mixiユーザー(id:17610207)

2017年01月21日18:00

233 view

雪中、女たちの闘い

今日はまったりした土曜日、日記日和だったんだけど。 今週はあんまり書くことがなかった。

強いて言えば、今年は飲み会がない日は休肝日にする!なるべくは。。。と決めて実行し始めたことくらいだ。

やっぱね、独り暮らしというのはどうしてもね、せっかくまっすぐ帰っても、テレビを眺めながらだらだら飲んでしまいがちなので。

幸いこの半年間は大過なく過ごしてきたけど、いったんなんかあったら大都会の孤独状態になっちゃうからねえ。 健康第一!


なので、今日もノンアルコール飲料だけで過ごしている。

今週は日、火、木と3回飲んだ。

木曜日は東京から偉いさんが来たので、囲む会をやった。

で、あんじょうよく盛り上げてお見送りしてから、僕らだけで二次会をやった。

そこでは漫画話で盛り上がった。

若い女子とは「海街diary 」、年配のおっさんとは「男組」のことで意気投合した。

僕はその中で最年長だったんだけどさ。

大抵の人は人生のどこかの時期になんかの漫画を好きになった体験がある。

で、僕は今の月刊フラワーズと1970年代の少年サンデーの連載ものをどっちも熱く語れるのが持ち味なので、害のない酒の席の話題に事欠かないわけだ。

フォト  フォト


しかし火曜日に開催された飲み会では、僕は最年少、どころかみそっかすの身だったので、先輩方の歓談をおとなしく拝聴する心持ちに終始した。

いつぞや日記のテーマにした60代のオヤジの会がまたあって、またしてもゲスト参加させてもらったんでね。

皆さん、役職定年の後、職人芸を見込まれて職場に残った人たちなんでさ。

酸いも甘いも噛み分けた枯淡の味わいがあってねえ。

お孫さんの自慢話が中心のその場では、海街diary も男組も出番なしだったわけだ。

そういうオヤジたちの集まりだったので、酒はポン酒に決まってる。

いちばん目利きのできるおやっさんがその晩選んだ銘柄はこれだった。

佐渡の銘酒「北雪(ホクセツ)」、純米大吟醸の一升瓶。

フォト

美味かった。 枡に入れたグラスになみなみ注いで、グラスに口を近づけてつつっとすすって。

枡に溢れたのをぐいっとあおる。 たまらんわ


で、北雪といえば、なにしろこのところ雪の日が多くて、関西も降る所はかなり降ったんでね。

電車の渋滞やら雪かきやらなんやらの苦労話をしてる中で、あれは大変やったろうなあと皆の意見が一致したのは、雪中の女の闘いだった。

皇后盃 全国都道府県対抗女子駅伝競走大会

フォト

今週日曜日のお昼12時半スタート。

皆さんは見た? 僕は見たよ。 で、今年のスポーツ中継では初めて熱中した。


年明けの駅伝レースというとお正月の箱根駅伝が定番で、僕も帰省中だったのでテレビをちら見はしたけど。 ぜんぜん興味がわかなかった。

だってあれは箱根より東の学校だけが出場するローカル大会に過ぎない。 

それがあれだけ盛り上がって皆が感動しちゃうのは、日テレの番組作り、あの手この手で感動エピソードを繰り出す戦術が巧みだからじゃないか。

その辺はこの道のプロだったネネネの寝太郎。さんがご自分の日記で喝破した通りだと思う。


一方、京都女子駅伝の方はさ。

正式名称の通り正真正銘の全国大会だ。

しかも、なんといっても女子だ。 画面に映える。 こんな娘もちらほらいる。

フォト  フォト

