろいろ話題も弾んで、仕事の打ち合わせもいい感じで運ぶ様が見えるようです。

    一方、客人を牛タン屋に案内するのは定番ですが、喜助や利休といった有名店は昼飯どきは予約を受けないので、席の確保がやっかいだった記憶があります。

    実は今の大阪でも同じ問題が多少ありましてね。 昼めしは地元で人気の定食屋で気楽にもてなしたいんですが、そういうとこは大抵予約不可なので、混み合う前に出向くとか工夫してます。 先発隊に席をガメさせとく手もあるんですが、お店にも他のお客にも迷惑な禁じ手ですからねえ。

    アハハexclamation たしかに。

    久住昌之が相棒に画を任せてたら、「孤独のグルメ」は「かっこいいスキヤキ」的な作品になってたことでありましょう。

    あれは初期のハードボイルド時代のアクが抜けて透明感のある画風を確立していた谷口ジローならではで実現した作品でした。

    まあ、僕はコムシンさんと同様に泉昌之ものも好きですけどね。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月19日 08:49
    > mixiユーザー 

    たこ膳はそうなんです。 僕もたこ一色だったら選ばなかったですが、おかずはたこ飯に合うように仕立てられたタコ以外の料理でした。

    トルコBENTOのメインはチキンミートローフ。あとはインゲン豆やほうれん草を和えたものやピラフなどでした。

    僕もトルコ料理が世界三大の一つと言われてもピンとこない方です。

    まあ、あそこはブルボン王朝や漢皇帝と並ぶスルタンの国なので、宮廷料理が発達したのであろうことは想像できるんですが、これという代表的な料理がパッと思い浮かばない。 シシカバブは思いつくんですが、あれは餃子みたいな庶民の食い物のイメージが強いですし。

    駅弁は僕もいろいろなオカズ派ですが、仙台の駅弁は極めてるのが多いので単品ものも捨てがたいです。 峠の釜めしはかつては軽井沢の手前のなんとかいう駅でだけ専売されてた記憶があるんですが、今は全国区のブランドになってますね。

    矢口高雄にくいついてもらえてうれしいです。 

    僕は釣りキチ三平弁当を手にとったことはないんですが、それをネタにこの人のことを書きたくなったもんですから。

    釣りキチが少年マガジンに連載されたのは73年からの10年間。 当時のマガジンには「あしたのジョー」や「愛と誠」あるいは「デビルマン」など、すげえexclamationという感じの作品が連打されてたので、そんなに目立つ存在ではなかった印象があります。

    でもまあ、目立たないけど好感度があって、長期連載になった感じかなあ。

    結果的にはあれが原動力になって釣りブームが起きたほどの存在になったのですから大したものです。

    はい、矢口高雄はいっとき水木しげるのアシスタントをやってますね。 銀行員をやめて妻と子供ふたり(exclamation)を連れて上京したというのは、すごい覚悟だったと思うし、生活のためならなんでもやる気合いがあったのだと思います。

    それに比べると、松下電産をやめたときの弘兼憲史は子持ちどころかまだ独身だったので、大分フリーな立場だったと思います。 もちろんそうはいっても一流企業の宣伝部という花形コースを飛び出したのは度胸がいりますけどね。

    そういう存在としては、明大から就職したトヨタをやめてマンガ家になったいしかわじゅんもいます。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月19日 08:58
    色んな駅弁を楽しめていいですね〜。
    ウチの街の駅弁は一社で何種類か販売してますが、一押しはお稲荷さん弁当です。6個入り600円。これが高いと思うか安いと思うか。
    ボクは買ったことありませんが、旅館の朝食でお腹いっぱいになって目的地に着く前の小腹がすいた時には丁度いい分量なのかもしれません。

    矢口高雄のデビュー作「長持唄考」は発表と同時に読みました。
    その頃、永島慎二がガロで民話シリーズを連載していて「おそめこのへんか」という猿の話しがあるのですがたぶんその作品と前後して発表されたと思います。
    で、矢口というか高橋作品は内容は忘れたけれど、新人にしては上手いなあ、達者だなあという印象がありました。
    タイトルもどこか民話シリーズに近い感じがするし、それにその頃ガロに描いていた林静一、淀川さんぽ、古川益三などの実験的なマンガとは明らかに違うちゃんとした物語がありました。
    その後、ガロに登場することなくペンネームを変えて子ども向け作品で再登場しました。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月19日 08:59
    > mixiユーザー 

    峠の釜めしは僕にとっては家族旅行で軽井沢に行くとき、あるいは軽井沢から帰るときの定番駅弁でした。

    しかし、蟹座さんは新潟に行くときに食したということなので、あちこちに出没しているようですね。

    鯖寿司かあ、いいですね。 黒昆布が決め手、なるほどねえ。

    新大阪駅の地下に魚屋の寿司というような看板の持ち帰り寿司屋があって、そこも鯖寿司を置いてます。

    ちょっとそそられるんですけど、単品というところで、どうしても決断がつかなくて、幕の内に走るのが常です。

    あと、こちらには柿の葉ずしというのもあって、これもそそられます。

    かつて五木寛之が「風の王国」という長編で、近鉄車内でこれを食べるお坊さんのことを巧く描写していました。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月19日 09:28
    > mixiユーザー 

