mixiユーザー(id:17610207)

2017年02月25日19:11

337 view

男だけと女だけの世界

1週間前の日曜日、ヲタ仲間の巨乳派とまたしても映画館に繰り出した。

TOHOシネマズ梅田で待望のこれが掛かってたんでね。

フォト


言わずと知れた伊藤計劃の代表作の映画化作品だ。 といっても、この夭折した作家をご存じない方もいると思う。

「虐殺器官」の凄みを知ってもらうには、文庫本の帯にある錚々たるメンツ、伊坂幸太郎や宮部みゆきの寸評を読んでもらうのが手っ取り早い。 これね。

フォト

僕も彼が没してからこの文庫本を読んで衝撃を受けた。2011年6月のことだ。

なんでそんな年月までわかるかというと、例によってmixi日記を書いたから。

ちょっとだけ抜粋すると、こんな感じだった。

2011年6月の日記 「凄い作家、伊藤計劃」より
伊藤計劃(けいかく)という作家をご存知ですか。
1974年生、2009年没。 享年34歳。 小説執筆活動は晩年の2年だけ。 
その2年の間に凄い小説を2作世に送り出した。 
正確には3作かな。 オリジナルの2作の他にゲームのノベライズ「METAL GEAR SOLID GUNS OF THE PATRIOTS」を上梓している。 僕はゲーム関係は疎くて、メタルギアも門外漢だけど。 今週、オリジナルの長編小説2作を読んだ。これが二つとも凄かった。
「虐殺器官」    早川文庫   2007年6月単行本として刊行
「ハーモニー」   早川文庫   2008年12月単行本として刊行

虐殺器官そのものも同じ日記をうんときりつめて紹介するとこんな感じ。

舞台は近未来。 主人公は米国人クラヴィス・シェパード大尉。 シェパードはデルタフォースっぽい軍の凄腕。 彼のターゲットは”ジョン・ポール”と名乗る人物。 ジョン・ポールは世界中の発展途上国を渡り歩く米国人。 彼が現れた国では必ず内戦が起こり、自国民の虐殺が始まる。 果たして、ジョン・ポールとはいかなる人物なのか。 何故、彼が訪れた国では大量虐殺が起きるのか。

まあ、こんな話です。 これだけだと、なんかねえ、ふうん、そおっていなされちゃいそうだけど。 ちょっと待って。そもそも、この種の国際謀略小説をきちんと書けた作家がかつて日本にいただろうか。いないね、僕が知る限りは。落合信彦辺りにもうちっとだけでも文才があればねえ。
 
「虐殺器官」の凄いところをいくつかあげると。
まずはその世界観と構成力。 この小説はSF小説に分類されているけど。 あくまで今の現実の延長線上の世界をフィクションとして描いている。 で、その構成がやけに緻密なんだ。 こういうのって、漫画やアニメの世界ではときおり見かけるけど、小説界では希有な例だと思う。

それと表現力。 この作品は一人称の小説。 主人公のシェパード大尉はなんと”ぼく”という一人称で語っちゃうんだよ。 で、”ぼく”という一人称が表わす通りの繊細な感情の持ち主なんだ。 一方で、舞台は”虐殺器官”のタイトル通りの凄惨な世界。 しかも、”ぼく”はその道のエキスパート。 この”ぼく”というナイーブな世界と”虐殺器官”のハードな世界を破綻なく両立させる表現力は半端じゃないと思うよ。

ちなみに、本作に日本人は登場しない。 普通はね、なんか必ず出てくるじゃないですか、日系人とかなにか。 この手の世界をまたにかけた話を日本人が書くと。 ”虐殺器官”にはそういうとってつけたような”日本人”は一切出てこない。 すっきりしてる。


