ホーム > mixiユーザー(id:17610207) > mixiユーザーの日記一覧 > お誕生日

mixiユーザー(id:17610207)

2015年01月31日22:26

623 view

お誕生日

こないだ、誕生日を迎えた。  57才。  おいおいって感じだ。

その誕生日の食事どきの会話。

次男 「ところで、オトンは何才になったんだ?」

僕  「57だ」

次男 「すごっ!」

妻  「ほんとにすごいわよねえ」

僕  「ちょっと待ってくれ、あんたも五十路なことは一緒じゃん」

妻  「見た目がぜんぜん違うわよ」


まあ、そうはいっても、この二人にはいろいろ祝ってもらった。

まず、誕生日の前の日曜日に三人で外食にいった。

浦和界隈では超人気のチェーン系のとんかつ屋。 お昼過ぎの2時頃にいったのに、大分待たされた。

で、ロースカツとエビフライの豪華ランチ(1000円也)を堪能した。 僕だけ、生ビール付き。

で、ホンチャンの誕生日当夜、今週火曜日に仕事から帰宅したら、ハンバーグ(自家製)とコロッケ(惣菜屋製)の豪華ディナー(ほんとかいな)が用意されていた。 

あまつさえ、デザートとしてアップルパイさえ用意されていた。

で、そのアップルパイを賞味してるときにプレゼントを渡された。

カミサンのは、カーディガンとシャツとジーパン、ぜんぶユニクロの3点セット。

次男のは、なんと大吟醸。 「北秋田」という僕の知らない銘柄。

やっぱ、はっきりいってプレゼントをもらうというのはうれしいものだ。

その日の12時過ぎに長男が残業から帰ってきた。

長男 「オトン、誕生日おめでとう」

僕 「おお。 で、プレゼントは?」

長男 「わりぃ、それどころじゃねぇ。週末に買うわ」

僕 「忘れるなよ。弟は大吟醸をくれたぞ。ポン酒の最上等だぞ!」

長男 「ういーっす」

フォト  フォト


すいませんねえ、サザエさん的世界なことばかり書き連ねちゃって。

まあ、そういうわけで僕はフィフテイー・セブンになったのであります。


一昨年55才になっって、磯野波平の齡(54才)を超えたときは、職場の40代後半の連中に向かって五捨六入すればお前らと同世代だ!宣言して、そりゃないっしょと言われたけど。

さすがに四捨五入が常識の世界で、七捨八入はない。 

いさぎよく、還暦ちょい前なことを認めます。


僕の誕生日は1958年1月27日。

その三日後に熊本の地でこの人が生まれた。

石川さゆり。

この人のデビュー当時はわりかしよく覚えてるよ。

僕がアイドルというものに目覚めた中坊の頃は、今のAKBやモモクロにつながるアイドルの元祖、アイドルの始祖鳥ともいえるこの三人娘が一世を風靡していた。

もちろん、南沙織、小柳ルミ子、天地真理だ。 (好きな順)

フォト  フォト

彼女らは僕にとってはちょい年上のお姉さんたちだった。

それからちょっとして高校生になったら、中3トリオの女子たちがヒットチャートの常連になった。

山口百恵、桜田淳子、森昌子。 (同上)

