mixiユーザー(id:1742700)

2021年04月18日00:39

14 view

たんばらスキーパーク スキー記

2月23日、友人のくまさん&くまさん息子6歳と3人で、群馬県のたんばらスキー場へスキーに行って来た。

朝6時にくまさんが車で迎えに来てくれて出発。車移動なので、スキー場の手前の安いレンタル屋で板と靴を借りようとしたら、どこのレンタル屋も(祝日にもかかわらず)コロナ禍により閉業中。結局、スキー場のレンタル屋で借りることとなった。

フォト

天候は、到着前から雲行きが怪しく、着いたら雪!猛吹雪!寒い! ゲレンデは終始、ホワイトアウト。こんな天候でスキーをしたのは初めて。

ただ、この日は祝日だけに、緊急事態宣言下ながら凄く混んでいた。よって、ホワイトアウトでもスキー客が多かったので、自分を追い抜いて行った人の背中を追いかける形で、コースアウトはしないで済んだ。これが通常の登山だったら、完全に心が折れて遭難していたかもしれない。

現在進行形で雪が降り続け、着地したばかりの降雪の雪質は、サラサラで滑りやすかった。スキー中は、傾斜が緩いところで自分の足元を見ると、積もったサラサラの雪が風で自分の前方から後方に向かって流れて飛んでいる。前を見ると真っ白。傾斜が緩いので、俺の身体は実はいつの間にか停まっているのだが、足元を見てると、自分が滑っている最中であると勘違いしてしまう。顔に巻いていたネックウォーマーも、気付いたら凍り付いていた。

フォト

スキー場の食堂にて、昼食で食べた二郎系味噌ラーメン1100円。最高標高にして、最北に位置する二郎系ラーメン、らしい?

昼食後も、寒いながらもせっかく群馬県まで来たので、さらに滑る。混んでいたため、リフト待ちもコースによっては長い列ができていたが、初級者・中級者向けコースの空いてるリフトを中心に、午前と午後とで計10本滑った。また、今回は俺自身、この日は1回も転ばなかったのだが、スキーやスノボに来て1回も転ばなかったのはこれが初めてであった。

なお、くまさん親子は6歳息子が寒さのあまり頻繁にトイレに行きたがることもあり、6本しか滑れなかったらしい。1本滑ってはトイレに行っていたようだが、これだけ寒ければそれも仕方がない。それでも、6歳男児は「楽しかった」と話しており、実際、確実にスキーが上達していた。

一応、GPS計測で、スキーとリフトで活動時間は9:39〜14:33の4時間54分。距離23.3km。累積標高差は上り・下りとも1643m。それにしても、とにかく寒かった! ひたすら寒かった! この日、東京では普通に晴れていたらしいが、群馬のこの辺りは、車でスキー場を去って標高を下げても、降雪が止まらなかった。

フォト

帰りに車で寄った「白沢高原温泉 望郷の湯」。入湯料2時間580円(くまさんのJAF割引で100円引き)。スキー場の近くにある他の温泉施設はすべて、コロナ禍で休業していた。この望郷の湯は道の駅にあり、道の駅では農産物直売所も併設されていて、安くはなかったが、群馬と言えば蒟蒻が美味いので1つ購入した。ちなみにこの地域の山には、有名なのは赤城山があり、一昨年に登ったが、他の山もいずれは登ってみたいものだ。

以上です。次回は「妙法ヶ岳 登山記」です。
1 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月18日 18:50
    現地いったら想像以上に寒かったのは蓼科山以来でしたね!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2021年04月19日 22:12
    現在、諸々停滞中です。GWに休みが合ったら、どこかの山にでもまたよろしく…。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2021年04月>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 

最近の日記

もっと見る