ホーム > mixiユーザー(id:1742219) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:1742219)

日記一覧

ギンレイの2本(20200224)
2020年02月24日20:20

終わってしまった前回のギンレイの2本。まず「存在のない子供たち」。ザインはヨルダンのスラムに住む少年だが、両親が出生の届け出を含め何もしていなかったため、生年月日すらあやふやだった。そのザインが人を刺して拘束されてしまう。ザインは拘留場からT

続きを読む

フェブラリーS
2020年02月23日13:16

本年初のG1だが、昨年のチャンピオンズCの1、2着馬はサウジアラビア遠征で回避、東京大賞典競走勝ちの交流G1王オメガパフュームも回避、川崎記念を制したチュウワウィザードも回避。G1馬が7頭出走しているとは言え、そのほとんどが前出の4頭に負けていること

続きを読む

「影裏」
2020年02月19日06:54

原作は文学界新人賞と芥川賞を受賞、監督は大友啓史という事で期待して観に行ったのだが、想像とは異なる作品であった。 今野(綾野剛)は医薬品会社で営業をしていて、本社から東北の営業所に転勤となった。ある日、同い年の同僚の日浅(松田龍平)と知り合

続きを読む

「ハスラーズ」
2020年02月18日00:11

おそらく事実を基に作られたと思われる、エロ親父たちをカモにする映画だ。アジア系のディスティニー(コンスタンス・ウー)は、祖母と一緒に暮らしていたが、祖母の借金を返すためにストリップバーで勤めることにした。そこでトップダンサーのラモーナ(ジェ

続きを読む

アカデミー賞は逃したが、「全編ワンカメ編集無し」という事で話題になっている作品だ。 正確には画面が真っ暗になったシーンを含め、素人目に見ても編集が入っているのは明白だが、「全編ワンカメ編集無し」という触れ込みがなくとも、充分評価できる作品で

続きを読む

「ヲタクに恋は難しい」
2020年02月16日09:10

福田雄一監督で話題になっているが、個人的には福田作品の中では外れに入るのではないかと思う。アニヲタの成海(高畑充希)はヲタである事を隠して1年交際した彼にフラれ、かつ職場にもヲタである事がバレて転職をする。 転職した会社ではヲタである事を隠そ

続きを読む

「AI崩壊」
2020年02月04日06:19

「22年目の告白 -私が殺人犯です-」、「ギャングース」の入江悠監督作品だ。いい部分と悪い分がかなりはっきり分かれる作品だった。桐生浩介(大沢たかお)は元々植物関係のAIを開発する学者だった。一緒にに研究をしていた妻の望(松嶋菜々子)が病に冒され

続きを読む

ある朝、家政婦のフランが主人のハーラン・スロンビーに朝食を持っていくと、ハーランは書斎でクビを切って自殺していた。ハーランは推理小説の大家として著名であり、自らの出版物を発行する出版社も持っていた。ハーランの死は大きなニュースとなる。看護師

続きを読む

2018年に公開された「嘘八百」の続編である。 前作はなかなか面白かったが、今回はややパワーダウンしてしまった。 前作で樋渡屋を潰した則夫(中井貴一)は、京都で娘のいまり(森川葵)の占い屋と同居して骨董店を経営していた。 高校時代の友人のTVプロデ

続きを読む

「ロマンスドール」
2020年02月01日20:19

原作、脚本、監督をタナダユキが担当している。 一言で言って、タナダユキの上手さが出た作品だ。 美大を出てフリーターしていた哲雄(高橋一生)は、先輩に紹介されラブドールを制作する町工場に勤め始める。 町工場には相川金次(きたろう)と言う造形師が

続きを読む

「his」
2020年01月31日07:45

映画を観終わった後にWikiで調べたら、TVドラマの続編と言う作品であった。名古屋の地上波で放映されたのち、dTVで配信されていたらしい。迅(宮沢氷魚)と渚(藤原季節)は同性愛者で、学生時代は同棲していた。だが迅の就職を控え、渚は同性愛者であること

続きを読む

数々のトラブルを経てやっと映画化された作品で、前評判はハチャメチャ過ぎて理解が難しい、と言うものだったが、実際にはごく普通の映画であった。CM監督のトビー(アダム・ドライバー)は、スペインでドン・キホーテを題材にしたCMを撮影していた。だが制作