フォト  フォト


つまり、その三人娘や中3トリオらに挟まれた僕と純粋同い年のスターがいなかったわけだ。

そういう中で、そこそこには気を吐いていたアイドルが石川さゆりだったんだよ。

で、おお!同学年のアイドルが出た。 なんかオーソドックスな美人ちゃんだし、いいじゃんと思ったわけだ。

フォト  フォト

でも、その頃彼女がどんな歌を歌っていたのかは、今となってはまったく記憶から消失していた。

ところが、YouTubeというのは便利だねえ。 すぐに答えを出してくれたよ。

かくれんぼ  石川さゆり

フォト



https://www.youtube.com/watch?v=yG_McB_pnO8

ふむ・・・  なんというか改めて聴いてみても、まったく記憶が蘇ってこないんだけど。

とにかく、これが僕の同い年の中の(たぶん)最大のアイドルです。

ちゅうか、これ、どう聞いてもド演歌でしょう。

そういうことでは、さゆり嬢に路線を転換させた当時のスタッフの判断は正しかったと思う。

で、数年後には歌謡曲史上に残る一大ヒット曲につながったわけだ。

津軽海峡冬景色  石川さゆり



https://www.youtube.com/watch?v=CwOcJOyaG6k


で、まあ、「菩薩」にまで昇華した百恵ちゃんは別格として、歌謡界で長く存在感を示すことになったのは、あの頃先行された中3トリオよりも石川さゆりの方だったんだから、人生なにがどうなるかわからないと思うわけだ。

もっとも、その石川さゆりさんも大分衰えた。

少なくとも、僕とカミサンとカミサンのおっかさんは意見が一致した。

その三人で年末に紅白を見てたら、彼女が「天城越え」を歌ったんだけどさ。

サビのところで声が出てなかった。 往年の声量が見る影もなく衰えてた。

なんだけど、同い年のホープとして頑張って欲しい。

フォト  フォト


ところで僕は1月生まれなので、早生まれというやつだ。

この早生まれというのは案外めんどくさい。

なぜかというと、社会というものは○○年生まれでなく、学校で言えば○○年卒業、サラリーマン世界だと会社では○○年入社、官庁でも○○年入省が世代を示す基準になっている。

そうなると、暦年でなく年度が大きな意味を持つことになる。

そういう中では、早生まれ派はなんかこうハミダシッコ的になっちゃうんだよ。

干支一つとっても、同期の大半の連中が酉なのに僕は戌だ。

いっそのこと、入学も卒業もついでに会社の決算や国家の予算なんかも暦年ベースにしちゃえばすっきりするんだけど、なかなかそうはならない。

むしろ10月入学なんていうのが取りざたされていて、事態はますます複雑になりそうな様相を呈している。


と、そういうことをくどくど書いたうえで、もうひとり同い年のホープを。

この人は12月生まれなので学年は1個下だけど、生まれた年は1958年で同じ年なんだ。

たがみよしひさ

僕はこの漫画家の作品が好きでねえ。

石川さゆりはなにしろアイドルだったので、僕が高1のときにはもうデビューしてメジャーになってたけど。

たがみの場合は世に知られるようになった作品を出したのは、僕が社会に出て3年めになってからだった。

いわずとしれた「軽井沢シンドローム」だ。

フォト  フォト

この漫画のことはこれまでもmixiで何回も紹介してるので、くどくどは書かないけど。

痺れた。

それまでは漫画という職人芸の世界は、自分らより上の世代が作り出すものだった。

それがついに俺らの世代の旗手が出たぜ!という感じだったよ。

※注 それから大分たって、僕が学生時代には既にメジャーになっていて、後に漫画の怪物と呼ばれるようになった高橋留美子も自分と同学年だったということを知った。

たがみ、新作出せ! ルーミンはやってるぞ!


で、まあ、漫画やポップスに限らず今の文化は自分よりずっと下の世代が送り出す時代を生きているわけだけど。

僕としてはそれに共感できる感性を持ち続けていきたい。

と思うわけであります。
16 17

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月31日 23:23
    あらためまして、お誕生日おめでとうございます。
    あ・・今年もアップルパイを食べてましたか^^

    60になってみると、50代というのは60が近づいているといってもキラキラしております。
    大事に過ごしてくださいね。

    それにしても優しいご家族。
    一家のお父さんて、案外それほどお祝いしてもらえないものなんですよ。
    日ごろの関係が良いのでしょうね。

    歳をたくさん重ねても、持ち合わせの感性ってあまり変わらないものだと思います。
    何にでも興味を持つ・・・そんなふうに生きたいですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月31日 23:38
    遅ればせながら、お誕生日おめでとうございます。

    私の日記にも書きましたが、
     石川さゆりはデビュー時から不遇でしたね。
    学年はひとつ上になるのに「中三トリオ」や
    岩崎宏美の後塵を拝していました。
    「かくれんぼ 」は、なんとなく覚えていますよ。