しかも、女子中学生(JC)、女子高生(JK)、女子大生(JD)、女子実業団員(OL?)と、よりどりみどりだ。

これはもう箱根の比じゃないと思うわけだ。


しかもですねえ、僕はこの大会を現地で何回も目の当たりにしてるんだよ。

というのも、10数年前の40代で京都に単身赴任してたときの宿舎が通りをはさんだ御所の向かいのマンションでね。

その通りがまさに女子駅伝のコースそのものだったんだよ。

僕は当時ジョギングに凝っていて、ハーフ大会なんかにも出てたんでさ。

そりゃあ、当然見物に出たわけだ。

自分の住まいの横の通りで人の列に並んで皆と一緒に応援したよ。

いやあ、早いのなんの。 

選手と一緒に移動する車のテレビカメラからの中継ではなかなか実感できないけど。

現地の歩道から見てると、シュパッと一瞬で駆け抜けてっちゃうんだよ、彼女ら。


で、まあ、そういう懐かしさもあって、テレビのスイッチをつけたわけだ。

日曜日は前回の日記に書いたように、仲間の巨乳派と梅田の映画館で「傷物語」を鑑賞しようと約束してたので、レース全部は見れないだろうと思ってはいたんだけどね。

フォト


見てるうちにどんどん引き込まれた。

駆けてくる仲間に手を振ってぴょんぴょん跳ねながらたすきを待つ姿、たすきを受け取って駆け出す姿とか、躍動感そのものでねえ。

フォト  フォト


そうこうするうちに、あれは4区だったかなあ。

長崎のJKが後方から追い上げてきて、JK、JDを7〜8人ごぼう抜きしてトップに立つという快挙をやってくれてさ。

アナウンサーも解説者もこれはすごい高校生が現れました!でね。

もちろんNHKなので、品のない絶叫はなかったけど、それだけにかえって説得力があってさ。 

僕も見入ってしまった。

フォト


さらにすごかったのが雪。 途中からこんな様相になっちゃってね。

フォト  フォト


マラソンというのは、相手の背を見つめ続けて追いつけるように走る。 後ろを見て、追いつかれないように走る。 そういう作動が不能な状態になっちゃったんだよ。

それでも女子たちは走る、走る。


コースは全部で9区に分かれている。 どの区もJK、JDが主体のように見えた。

で、レースは団子状態の接戦になった。

アンカーの9区にはどの都道府県もエースのOLを配している。

いずれ劣らぬ強豪揃い。

トップから30秒以内でたすきを渡してくれれば獲る!と豪語するツワモノもいる。

そのアンカーの前の8区はJCたちのゾーンだった。

中学生たちがレースのカギを握る展開。


僕はこの辺りで決心した。 待ち合わせ時刻に多少遅れても、最後まで見る!

で、巨乳派にその旨メールした。

彼もレースをテレビ観戦してるんだけど、僕より遠隔地なのでそろそろ出ないと間に合わない。 

で、了解、映画館でレースの結果を教えてくれという返信をくれた。


で、僕はJCたちの熱戦を見続けた。

幸い8区は雪がやんでいた。

女子中学生たちの激闘を制したのは千葉と京都だった。 

特に京都のJCが何人かかわして1位の千葉とほぼ同率まで追い上げた。 

で、OLのお姉さんにたすきを渡した。

その千葉、京都のすぐ後に岡山、長崎、神奈川ら6チームがほぼ横一線で続くというまれにみる大接戦。

で、アンカーのOL勝負。 10kmの長丁場。 京都が千葉をかわして独走体制に入ったかに見えて。 岡山がぐんぐん差を縮める。 最後のトラック勝負。 岡山が京都に迫る。 沸き起こる大歓声。

