ホーム > mixiユーザー(id:17610207) > mixiユーザーの日記一覧 > 東京的な飲み物

mixiユーザー(id:17610207)

2017年05月27日12:50

324 view

東京的な飲み物

こないだ、またしても60代の会に誘われて懇親会にゲスト参加してきた。

西成はあいりん地区、旧地名釜ヶ崎のディープな居酒屋に行ってから1か月かそこら。

フォト フォト

やけに元気な先輩方なんだよ。

今回はサムギョプサルの専門店だった。

知ってるかな、韓国の代表的な焼肉料理だそうで、肉は豚だけを使う。

焼いた豚肉をタレにつけて、キムチや刻みネギと一緒にサニーレタスっぽい葉っぱに包んで食べる。 なかなか美味だったよ。

フォト フォト

お値段は飲み食い放題で3千円ぽっきり。 

それもこういっちゃなんだけど、東京の方でよく見かけるチェーン店の焼き肉食い放題みたいなのとはまったく違う。 

豚とはいえ、ごついのに柔らかくて脂の乗った上等肉だからねえ。

しかもアルコール飲み放題付きだから、コスパは抜群だった。


で、肉をパクつきながら生ビールをグビグビ飲んでるときに、一人のおっさんが言った。

「東京ではホッピーちゅうのが流行ってるようやけど、飲む気にならんなあ」

そしたら周りの大阪のおっさんらも一斉にうなずいた。

僕はう〜んと唸ったね。

たしかに東京にいたときはしょっちゅうホッピーを飲んでたんだけど。

大阪に来てからはまったく視野に入ってこない。

だって、ホッピーって飲み物は安いのが最大のメリットなんでさ。 ノミホー千円がざらの土地では存在価値が激減してしまうんだよ。

といっても、ご存じない方もおられると思うので簡単に説明すると。

ホッピーというのは、ビールみたいな色の炭酸飲料。 これで焼酎を割って飲む。

フォト フォト

ホッピーは白(実際は黄色)と黒がある。 で、注文すると、焼酎が入ったジョッキとホッピーのボトルが運ばれてくる。 で、ホッピーをジョッキに注ぐわけだけど、だいたい半分は残る。 で、ジョッキを干すと、「なかみ」を注文する。 なかみというのは焼酎のことね。 で、残ったホッピーをまた注いで飲むわけだ。