    でも1957年度生まれのアイドルと言えばピンクレディがいますし、
    歌手はともかく、女優が多いですね。大竹しのぶ、かたせ梨乃
    松井一代、眞野あずさ、泉じゅん、栗田ひろみ(苦笑)、夏目雅子(故人)、
    名取裕子、星野知子

    私の学年こそ、上に各界大豊作の55年度組、
    下にアイドルが多い58年組に挟まれ、
    大凶作の56年度です。

    昔は、成人式なんかも
    厳密に1月15日を境に行われたそうですね。つまり
    なしごれんさんは、58年1月16日〜59年1月15日の人と
    一緒に式に参加するので、知っている人は少なくなりますね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年01月31日 23:40
    お誕生日おめでとうございます!家族からお祝いして貰うなんて幸せですよねー長男君が何を贈ったのか気になる週末(笑)
    夫は学年1個下になりますが同じく58年生まれの戌年です。57歳になるんだわ…定年がちらつきます。60以降どう生きるか、そろそろ考えとく必要ありますね。

    まりんちゃんとのお留守番いかがでしたか(=^ェ^=)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年02月01日 01:04
    お誕生日おめでとうございます。

    僕も早生まれなので、その気持ちよーくわかります。
    サラリーマン世界で、「何年生まれだ?」と訊かれると、
    説明するのにちょっとめんどくさいというのはありますね。

    僕の同級に生まれたアイドルというのもあまりいなくて、
    近藤真彦、薬師丸ひろ子くらいですかねぇ。
    あと、Bzの稲葉も同じだったかな。

    ところが、僕が生まれた年と同じというふうになれば、
    吉川晃司や尾崎豊、岡村靖幸にXのYOSHIKI、奥田民生、
    爆笑問題の二人、さくらももこ、中森明菜・・・と、
    ひとくせありそうなメンツばかりそろってますウッシッシ
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年02月01日 09:55
    いくつになっても、プレゼントは嬉しいですね。年は取りたくないけれど(笑)
    石川さゆりさんのことは、歌や映画のことを覚えています。映画は、たまたま銀座松竹の招待券をいただいたので、一人で見に行きました。「同棲時代」が併映だったので、親には森昌子達の映画を見に行くと言いました(笑)
    映画のことは蟹座さんの日記に詳しいですが、15歳にして汚れ役だったので、演歌の世界は似合いましたね。大人びてもいたし。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年02月01日 12:55
    アダッちゃんさん

    ありがとうございます。

    寄ってもらえるのは随分ぶりですねえ。 うれしいです。

    まあ、こんな感じで、あいかわらずのmixi生活を送ってます。

    大体は週末にその1週間で起きたことを出だしにした日記をアップしてます。

    その中にはときどきはアダッちゃんにフィットするテーマもあると思うので、そういうときは突っ込みを入れてやってください。^^ 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年02月01日 13:17
    あっぷるぱいさん

    改めて、ありがとうございます。

    誕生日ケーキのアップルパイはあっぷるさんのような手作りでなく、ケーキ屋さんのものでしたが美味しかったです。

    とあるところにアップルパイ専門のケーキ屋さんがあるそうでしてね。 そこからカミサンが調達してきたものでした。

    たぶん林檎をまるまる1個真ん中にぶち込んだと思われるなかなかに豪快なアップルパイでした。

    そうですね、60というのは特に僕のようなサラリーマンにとっては大きな節目になるので、
    あと3年ある50代を大事に過ごしたいと思います。

    大人になると年が過ぎていくのが早くなりますが、3年間といったら、中学、高校それぞれのぜんぶですもねえ。

    で、うちの家族が優しいといわれると、そうかもしれないです。

    まあ、家族の誕生日(含む、猫)とかクリスマスとか正月とか、そういうなにかのイベントのときは美味しいものを食べてプレゼントも渡した方が楽しいじゃんという感じでやってます。