ちっと長かったかもしれないけど、以上が伊藤計劃を初めて読んで興奮した当時の僕の感想です。

それがアニメ化されるという。 見ねば!でしょう。

で、アニメを愛する仲間に付き合ってもらって映画館に赴いたわけだ。

上映館はTOHO本体でなく、わきっちょにある別館だった。 なんか虐げられてるなという感否めずだったけど、狭い館内は熱心なファン、若者たちで満員だったよ。

フォト フォト


見終わった感想は。。。

巨乳派は満足。 僕もそれなりに満足はしたんだけど、それでもこうパンチ力が今一つとゆう感じだった。

それは伊藤計劃の原作を読んだことのない彼とゾッコンの僕の違いに起因すると思う。

僕の場合、原作にベタ惚れな分、期待がでかかったんでねえ。 せっかく映像化してくれたスタッフの皆さんには申し訳ないけど。


あと、もう一つはもしかしたらアニメファン特有の心理が作用したかもしれない。

なにかというと、女性キャラがイマイチだった。

いや、虐殺器官にはこういう美女が大事な役回りで登場するんだけど。

フォト

一言でいうと、萌えなかったんだよ。

この萌えという要素はアニメにとっては極めて重要なんだ。

巨乳派はそのニックネームの通り、女子キャラに対する感性が豊かで、たとえその部位が大きくなくとも萌え力が強いので満足できたのかもしれないけど。

僕はどうも彼女ルツィア・シュクロウポヴァが平板なキャラに映っちゃってねえ。

その点、同じ伊藤計劃の作品でも、「ハーモニー」はなにしろ女子の世界を描いていたので、アニメ化に適していたと思う。

フォト フォト


実際、アニメの世界は他のジャンルに比べて圧倒的に女子の魅力が成否を左右する。

それどころか、女子だけしか登場しない作品を臆面もなく作る。

今期放映中のものでも、スクストはやけに似たようなタイプの女子をわんさか出してくるのに男は影もかけらもない。

フォト フォト

けものフレンズも然りだ。

フォト フォト

ガヴリールや鎌チャリは、しょうもないワキにちょこっと男が出てくるけど、これらも基本は女子力だけでもたせてる。

フォト フォト

ちょっと古いところでは、朝野を揺るがせた大ヒット作のけいおん!もJKとその妹たちだけの話だった。

フォト


こういうのは、なかなか実写映画の世界では難しいと思う。

アニメの場合はね、これは女の子だけの世界なんです、男はいらないんですという都合のよいお約束があっけらかんと成り立っちゃって、誰もそれに違和感を持たないどころか。

ファンもいいじゃん、そっちの方がいいじゃんになるというお得な世界なわけだ。


一方、洋画の世界では、舞台に出てくるのは女だけというのはまだ登場してないと思うけど。 男だけの世界というのはけっこうある。

代表的なのは「大脱走」だ。

マックイーン、コバーン、ブロンソン、ガーナー、アッテンボロー、マッカラムetc.

その他大勢も含めて見事なまでに野郎だけで成り立っていた。

それでもむさくならなかったのは、内容はけっこうシビアなんだけど、男同士でゲームに興じているスポーツライクな爽快感が流れていたからだと思う。

フォト フォト


潜水艦ものも、舞台の性格上男だけの物語になりやすい。

「クリムゾン・タイド」は渋かった。

フォト フォト

ドイツにも「Uボート」という傑作がある。

フォト フォト


あと、ちょっと意外なのが英国の「アラビアのロレンス」。

意外というのは、大分前に似たようなテーマの日記をアップしたとき、とあるマイミクさんから指摘されて、なるほどそういえばと思ったことがあるので。

たしかにこの長尺ものは終始男だけで構成されていたように思う。

フォト フォト


これに対して、邦画には僕が知る限り男だけというのは見当たらない。

戦争ものでもヤクザものでも時代劇でもなんでも、女性を出さないのはいかんという哲学があるような気がする。

別に日本の男がフェミニストだからじゃなくて、むしろ名前が通った女優を本筋には関係ない刺身のツマみたいな役で出演させてるケースが多いように思うけど。

とにかく、必ず女優を出す。

典型的なのが「日本の一番長い日」だ。 最近のでなく、岡本喜八版ね。

これには当時の東宝系人気男優のあらかたが出演した。

三船敏郎、笠智衆、宮口精二、山村聰、志村喬、黒沢年男、高橋悦史、加山雄三、神山繁、高田稔、浜村純エトセトラ、エトセトラにナレーターが仲代達矢。 さらに特撮系からも、主役級の中丸忠雄を筆頭に平田昭彦、久保明、土屋嘉男ら。