値段的には最初のセットが400円前後で、なかみが100円から200円くらい。

これでジョッキ2杯飲めるので、生ビールなどより大分安くすむ。

フォト

なので、酒場放浪記の人なんかがしょっちゅう飲んでみせるわけだ。

フォト フォト

実際、新宿とか新橋はもちろんだけど、今どきは銀座でも六本木でもどこでも大衆的な居酒屋に行くと、だいたいはこの飲料を備えている。

フォト フォト

で、僕やろまさんは愛飲してるんだけど。

正直言って、さほど美味いわけじゃないんでね。 ほかの酒がお安く飲める大阪では注文する発想の外にいってしまうんだよ。

僕らがこのまがい物ビール的な飲料に親しむようになったのはいつ頃からだったかなあ。

この10年かそこらじゃないかと思う。

たぶん、この女の人が父上の経営するホッピービバレッジの役員になって、新機軸の戦略を打ち出し始めたころと相前後する時期だったと思う。

フォト フォト


ちなみにホッピーで割る焼酎はキンミヤということで相場が決まっている。

無味無臭のアルコールそのものみたいな銘柄だ。

フォト フォト


この焼酎という酒も一昔前は縁がなかった。

少なくとも学生時代は飲んだことがなかった。 ビールで乾杯したあとは熱燗を飲む。 2軒目ではウイスキーを飲む。 そういうのがパターンだった。

日本酒といっても銘柄もわからない怪しげなのが多かったし、ウィスキーはサントリーホワイトが主流だったけど。

焼酎というものは、すねかじりのセイガクなんかが手を出すべきものではなくて、もっとこうの人らが呷るものという印象があった。

そういうイメージの形成には、僕らが子供の頃に一世を風靡したこのフォークソングがかなり影響してたんじゃないかと思う。

きょうの 仕事は つらかった〜 あとは 焼酎を あおるだけ〜 ♪

山谷ブルース 岡林信康


https://www.youtube.com/watch?v=yuPyhdzyGlI

フォト フォト

この歌、僕が中学高校の頃もまだまだラジオでよく流れてたからね。

ただ、レコードを手に取ってみたことはなかった。

今チェックしてみて初めて知った。 こういうジャケットだったんだね。

フォト


まあ、山谷という街もかつては東京を象徴する存在だったと思う。

現に昭和40年前後の東京を舞台にする朝ドラでは、出稼ぎに出てきた父ちゃんがここの簡易宿泊所に寝泊まりして建設現場で働いていた。

フォト フォト


山谷ブルースと並んでインパクトがあった作品は、ここを舞台にした漫画だった。 

いわずとしれた「あしたのジョー」。

フォト フォト

今でもこのエリアにはいろんなモニュメントがあるそうだ。

フォト フォト

で、YouTubeでこれのパロディをみつけたよ。

誰だか知らないけど、映像が歌に絶妙にフィットしてるんでさ。

あしたのジョーファンもそうでない人も一回開いてみて。

ハードロック 山谷ブルース


https://www.youtube.com/watch?v=CuyX6EUtybc


この山谷ブルースという曲は、歌詞、旋律ともに多くの人の琴線に触れる作品のようで、いろんなカヴァーが存在する。

この艶歌の人のなんか聴かせるよ。

山谷ブルース 八代亜紀


https://www.youtube.com/watch?v=90VR9jriD4k


最後にもう一曲。まったく違うロックンロールバージョン。

山谷ブルース  ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
 

https://www.youtube.com/watch?v=DHWMIcnl9N8
6 14

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 14:20
    なる程☆
    私の頃は、日本酒はビールの次にコスパ高と意識してましたから、
    焼酎は酔うのに最適だと楽しんでました♪
    何せ自分の周りはビールじゃあまり酔う奴ら居なかったもんで☆

    そんな奴らに一時流行ったのが、
    ブッ殺焼酎とか勝手に名前付けてた、
    カンノコって焼酎(飲みやすかったから)1対4のアクエリアス割りでしたね♪

    文字通り飲みやすく、最初の2杯ぐらい仕掛けると、夢の中へ特急電車が走ります☆

    確かに安い店ばかりだとホッピーは出ないでしょうね☆

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 14:54
    美味しそうですね!(╹◡╹)ビールぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 15:09
    無花果さん

    たぶん時代の違いが大きいんじゃないかと思います。

    僕が学生時代を過ごした70年代においては、薩摩や肥後の人たちとかを除くと、焼酎は山谷ブルース的アルコールという印象が強かったです。

    それが全国区の普通のお酒になったのは、たぶん下町のナポレオンがブームになった辺りからじゃないかなあ。

    ほかでは酎ハイという軟弱なカクテルもこのアルコールが拡大するのに大きな貢献があったと思います。

    無花果さんの学生時代はコンパで酎ハイの一気をやるのが流行りになってたんじゃないですかね。

    一方、ホッピーが流行ったのはもっと後だったと思います。 前から名前だけは知ってましたが、なんだか怪しい飲料という印象がありました。

    それが今は僕も酎ハイやホッピーを常用しているし、宿舎には甲類乙類を合成したやけに安いパック入りの焼酎を常備しています。

    日本酒はめったに飲まなくなりました。 コスパの問題もありますが、二日酔いがきつくなるのが一番の理由です。

    ただ、大阪の居酒屋ではホッピーは飲んだことがないです。

    そりゃノミホー千円なのに飲んでられないですから。 かといって焼酎ロックやワインを飲むとへべれけになるリスクがあるので、そういう処ではもっぱらハイボールを頼むことにしています。

    あれもちょっと前までは出す店は限られてたんですが、サントリーのCMがハマってどこでも見られるカクテルになりました。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 15:28
    奏恵('-^*)/кさん 

    ビールがホッピーを指しているとしたら、実はそれほど美味しいものでもないです。あせあせ(飛び散る汗)