    持ち合わせの感性はこれは変わらないですね。

    ただ、そういう感性が一番ビンビンだったのは10代後半の頃だと思うんですが、人によってはその時代のノスタルジーに浸って、今の若者にとっては懐メロ以外のなにものでもないものだけを至上のものにしちゃう例もあると思います。

    その点、あっぷるさんと僕は今のリアルタイムのものも楽しめてるので、これは人生の中でけっこう大きいと思っています。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年02月01日 13:39
    蟹座さん

    改めて、ありがとうございます。

    蟹座さんには、そちらの日記に寄ったときにおめでとうと言ってもらってましたからね。

    石川さゆりは、デビュー・アイドル時代に存在は認識してたんです。

    なにしろあの当時、同い年のアイドルがほんとに少なかったので。

    でも、その歌が好きだったかというと、まったくそんなことはなくて、なので今回YouTubeで「かくれんぼ」を聴いてみても、まったく記憶が蘇りませんでした。

    ただ、そのジャケットの写真のように、桜田淳子と同じくベレー帽的なものをトレードマークにしていた印象はそこはかとなくあります。

    まあ、デビュー当時は年下に出遅れましたが、その後演歌の道に転じて、息の長い歌手生活を実現したので、それはそれでよかったのではないか。

    こういうのって、我々サラリーマン世界でもありがちだと思います。

    ピンクレディたちが自分と同い年だったというのはまったく知りませんでした。

    あげていただいた女優陣たちもです。

    栗田ひろみ、夏目雅子。 この辺りは知ってたら、今回の日記に盛ってたところです。

    まあ、来年の日記用にとっときます。

    成人式は僕は茨城に住民票を置いたまま仙台で下宿生活を送っていて、そのために帰省するのもめんどかったので出てないんです。

    その頃からこのあいだ日記にしたボヘミアン的気質が出ていたのかもしれません。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年02月01日 13:55
    ネギぼーずさん

    ありがとうございます。

    家族にお祝いしてもらえたのは、恥ずかしながらうれしかったです。

    なので、記念に日記に書いた次第です。

    長男の方は・・・ 平日は超残業で僕が寝てから帰ってくるし。 この週末はアイドルの追っかけでライブにいってて未だ接点がないので、プレゼント問題はペンディングになっています。 よく体が持つもんだと感心します。

    で、夫の60才定年問題はあんましマジに考えない方がいいですよ。

    たぶん、ほっといてもまた仕事を見つけてきますから。

    この日記を書いた前日の金曜日に同期三人で飲んでその話題になったんですが。

    60はおろか65になっても、やっぱ外に働きに出るんだろうなあということで皆の意見が一致しました。

    もちろん、我ら年金破綻の最初の世代ということもありますが・・・

    それ以上に、「濡れ落ち葉」にはなりたくねぇというのが我々の一致した見解でした。

    で、まりんは、昨日は一日中一緒の部屋で過ごしました。

    彼女だけは僕が定年になって家にこもったら、喜んでくれるかもです。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年02月01日 14:25
    コムシンさん

    ありがとうございます。

    今回の日記は前半はなんだか自分の自慢みたいになっちゃいましたが。

    まあ、なにしろ「日記」なので、そういうのもありだろうと臆面もなくアップしちゃいました。

    日記といえば、僕の前回の日記「あぶない花」で、共通マイミクのkazzrockさんが80年代の宝島のことをコメントしてくれてました。

    コムシンさんがご自分の日記で書いていたとおりで、あの時代のロック小僧たちには絶大な影響力を持ってた雑誌のようですね。^^ 
     

    で、そうなんですよ。

    サラリーマン社会では、我々早生まれ族は余計な説明をしなくちゃならないんですよ。

    そうしないと、1期上とみなされちゃったりしますからねえ。

    まあ、この齡になると、さすがにそういうのは超越してますが。 40代の頃までは鬱陶しかったです。

    で、なるほど。 蟹座さんもそうみたいですが、コムシンさんも、暦年ベースと年度ベースだと同い年のメンツが大分変わってきますねえ。

    それはハッキシいって、僕がコムシン世代だったら暦年ベースをとります。

    そういえば、今回の日記では紅白における石川ー天城越えーさゆりのことをよくない感じで書いちゃいましたが・・・

    なんといっても、このあいだの紅白の目玉は明菜ちゃんだった。

    で、う〜ん、あの映像、暗くしたスタジオの中でのぼやけた顔のアップばかりで全身像ビタイチなしで・・・  僕は80年代前半の双璧では圧倒的に明菜派だったんですが・・・