で、喜八さんがこれらを縦横無尽に使いこなして傑作に仕上げたんだけど。

ほんの数秒出てくるだけの役に新玉美千代を起用する必然性はなかったんじゃないかなあと思った。

フォト フォト


この終戦の話と好対照の開戦の話を描いたハリウッドの「トラ・トラ・トラ!」では、舛田利雄・深作欣二が共同で仕上げた日本サイドの物語は女優抜きだったと思う。

フォト フォト


もちろん、ハリウッドも戦争ものみたいな特殊な物語でない限り女優を出すけどね。

ヘミングウェイの「男だけの世界」の中の一遍の後日譚を描いた「殺人者たち」にも、アンジー・ディキンソンなんていうはくいブロンドグラマーを出してたし。

フォト フォト


この世は男と女だけで成り立ってるので、両方とも等分に出てくる物語が普通なのであって、どっちかだけというのはよほどうまく作らないとあんばいがよくなくなる。

男だけをときたま出す洋画もあるけど。

アニメは女子だけでも違和感を持たせない稀有な世界だと思う。ファンとしては。^^
9 16

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月25日 19:21
    最近のアニメは、女の人しか出ないことにとても違和感を感じます。
    男女の恋愛が書けない作品は薄っぺらいものになる。
    あと父親も出ないという事なので、家族ものも書けない。
    作者はどう考えているのか直談判してみたいものだ。


    それと、これは最近のマンガにも言えるのであるが、女性キャラは目が大きく萌え傾向なのだが、なぜか男性はたとえ主人公であれ目が小さい。私は、女尊男卑としか思えない。

    なので男女とも眼が大きいイラストに私は安心感を持てます。

    個人的には昭和時代のアニメが良かった。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月25日 19:43
    そういえば、本筋に関係ないところでもいいから、日本映画は女優が出てきますね。工藤栄一や岡本喜八でさえ、男の映画に女優の名前がちらほらします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月25日 19:52
    K.Sさん

    なははあせあせ(飛び散る汗)まあこれは好きずきかと思います。

    ただ、今回はいわゆる萌え系をクローズアップしましたが、現代のアニメは多種多様で、色んな分野を開拓しています。

    「虐殺器官」なんかその最先端ですし。 

    テレビで放映中の今期作も、「昭和元禄落語心中」や「3月のライオン」みたいな格調のある作品や、「ACCA13区監察課」のようなスタイリッシュな作品、「鬼平」のような古典に題材をとったものまでいろいろあります。

    ので、たまにご覧になってみると、気に入る作品に出会えるかもです。

    ただ、女子は皆美人で男は主人公でも目が小さいというのは、K.Sさんがおっしゃる意味の男への差別とは違う意味で男尊女卑の気味はあると思います。

    もっとも、男尊女卑という点では。。。

    僕は昭和のアニメも大好きですが、あっちの方が物語そのものが女子が添え物扱いが多かったようには思います。

    巨人の星の明子ねえちゃんとか。^^;
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月25日 20:02
    > mixiユーザー 
    最近のアニメは、完全に子供向けがほとんどないですね。
    わずかにNHKで少年アシベがあるくらいで。(個人的には結構好きです)
    子供向けアニメだと、男の子の眼は大きく描かれていることが結構あるのです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月25日 20:09
    まあちゃんのパパさん

    でしょ、でしょ!

    女優が必ず出てくるでしょう。

    これは僕の日本映画に関する持論でして、邦画には食事のシーンと女優が必ず出てくるのです。 

    まあ、本筋にのっとってるならよいんですが。 なんかどうでもいい役にネームのある女優を出す傾向が昔からあるように思えてなりません。

    ちなみに女優は刺身のツマという表現は僕が考え付いたことではなくて、浅丘ルリ子が「私の履歴書」の中ででかつて自分が出演した日活映画を指して言ったことです。

    彼女は「憎いあんちくしょう」で初めて真の主役を張れたとしてしていました。

    ついでに監督の蔵原惟繕と恋仲になったことまで明かしちゃってましたが。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月25日 22:38
    K.Sさん 

    それはたしかにそういう面はあると思います。

    たぶん1970年代の終わりから80年代初めがその分水嶺だったと思います。

    子供というのは小学生以下で、大人が中学生以上だとするとハッキリします。

    あの頃流行ったヤマトやガンダムは中学生以上をターゲットにしてたので。

    その前に出たルパン三世第一期はもっと大人をターゲットにして見事にコケてしまい、再放送で再評価されました。

    僕なんかはそれだけアニメという表現手段が高度になったと思っています。 かつての子供しか見ないテレビ漫画が80年代以降アニメと呼ばれるようになりサブカルの中核になり、今はもっとメジャーになりつつあると。 