    なんというか黄色のあんまり味がない炭酸飲料をこれまたコクとかそういうのとは無縁の安い焼酎に混ぜて作る飲み物ですので。

    ただ、2杯飲む分にはビールより大分お安いのが僕がこの飲料を居酒屋で注文する主たる理由です。

    なので、ビールでもなんでも飲み放題が当たりまえの大阪の居酒屋では、ニーズが失せてしまうのです。

    でも、東京に戻るとたちまちニーズが復活するというすぐれて東京的な飲み物なのです。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 17:13
    毎回、値段の安さに驚かされますが、呑み食い放題3千円って!
    飲料メーカーの大阪値段があるのかな?土地やテナント代がべらぼうに安いのかな?それとも東京が暴利を貪っている?
    いずれにしても、安く呑めて羨ましい限りです。

    恥ずかしながら、ホッピーは呑んだことありません。
    山谷ブルースが流行って、焼酎が日雇い労働者の呑みもののイメージがあった頃、呑んだのが新宿きくやの酎ハイでした。
    6杯以上は呑ませない、それ以上呑むと危険だからと言う理由でしたが。

    人間の嗜好は誰かの誘導によって、いとも簡単に変えられますね。
    焼酎が一般に浸透し始めたのは、健康というキーワードでした。
    あの臭い呑みものが、日本酒やウィスキーよりも健康にいい。
    生のままより、お湯で割ると臭みも取れて呑みやすい。
    そのうち、サントリーが不味いという噂が流れ出した。リザーブを発売した頃かな。もう樽がなくなっているのにどんどん新しい商品を出した結果だと言う。確かにあの頃、ダルマは不味かった気もする。
    そのうち、下町のナポレオンのネーミングと、あのボトルのスッキリした感じが受けて、焼酎自体が全国区になって行く。
    ウィスキーの長期低落傾向は、テレビ小説「マッサン」まで続く。

    日本酒はねぇ、美味しいんですよね〜。
    でも、美味しすぎるからついつい呑み過ぎて、翌日二日酔いになる、そして後悔する。(^ ^)
    ボクは若い頃口開けはサッポロの黒、その後は日本酒、銘柄は宮城の一の蔵、石川の菊姫、天狗舞などなど。しみじみ美味いなあと思ったのは、新潟の〆張鶴。

    今の家呑みは、2.7リットルのやっすい焼酎ボトルにサワーで割って一杯!
    その後、スコッチ←ここ重要(^ ^)のホワイトホースをロックでグイグイ。
    しかし、今ホワイトホースが安い!通販だと一本千円しないんですから。

    ああ、もうすぐ日が暮れる。
    楽しい酒宴が始まる。(^ ^)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 20:14
    ネネネの寝太郎。さん

    大阪はすごいっすよおexclamation 

    なんか毎回そのての飲みの安さを日記に書いてますが、ポイントはみための値段よりもその内容にあります。

    自分はちょっと前まで東京の居酒屋で飲んでたんですが、異次元に近いですわ。

    その象徴がホッピーという飲み物だと思います。

    僕は去年までこの飲料をしょっちゅう東京の居酒屋で飲んでいたんですが、大阪ではその存在を忘れていました。 

    なので、この日記のタイトルは「東京的な飲み物」なんですわ。

    たしかに人間の嗜好はメディア次第でいともかんたんに変わりますね。

    まあ、それが焼酎とかそういうのだったら罪はないんですが。

    僕の職場には全国紙がみんな置いてあるので、ひるめしどきに全紙めくるんですが。 二つの学園問題なんかすごいっす。

    かたや理事長や文科省の役人が悪い、当事者個人の問題であり知ったこっちゃない。 こなた、忖度が悪い、というか刎頸の友のことで忖度させる方が悪いで。

    全紙ななめ読みすると、けっこうエキサイティングというか、吹きます。

    まあ、吹いてちゃ、いけないんでしょうが。 普通は一家に一紙が当たり前なので、なに新聞を取ってるかで事件の見方はかなり変わってくると思います。

    なんて、脇道にそれ過ぎましたが。

    先輩、すいませんあせあせ(飛び散る汗)ウイスキー問題にマッサンはあんまり関係ないかと。

    むしろ、僕はNHKがウイスキー復権の時流に乗って朝ドラを企画したというひねた見方をしています。 

    じゃあ、なにがほんとのウイスキー復権のきっかけだったかというと、僕はハイボールだったと思ってます。

    サントリーのCMはすごかった。 あれでラーメン博物館なんかにしかなかったレトロな飲料が時流に乗った。

    日本酒はねえ、たしかに美味しいです。 僕の場合は山形の出羽桜なんか好きだなあ。 仙台にいたときよく飲みました。 こう、冷できゅうっとね。

    でも、僕も寝太郎さんに近い域にきてると思います。

    お互い洋の東西を問わずいろんな銘酒に邂逅してきて、それらはもちろん美味だったけど。 今やそういうのをかなり解脱して、別に安いのでいいじゃん、というか安いのが一番いいというところまでこれたのかなと。