    ある意味自分をさらけ出してた聖子に比べてイマイチの印象を受けたんですが、そんなことはなかったですかね。^^; 
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年02月01日 14:38
    あらためて57歳の誕生日おめでとうございます。ぴかぴか(新しい)

    いくつになっても誕生日は嬉しいものですよね。
    ご家族からのプレゼント、日頃のなしごれんさんを知る
    最適のプレゼントですね。
    奥さまとも同世代なんですね。
    でもきっと奥様は若々しいのでしょうか

    石川さゆりの「かくれんぼ」すごく覚えていますよ。
    このアルバムジェケットのようなベレー帽、当時私もかぶってた時がありました。
    あと、石川さゆり、個人的な理由で少し親近感を感じていました。ウインク

    今の60歳、まだまだ若いですよね。
    57歳・・・いい年齢だと思います。
    内面的にも充実されてますよね、楽しんでくださいね。


    なしごれんさんより1日早く生まれたこの方の歌声を〜プレゼントムード
    https://www.youtube.com/watch?v=DbKRrsDZ4MU
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年02月01日 14:48
    まあちゃんのパパさん

    そうですね、プレゼントのことも齡のこともまったくそのとおりです。

    子供の頃は早く大人になりたかった。

    でも、ある一定の年齢になると、子供の方がいいかもと思うようになった。

    で、思春期は大人なんてと思い、ちょっと上の青春時代になり、その後30、40代と齡を重ねてきました。

    ただ、50後半代というのは昔と違って、若者の感性も保ちつつ仕事面では肩から責任をちょっとは降ろせる年代かもと思ったりします。

    これで今の感性と体の自由を保っていられたら、60代というのはあのハリウッド映画の邦題の「黄昏」ではなく、オリジナルの「On Golden Pond」かもと思います。

    やあ、そういえば、蟹座さんが日記に書いてましたねえ。 

    石川さゆりがやらされた非道い役柄。

    僕はその映画は見てないんですが。 あんまりだと思います。

    サラリーマンでもそうですが、人それぞれ適性というものがあって、うまく自分にハマるポジションを見つけた人はラッキーだと思います。

    石川さゆりはそういう例なんじゃないかな。

    これまた紅白ネタになりますが。 一昨年に続いてその歌唱力で並みいる歌謡曲歌手を圧倒したアニメソングの水樹奈々という歌手がいます。

    彼女は子供の頃は演歌をやってたんですが、アニソンというポップス界ではマイナーな世界にいくことによって今の地位を築きました。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年02月01日 15:23
    さっこさん

    改めて、ありがとうございます。

    確かに、このプレゼントは僕という者にフィットしてます。

    大吟醸はいわずもがなですが。

    僕はファッションというものにまったく関心がないんです。 仕事着のスーツやネクタイはまあしょうがないので適当に買い換えますが。 オフタイムの衣類はほっとかれると、10年単位で同じものを着てるので。

    カミサンとは前の会社で知り合ったいわゆる社内結婚です。

    あっちが4才年下なんですが、まあ、この齡になるとほとんどまったく同世代です。

    でも、見た目は本人が言ったとおりで、あっちの方が大分若く見えます。

    そこは外見の若さを保ちたいという者とそういうインセンティブを感じない者との日頃の切磋琢磨の有無が積もり積もった結果なのでしょう。

    ただ、内面的にはご承知のように僕はアニメ・漫画という武器を持っているので、若者代表の息子たちとリアルタイムの話題でツーカーの話ができます。

    で、石川さゆりとさっこさんの個人的な事情の共通項ってなんでしょう。

    教えてください! 知りたい!