最後は京都が辛くも逃げ切って、大会を制したのだった。

フォト


ということで、見応えがあったよ。


最後は明治時代の軍歌で締める。

大山巌元帥が病床についてなお臨終の最後までこの歌を聴いていたという逸話があるそうだ。

いや、僕はこの軍歌を発掘したガルパンというアニメが大好きなんだけどさ。

この大雪の中で太もも丸出しってのは、いくらなんでもちょっとと思ってたんだよ。

それが実際太もも丸出しで雪の中を駆けていく女子たちを目の当たりにしたので、案外ありなのかもと思ったもんだから。

雪の進軍 作詞作曲:永井建子(陸軍軍楽隊第6代隊長) 歌:あんこうチーム(大洗女子学園)



https://www.youtube.com/watch?v=KpPFObOh-5Y

フォト  フォト   
11 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年01月21日 22:26
    女子駅伝、雪の中を走る姿をニュースで見て、あっ!失敗したなあと思いました。

    一時期、男子でも女子でもマラソンと駅伝は欠かさず見てたのに、弱くなると一気に興味がなくなりますねえ。笑。
    男子なんてもう現役の選手は殆ど知りません。

    女子は鈴木博美、有森裕子、高橋尚子、野口みずき、渋井陽子、福士加代子まで、もちろん解説の増田明美は知ってますが。

    本文に書いてる通り、たまにオッと思う美形の女子を見つけるのも女子駅伝の楽しみですよねえ。

    最後まで迫った岡山は天満屋の選手ですかねえ。
    天満屋は山口衛里、森本友。美形が多くてファンです。笑。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年01月21日 22:30
    あの駅伝、雪のシーンはしびれました。京都は地元だけれど強いですね。
    純米大吟醸、めったに飲めません。だからいつも飲むのは純米吟醸。とにかく純米はうまいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年01月21日 22:35
    >「男組」
    少年サンデー1974年〜79年の連載ですが、
    始まった時、私は少年雑誌を読んでいない時でした。
    77年〜80年頃は、同誌を読んでいて、ちらっと見たことありますが、
    物語の始まりが分からんのでスルーしていました。「ズウ」もそうだな。
    その時は「ガンバレ元気」と「サバイバル」あと「おやこ刑事」あたりが
    お目当てで。
    でも「男組」単行本の第一巻はその後、読みました。少年院から
    通う手錠を付けた生徒(主人公)とその仲間、全校を支配する
    高校生、神龍、校舎から飛び降り自殺を試みる女子高生。
    説明調のセリフ、、いやあ濃い漫画ですね(^^:

    女子駅伝は雪の中、大変なレースでしたね。
    京都の競馬は雪で中止になったのに人間を走らせるのか!?
    という声もあったそうで。
    で、この駅伝の方が関東(箱根より東ですか?)の
    大学対抗のモノより都道府県対抗なら、
    盛り上がると思いますよ。
    これからキラーコンテンツになるかも。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年01月22日 11:11
    ネネネの寝太郎。さん 

    やあ、勝手にお名前を出してしまい失礼しました。

    僕はかねてから箱根駅伝てなんで皆興奮するんだろう、正月でやることないからかなとか思っていたんですが、いつぞやの日記でその理由をすぱっと解説してくれたので。

    マラソンはそうですねえ、かつてはオリンピックはもちろんのこと、国内の選考会大会もけっこう見てました。

    僕は40代の頃、京都時代にジョギングにハマりましてね。 あそこは鴨川沿いの土手が風光明媚でしかも未舗装なので、のんびり走るのに最適なんです。

    で、その集大成として京都シティハーフマラソンに出場したんですが、そのとき招待選手として野口みずきが参加してました。 

    で、その頃、京都女子マラソンも沿道で応援したわけです。

    実はその後縁遠くなってしまい、先週の日曜日は久方ぶりにテレビ観戦したんですが。

    熱くなっちゃいました。 いやあ、もうJC、JK、JD、OL花ざかりという感じでねえ。

    美人ちゃんもちらほらいましたが、そうでもない娘さんらもやけに輝いてました。

    しかも、あの過酷な雪で、しかも大接戦でねえ。

    でも、選手の名前はすいません、ぜんぜん覚えてないんです。

    アンカーの人らは五輪選手もけっこういて、陸上ファンなら誰でも知ってるネームが揃ってたんですが。 岡山の選手もそういう陸上界のスターでした。 

    が、名前を覚えてないので、京都やら岡山やら千葉やらの表現にしちゃいました。 

    ネットでちょっと調べればわかるんですが、まあいいかあが日記を書くときの僕のスタイルなので。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年01月22日 11:24
    まあちゃんのパパさん