    それは「虐殺器官」が象徴するように、少なくとも日本の映画界では実写は無理な作品もアニメなら映像化できる。 一方で、「攻殻機動隊」のようにハリウッドが日本のアニメを実写化するようになってる。

    ただ、子供向けアニメも今でも有力なジャンルを占めているとは思いますよ。

    ドラえもんがそうだし、ドラゴンボール、ポケモン、忍たま乱太郎の系列です。 

    まあ、僕はこの系列は疎いんですけどね。

    ちなみに少年アシベの原作者、森下裕美の「大阪ハムレット」は一読の価値ありです。 あれをアニメ化したら、完璧に大人向けになるでしょうが。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月25日 23:06
    >彼が現れた国では必ず内戦が起こり、自国民の虐殺が始まる。
    実際に、19世紀の末ころでは、なんとかいう秘密結社が
    アジアで行脚し、そんなことをしていたように聞きます。
    辛うじて内乱まで行かなかったのが日本くらいで。

    >洋画の世界では、舞台に出てくるのは女だけという
    女の子ばっかり出てくる映画は、昔、何気なく見た
    フランスの、その名も「ガールズ」という青春モノがそうだったかな?
    まぁ全く男が出てこないとまでは言えなかったけれど。

    http://movies.yahoo.co.jp/movie/%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%BA/4108/story/

    戦争モノはやはり、男だけの世界ですね。
    デヴィッド・ボウイや坂本龍一、たけしがでた「戦場のメリークリスマス」

    ちばあきらの野球漫画「キャプテン」もアニメになりましたか?
    あの漫画、女性は谷口のお母さんくらいしか出てこなかったし(苦笑)。

    兄貴のちばてつやの「俺は鉄兵」の
    王臨学園編は男子校だから、男ばっかり、
    いや医務室の綺麗な女医さんがいたかな?

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月25日 23:56
    蟹座さん

    なるほどねえ。 虐殺器官のことはネタバレになるので詳しくは書けませんが。

    動機としては、紹介してもらった秘密結社と似たようなものかもしれません。

    19世紀の帝国主義列強がアジアやアフリカやラ米でやったことはねえ。 非道かったです。 まあ、大日本帝国も非道かったと思いますが。

    この辺はやられた方の例えば中国の反応を見てると、やった方の日本と英国のプロパガンダの巧拙に差が出てるのかと思わざるを得ません。非道い言い方ですが。

    ガールズという映画は見たことがありませんが。

    貼っていただいたサイトの解説、「現代のパリを舞台に4人の少女たちの様々な恋愛を通し、彼女たちの友情やその成長を繊細なタッチで描いてゆく」を見ると。

    一応、少女たちの相手方の男たちも登場してセリフもあったのかなと。

    僕があげたアニメの諸作品は完璧に女しか出てこないんです。

    あるいは「大脱走」や「アラビアのロレンス」などの男だけの洋画も、背景に婦女子が映るシーンはありますが、意味のあるセリフはゼロでまさに背景なんです。 

    そこが大きな違いだと思います。

    「俺は鉄兵」はたしか鉄兵の姉貴たちがけっこう出てきてませんでしたっけ。 だと、男だけの世界とは言えません。

    今の萌え系アニメみたいに実社会を無視して男なしの世界をあっけらかんと出してきたのは、わりかし最近の傾向かと思います。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月26日 00:00
    蟹座さん

    一つ、昭和の傑作を思い出しました。

    鉄人28号です。

    あれはまさに男だけの世界でした。^^ 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月26日 08:57
    岡本喜八版「日本のいちばん長い日」の新珠三千代は唐突と言えば唐突ですね。でも、家族がいるんだの厚みにはなった様な。なってないか?(^.^)

    ヤクザ映画のチンピラは、青春真っ只中なのでどうしても色恋が絡み、恋愛と言うより性愛そのものみたいな場面が、お約束の様に出て来る。
    このおかずみたいな部分が厚みでしょう。

    今まで男と女の対立、葛藤でドラマは出来ていたのに、女だけでドラマを成立させるってアニメは凄いですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月26日 09:52
    ネネネの寝太郎。さん 