    そちらの駅は観光地プライスですからねえ。 かなりお高いのではないかと容易に想像できます。

    いなり寿司6個入り600円。。高いか安いか微妙なところですねえ。

    他の駅弁に比べて絶対額で安いのはたしかなんですが、コスパの点からいうとどう考えるべきかですね。 回転寿司なんかだと、100円の皿に3つくらい乗っかってくるからなあ。

    まあ、でも駅弁というものは総じて高いですね。 新大阪が他より安いといっても、850円ですから。 これが1000円ともなると、街中のほか弁やオリジン弁当なんかじゃ超高級品にあたります。 コンビニではこの価格帯の弁当は置いてないんじゃないかな。

    やあ、さすがガロ者です。「長持唄考」をリアルタイムで目にして、その具体的な記憶まで有しているとは。

    当時のガロはいわゆる商業誌とは違う個性的な作家の作品がキラ星のように掲載されてたでしょうから、その中で寝太郎さんの印象に残っただけで、高橋高雄は大したものだと思います。

    長田勝一氏によると、彼にマンガ家は諦めろと言った後、少年サンデーの編集者が梶原一騎原作の「おとこ道」をやるので、誰かしっかりした絵を書ける人はいないだろうかといってきたので高橋高雄の絵を見せたら、これならいけるとなったそうです。

    もしかしたら、ガロでは将来の生活に不安があるけど、サンデーでデビューできるならという気持ちがあったのかもしれません。

    「おとこ道」は連載途中で差別問題を起こしてダメになってしまったけど、その後アクションに釣りやマタギのことを描くようになって、本領を発揮した由。

    マガジンで「釣りキチ三平」の連載が始まったのはそのあとなので、業界では実力者として認識されてたのでしょうね。 当時、高校生だった僕はそういう経緯は知る由もなくて、のんきな漫画だなあと思ったのでした。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月19日 22:32
    いろんな駅弁が出ていましたね〜

    実は駅弁を電車の中で食べたことはないかも。
    もっぱらスーパーの駅弁大会で買ってくる専門です^^:
    東北の海鮮物が好きです。
    旅行に出て、電車の中で食べたら美味しいだろうな〜

    峠の釜めし懐かしいです。
    高崎のだるま弁当って知っていますか?
    昔はよく買って帰ってきたけど、今もあるのかな〜
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月21日 08:30
    > mixiユーザー 

    どもー猫

    昨晩遅く大阪に帰ってきました。 仕事が押してなかなか離脱できなかったので、どうせなら東京の職場仲間と一杯やってから帰るべとしちゃったもので。あせあせ(飛び散る汗)

    そんなんで、昨晩の帰りの新幹線の中では主に睡眠をとってて、駅弁どころではなかったんですが。

    東京駅近くの蕎麦屋で3人で焼酎のボトルを入れて肴も適当に頼んで、呑んで食べてお一人2千円でした。 それに比べると、1千円を超える駅弁がいかに高価なものかがはっきりすると思います。

    とはいいつつ、旅行に駅弁はつきものと思ってたんですが。 あっぷるぱいさんは温泉旅行のときなどはお手製のお弁当を用意するのかな。

    今しがた、YACCOさんの日記を拝見してきたところです。 差し入れのアップルパイ、素晴らしいexclamation 蘇るあの美味しさexclamation ×2でした。

    スーパーやデパートの駅弁大会はヒットが確実なイベントのようですね。

    健さんの遺作になった「あなたへ」(名作です)で、 草剛と佐藤浩市がそういう出店のために全国を回るしがないサラリーマンを演ってました。

    峠の釜めしは群馬の誇る駅弁ですね。 僕は軽井沢旅行の定番だと思っていたんですが、皆さんのコメントを拝見るると、今やあちこちに出没しているようです。

    高崎のだるま弁当。。。 知らなかったので、検索してみました。

    きれいな色のお弁当ですね。 赤いだるまさんの中に茶色い鶏肉やシイタケ、黄色い栗、緑の山菜に白いタケノコ。。。 この彩りは絶品です。

    もちろん今も健在のようですよ。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年11月23日 06:59
    > mixiユーザー 

    小分けになっているお弁当。。。幕の内弁当は駅弁の王道ですね。

    僕は大阪から帰省するときはたいてい幕の内にします。 

    普段の帰省のときは850円の竹コース。 年末年始や夏休みなどは自分へのご褒美に松コース、1000円のにぎわい御膳というデラックスにします。 

    で、仕事で日帰りするときは梅コース、コンビニのおにぎりやサンドウィッチですませます。

    今回は自分の宿舎に若いのを泊めてどんちゃん騒ぎをやった後でしんどかったので幕の内はやめて小ぶりなたこ禅にしましたけど。 これもいろんなおかずがあって、なかなかの優れものでした。

    ありがとうございます。猫 なんかピンぼけ写真だなあと思ってたので、そういってもらえると励みになりますexclamation

    参鶏湯の方は実は種明かしをすると、カミさんの手料理というほどのものではないんです。 なにしろ鶏を丸ごと骨がぐずぐずになるまで煮込むハードな料理なので家庭ではちょっと無理。

    土曜日に僕らが賞味したのは、生協の調理済みのをお鍋で元に戻すお手軽商品でした。 でも美味かったです。^^

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する