    やあ、あの中継をご覧になっていましたか。

    痺れましたよねえ。 最後の最後まで大接戦で。

    それに中学生から実業団選手までいろんな女子が地元のために一丸となるコンセプトがすごい。

    あの選手の組成の仕方はよく知らないんですが、東京を代表とする大都市圏が有利になるわけではない巧みな仕掛けがあるんだと思います。

    特に東京なんかは、そに住む人の大半が別の地元を持っているわけで、それを巧く活かすようにしてるんじゃないかな。

    純米大吟醸は僕もめったに飲みません。 たぶん年に数回程度です。

    先日の60代の会は、長年大阪の地で生きてきて、いろんなコネを培ってきたオヤジならではの会員制の倶楽部を使いましてね。 酒は原価で出してくれるんです。

    なので、払いは肴そのほかのオールインコストで一人3千円そこそこでした。^^ 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年01月22日 12:02
    蟹座さん 

    そうそう、男組は僕が中学から大学生のときまでを通して、サンデーに連載されました。

    で、僕はサンデーはずっと読んでましたが、男組は最初はほとんど飛ばしてたんです。 

    だって、タイトルがタイトルだし、画がまたやけに暑苦しいしで、とてもじゃないけど親しめんという感じだったので。

    それが高校生のどこかから好きになりました。

    池上遼一の画力がいつのまにか段違いになっていたんです。 人物画の暑苦しさが抜けて、透明感が出るようになりました。 それとあの頃はタブーとされていた直線を使った都会の風景描写とか。

    で、大学生になった頃には、池上は当代随一の画力を持っていると思うほどになっていました。 大友克洋以前の世界ですけどね。

    あはは! 京都競馬場はあの雪で中止になったんですか。

    まあ、サラブレッドというのは極めて精巧な生き物なので、人間より環境が重視されたのはやむをえない面があったかもしれません。

    箱根駅伝の出場資格はよくは知らないんですが、関東だけじゃないのは確かです。

    お正月にあれの中継を眺めながら、カミさんになんで関東の大会にいつも山梨の学校が出てくるんだ?と尋ねたら、箱根を境に決めてるからという答えがあったので。

    でも、北海道や東北の学校が出てるのかどうかは知りません。

    どっちにしろ、春の甲子園の出場校を決める関東大会みたいなローカル大会なことは間違いないと思います。

    京都女子駅伝はNHKはしきりに番宣を打ってましたが、箱根に比べれば浸透度はまだまだですね。

    でもコンセプト自体はいろんな意味で箱根よりずっと上なんじゃないかなと思います。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年01月22日 20:43
    駅伝、雪の中、大変ですね。
    奏恵ショートケーキぴかぴか(新しい)かなり運動は苦手なのですが、持久走は得意でした。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2017年01月22日 21:53
    奏恵('-^*)/кさん 

    大変なレースでした。

    が、出場した選手たちは、気恥ずかしい表現ですが、皆輝いていました。

    まあ、僕の場合、そういうのをストレートに表現するのは苦手なので、JC、JKなどと書きました。

    僕は運動は「かなり」どころか、子供の頃から極端に苦手です。

    でもいっときジョギングにハマって、ハーフマラソン20km強を完走することができました。

    大会に出ると必死でしたが、普段、鴨川沿いの景色を眺めながらのんびり走るのはかなり心地よかったです。

    人はそれぞれ得意苦手や好き嫌いがあるので、自分に合ったことをやるのが一番ですね。^^

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する