    なるほど、たしかに鈴木貫太郎にも家族はいましたからねえ。

    でも、まてよ、新珠美千代が奥さんだと年齢的につり合いがとれないなと思ってチェックしてみたら。

    彼女の役は鈴木家の女中さんでした。

    まあ、あの映画は名だたる男優がチョイ役で列をなしていたし、手袋と帽子しか出てこない天皇役に松本幸四郎を担ぎ出したりしてたので。

    女中さんも立派な役ではあるんですが。 新珠美千代ねえ。。。^^;

    ヤクザ映画は男の世界ですが、男の世界を強調するためには女も必要なのかもしれません。

    その第一人者の深作欣二を敬愛するクエンティン・タランティーノのデビュー作「レザボアドッグス」は男優しか出てこない、この作品に女優はいらないというポリシーを貫いてました。

    この辺が日米の映画作りのメンタリティの違いかなと。

    と書きつつ、邦画の傑作を思い出しました。

    「櫻の園」です。 あれは女優(それも新人中心)だけで成立していました。

    中島ひろ子、つみきみほ、白島靖代、宮澤美保、佐藤友紀、etc.

    僕はあれを漫画の実写化の最高傑作だと思ってるんですが。 女だけの映画ということでも邦画の金字塔だったということに今気がつきました。

    中原俊、えらい! 後に自分でリメイクした版はダメダメだったそうですが。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月26日 10:48
    ネネネの寝太郎。さん

    追伸です。

    蟹座さんがあげてくれた「戦場のメリークリスマス」は男だけの映画でした。

    今、巨乳派からも同様の感想をメールでもらいました。

    僕は未見なんですが、「御法度」も男だけの映画なんじゃないですかね。題材的にたぶん。

    大島渚もえらい! (なんのこっちゃ) ^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月26日 14:28
    なしごれんさんゴルフぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

    こんにちは!

    アラビアのロレンス…なんだか、小さい頃お父さんに観さされたかも、、、なんて記憶があります。あとは、タイタンの戦いとか、、、

    有名ですよね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月26日 14:49
    奏恵('-^*)/кさん 

    やあ、アラビアのロレンスを小さいころにですか。

    それはストーリーもなにもわからなかったでしょうねえ。

    でも、お父さんと一緒に映画館にいった記憶がおぼろげに残っているという雰囲気はよくわかります。

    僕の場合は小さいころに親父に連れてってもらった映画が二つ、きわめて鮮明に記憶にあります。

    一つは「モスラ対ゴジラ」でして、これはもう大興奮でした。

    もう一つは「マタンゴ」でして、これはもう大恐怖でした。

    二つとも東宝作品で日本の特撮の父、円谷英二の手によるものでした。

    「タイタンの逆襲」は米国の特撮の父レイ・ハリータウンゼンの手によるものですね。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月26日 16:21
    > mixiユーザー 新珠三千代は、お手伝いさんの役でしたか?
    でも、家族ではなくとも家を感じさせる存在として必要だったかも←あくまで強弁!(^.^)

    大島渚の「御法度」は確かに男だらけだった気がします。
    「戦メリ」もそうでしたね。
    そうやって戦争モノを辿って行くと、大岡昇平、市川崑の「野火」も男だらけの気がします。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年02月26日 16:42
    ネネネの寝太郎。さん

    気になってwikiでチェックしてみたら、長〜い配役の列の中でこう記されていました。

    原百合子(鈴木首相私邸女中) - 新珠三千代

    たしかに彼女、家を代表するように毅然としてましたね。

    狂気の警備隊大尉殿に首相はどこだあ!と怒鳴りつけられても、正座の背筋をピンと伸ばしたまま微動だにさせなかった姿をなんとなく覚えています。 

    「御法度」はやっぱりそうですか。

    松田龍平の美少年ぶりが評判になった映画ですよね。 ビートたけしが土方歳三を演ったんじゃなかったかな。

    うはあ、市川崑の「野火」かあ。 僕はつらくなりそうだったので、あれも見てないんですが。。。 たしかに女優の出る幕はなさそうだなあ。

    塚本晋也版も同じ理由で見てないんですが。 あれも男だけの世界だったんじゃないかと思います。

    しかも凄惨なシーンをもろに出したんじゃないかなあ、塚本晋也だけに。

    さっきはえらそうに日米の映画作りのメンタリティの違いなんてほざいてしまいましたが。 前言を撤回します。

    むしろ、櫻の園で女だけの映画まで世界に先駆けて作ってるし。

    邦画、おそるべし!^^

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する