    僕は今は豚肉生姜焼きをフライパンで調理して、一本300円台のワインと一緒に賞味したとこです。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月27日 21:37
    ホッピーは、私が大学生の時、70年代の終わりに
    酒好きで金がない奴がやはり裏通りの安い店で
    良く飲んでいましたよ。

    私も飲んだことはありますが、
    その時、もう焼酎で割ったモノをそのまま
    出していたように記憶しています。
    で、その後、しばらくホッピーという言葉は聞かず、
    この10数年、21世紀になってから復活したように
    思います。
    ホッピーの中と外とか言って、その調合の割合が
    どうのこうのと言っていますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月28日 02:36
    まだかけだしだった頃、この石渡さんのところに、仕事で通っていました。
    当時は、商品名を会社名にしていない時期で、美奈さんという方は存じ上げないのですが、この方のおばあさまにはよくしてもらいました。ホッピーはその頃覚えて、20代の頃はよく飲みましたが、寿司屋に通う頃から遠ざかりましたね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月28日 05:52
    蟹座さん

    やあ、大学時代にホッピーをたしなんでましたか。

    それはなにげにすごいです。 僕は同じ70年代の終わりの学生時代は、ホッピーどころか焼酎自体と縁がなかったです。  

    酒好きで金がなくて裏通りの安い店によくいってたということでは、蟹座さんのお友達と同じだったんですが。

    ゼミが終わったりなんだりして仲間と馴染みの裏通りの店に寄って注文したのは、常温のコップ酒でした。

    あの当時は焼酎という酒は、九州男児以外の学生やサラリーマンにはあんまり浸透してなかった印象が強いです。 少なくとも僕の周りではそうでした。 

    同じような蒸留酒では、マイルドウオッカ樹氷なんてのが流行ってました。 あとはなんといってもホワイトでした。 そういうことではサントリーは強かった。

    ホッピーはそうですね、21世紀になってから急に一般的になった印象が強いです。 まず、下町のナポレオンや酎ハイブームがあって、焼酎がごく一般的になっていた。 そこに宣伝攻勢を仕掛けたホッピービバレッジという会社はなかなかやるなあという感じです。

    それにしてもあれですね、これは僕にとっての東京的な飲み物なんですが。

    蟹座さんにしたら、とんでもないexclamationということじゃないかと思います。

    今度はぜひそちらの日記で、蟹座さんにとっての東京的な飲み物をテーマにしてください。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月28日 06:18
    まあちゃんのパパさん 

    やあ、それはそれは。 あそこはたぶん典型的なオーナー会社なんじゃないかな。

    そこで一族の人に食い込めたら、大きかったでしょうねえ。

    今や時の人になっている石渡奈美3代目社長は、まだ40そこそこのようなので、その当時は小学生かなんかだったんじゃないかと思います。

    梅酒のチョーヤなんかもそうですが、サントリーやキリンみたいな大企業の間隙をついて、一点突破で特定のジャンルに確固たる基盤を築いた手並みはすごいなあと思います。

    それにしても、20代の頃にホッピーをよく飲んでましたか。

    同世代の蟹座さんはその前の学生時代に飲んでたというし。

    僕はやけに遅れていたのを痛感しました。

    寿司屋にはたしかにホッピーは向かないですね。 まあ、焼酎のロックやお湯割りだったら、寿司にも合うとは思いますが。 やっぱりビールの後はポン酒にしたいところです。

    それにしても、今はホッピーの全盛期ですが。 

    若いころのホッピーマイナー期には愛飲していたまあちゃんのパパさんは、見向きもしないわけですね。 

    やるなあ。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月28日 12:27
    僕は酒類はかなりの種類を飲んできましたが、ホッピーは1,2度しか経験ありません。
    なしごれんさんの言われるようにどっちかと言えば安くて酔えればよいって感じの酒だと思いました。