    もしかして、彼氏が石川さゆりのファンだったので、さっこさんもベレー帽をかぶったとか。

    57歳というのは、昭和の頃だったら完璧なオヤジでしたが、今はそうでもないです。

    少なくとも、同世代の女子は外見からしてかつてのオバハンとはまったく違う。

    僕ら男子はまあ、大半の者は見てくれはオサーンですが、中身はけっこう若いのが多いと思います。 で、これからも色んな楽しみを見つけていこうと思っています。

    アニタ・ベイカー、ありがとうございます。 

    そおかあ、この人、僕と一日違い生まれだったのかあ。 僕がこの人のCDを買ったのは社会人になってからでした。

    ヒット曲「Sweet Love」を聴いて、速攻でアルバムを買ったんです。 でも、それには送っていただいた「You Belong to Me」は入ってなかったので、今回じっくり聴きました。

    いいですね。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年02月01日 22:47
    お誕生日おめでとうございます!57ですか。改めてなしごれんさんの内面の若さに驚いてしまいます。どうかこれからもよろしくお願いします。
    石川さゆりと同い年ですか。石川さゆりにしても若いなあ。最近よく津軽海峡冬景色の歌詞の凄さについて改めて考えます。歌の冒頭たった二行で上野駅から青森駅迄700キロを旅する言葉の力は偉大だし、その歌詞を見事に制御した石川さゆりの歌唱力はやはり計り知れないと思っています。ちょっと聞いた所によると彼女にはスイカ売りの口上?といった約10分程度のネタがあるそうですが、大変素晴らしいものだと聞きます。一度拝見したいものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年02月01日 22:54
    > mixiユーザー 

    アニタ・ベイカー、さすがご存知でしたね。

    今も美声が変わらない八神純子さんも58年1月5日生まれですね。
    https://www.youtube.com/watch?v=n0EZZYkolX4


    >彼氏が石川さゆりのファンだった
    いえいえわーい(嬉しい顔)そんな甘酸っぱいのではないんです。
    個人的なことで〜ウインク
    ちなみにちょっと好意を抱いた男の子は太田裕美ファンでした。


  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年02月01日 23:36
    N−HDさん

    ありがとうございます。

    まあ、N−HDさんとはリアルな面識があるので、ますます風貌と内面のギャップに驚くかもしれませんね。

    石川さゆりが「津軽海峡冬景色」を歌ったのは、実に19才のときだったんですよね。

    これはたしか、かの「怨歌の女王」藤圭子が「新宿の女」で鮮烈にデビューした年より1才だけ年上だったと思います。

    まあ、藤圭子さんはあまりにもすごい存在なので置いといて。

    僕は同い年の石川さゆりさんの歌謡曲人生はなんというかサラリーマン生活に通じるところがあると思っています。

    彼女、最初はアイドルで売り出そうとしたけど、前後の世代に綺羅星がいっぱいいて目が出なかった。

    で、アイドル路線に比べるとなんというかこうの感じがある演歌路線に転じて、そこでスターになった。 

    で、かつてのアイドルたちより長くやってきて、今でも紅白に現役で出場してる。

    なかなかのものだと思います。

    スイカ売りの口上は僕も見たことがないですが、一回だけでも拝見したいです。^^
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年02月02日 00:00
    さっこさん

    やあ、八神純子も僕と同じ年で同じ月生まれでしたか。

    好きでしたよ。 彼女がデビューしたのは、僕が高校生のときでした。

    なんというか、シンガーソングライター的でないポップス調の歌で、やるなあと思ったのを覚えています。

    その前に荒井由実がそれまでのシンガーソングライター的なイメージを打破してましたが、八神さんはもっとポップス寄りになってました。

    それで思い出しました。

    僕と同学年で、八神純子よりも先にメジャーになったこの人がいました。

    これはもうあの頃のシンガーソングライターそのまんまの世界の人で、細身の体でギター一本で社会派情念的な歌を歌って、すげえと思ってました。

    山崎ハコ

    https://www.youtube.com/watch?v=TPcPovCyXVY

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する