    最近はビールと言えば家ではギネスの缶ビールかハーフ&ハーフで飲むケースが多いかな。

    去年の8月近所にクラフトビールと軽食の店ができて軽い甘口のビールが受けて比較的若い人が入ってます。
    最初クラフトビールということで入店したらエール系のビールで僕には甘すぎるのちょっと僕には無理でした。
    結婚した時から家ではビールだけにしました。家では昭和50年代中盤からずっとえびすビールだったので平成6年に三重県津に単身赴任した時も小さなできたばかりの居酒屋にエビスビールをメニューに入れてもらいました。

    最近の飲み口の良い焼酎が多い中昔から飲み続けてる人に言わせるとやはり薩摩白波が一番だと。
    昨日もカラオケオフで黒霧島を持ってきた人がいたのでずいぶん飲みやすいですね。
    最近の酎ハイもそうですが、ジュースみたいなものが多く、全体的にチープな種類が増えるのも学生の急性アルコール中毒の原因になるのでは。
    もし仮に安いとしても、スイートなカクテルはがぶ飲みするものではないですからね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年05月28日 13:31
    十九淵 寅平さん

    十九淵さんがホッピーを好まれないのはよくわかります。

    どっちかと言えばというよりは、有体に安いのだけが魅力の飲料ですので。

    ビールもハマるといろいろありますよね。 かくいう僕も若かりし頃はいっぱしに飲み比べをしていました。

    その中でこれはと思ったのは、ベルギーのシメイという銘柄でした。

    ギネスと同じで冷やさずに常温で飲むビールです。 ビールというよりはワインに近くてアルコール度数も半端じゃないです。

    当時は普通の酒屋にはあんまり置いてなくて、明治屋とかにたまに入荷される感じでした。

    日本もかつてのキリンやアサヒのようなメジャーの支配体制が崩れてきてて、独立系の工房がけっこうのしてきてますね。

    おっしゃるように若い人が原動力になっている感じがします。

    ヤッホーブルーイングなんかは、その代表格だと思います。

    僕はこの日記の最初にコメントを入れてくれた無花果さんに教えてもらって知りました。 長野の地ビールメーカーなんですが、ローソンとタイアップして急成長しています。

    よなよなエール、水曜日の猫、ビリケンビールなんていう冗談みたいなネーミングの銘柄を次々にヒットさせています。

    十九淵さんの場合は甘い系は苦手のようなので、同社のものにでしたら「インドの青鬼」をお勧めします。 アルコール度数7度の気合いの入った銘柄です。

    焼酎の方は僕はしょっちゅう飲んではいますが、まあ、どれもさほど変わらないかなというのが正直なところです。

    でも、宮崎の「百年の孤独」だけは、なにこれ、すげえexclamationという感じでした。

    酎ハイもよく飲んでますが、まあ、酒というよりは健康飲料的な感じですね。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月02日 17:30
    ご存知のとおり、6月1日から安売ビールに規制がかかり、酒税は下がるのにスーパーや大手酒販店の小売価格は上がるという不思議な現象が起きてます。
    それが飲みホーにどう影響するか、ですね。
    もしかしたら大阪にホッピーが普及するかも。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年06月02日 20:02
    ろまさん

    やあ、これはこれは、ホッピ−仲間よ。

    今、そのホッピーが待つ東京行きの新幹線の車中です。

    う〜ん、ビ−ルの値段体系が変わっても大阪居酒屋の値段体系は微動だにしないんじゃないかなあ。

    僕らが20代に大阪で一緒した頃は大人飲み初体験だったので、比較対象を持ち合わせてなかった。

    一方、そこから東京に戻ったときはなにしろバブル真っ只中だったので、ワンアンドオンリーな時代だった。

    それから幾星霜を経て、ホッピ−や焼酎にまみれた東京から大阪に移ってみると、そこには異次元空間が広がっていたというのが実感なのだよお。

    とはいえ、久々の東京の酒も恋しいのでこの週末はよろしくexclamation^^

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する