続きを読む

「シグナル100」
2020年01月29日08:35

樫村怜奈(橋本環奈)は地方の高校の3年生だった。 学園祭を控えた文化の日に、担任の下部(中村獅童)は特別授業を行うと言って、生徒を視聴覚教室に集めた。そして生徒たちに謎の映像を見せる。するといきなり、数人の生徒がベランダから飛び降りてしまった

続きを読む

「キャッツ」
2020年01月27日21:32

ミュージカルは未見。予告編を観て、もはや伝説に近いミュージカルの超人気作品をどう映画化するのか興味深かったが、はっきり言って期待外れだった。ヴィクトリアは飼い主にゴミ捨て場に捨てられた。そのごみ捨て場こは人間に媚びずに生きるジェリクルキャッ

続きを読む

「ジョジョ・ラビット」
2020年01月26日07:40

非常に前評判の高い作品だったので期待して観に行ったが、想像していた内容とはかなり異なっていた。ジョジョは第二次大戦中のドイツで暮らしていた。 小さいながらナチスに憧れ、心の中のヒトラーと会話をする日々を過ごしていた。ある日1泊2日のナチス少年

続きを読む

「ペット・セメタリー」
2020年01月25日09:13

原作はスティーブン・キングで、1989年にも映画化されているがそちらは未見だ。スティーブン・キングらしいホラー作品であった。かつてボストンので救急セクションに所属していた医師のルイスは、妻の勧めもあり田舎町で学校の医師になることにした。 家族で

続きを読む

ジャッキー・チェンが主演の作品だが、CGが多用されている。おそらく撮影はスタジオ内だけだと思うが、こういうジャッキー・チェン作品はあまり観たくなかった、と言うのが率直な感想だ。 妖怪が跋扈していた時代、悪い妖怪を書物の中に閉じ込めて再生ができ

続きを読む

今年90歳を迎えるクリント・イーストウッドが監督、老いるどころかむしろ年を重ねるごとに切れ味が増している感もある。この作品もなかなかの見ごたえでであった。リチャード・ジュエルは正義感の強い男で、警官などの法執行官になる夢があった。 法律事務所

続きを読む

織守きょうやという人の作品で、原作は日本ホラー小説大賞読者賞を受賞しているそうだが、映画はホラーではなくサスペンスに近い感動作品だった。遼一(山田涼介)はネットで都市伝説の「記憶屋」の情報を探していた。ある日突然、大学卒業後に結婚を約束した

続きを読む

「ラストレター」
2020年01月21日07:22

2019年の邦画にこれと言った作品がなかったため、久しぶりに心に響く邦画となった。どこまでも繊細で、どこまでも透明で、どこまでもピュアな、さすが岩井俊二と言った作品である。夏休みに入ったばかりのある日、鮎美(広瀬すず)と颯香(森七菜)は鮎美の母

続きを読む

「太陽の家」
2020年01月20日20:09

長渕剛が主演の映画で、教条的なお涙押し売り的映画かと思って観に行ったが、予想に反してまずまず巧くまとまった人情映画だった。川崎信吾(長渕剛)は先代頭領から島津組を継いだ大工だ。人情に厚く、筋の通らないことを毛嫌いする一方、女好きの側面ももっ

続きを読む

第43回日本アカデミー賞の優秀賞が発表された。 毎年オレ的最優秀賞予想をアップしているが、今年はしない。なぜか。 優秀賞を受賞した作品が、どの部門もダメダメだからだ。はっきり言って、予想する気にもならない。たしかに、2019年の邦画はかなりレベルが

続きを読む

上映中のギンレイの2本。まず「新聞記者」。 先日発表された日本アカデミー賞で5部門ノミネートされているので期待していたが、お話にならないレベルの呆れた薄っぺらい中二病作品であった。 外務省から内閣調査室に出向している杉原(松坂桃李)は、上司の多

続きを読む

タイトルから、フォードとフェラーリの激しい開発合戦が観られるのかと思ったが、想像していた内容とは異なり、基本的にはフォード側の開発の話のみでストーリーは展開する。キャロル・シェルビー(マット・デイモン)はレーサーを引退した後、カーデザイン会

続きを読む

昨年のカンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞した作品だ。 「グエムル-漢江の怪物」「スノーピアサー」に続く、ポン・ジュノ&ソン・ガンホ作品である。キム家は半地下で貧しい生活を送っていた。 父のギテク(ソン・ガンホ)は運転手や台湾カステラ屋など様々

続きを読む

福本伸行原作「カイジ」の劇場3作品目、ストーリーはオリジナルである。 東京オリンピック後の日本はハイパーインフレに見舞われ、失業率は40%となっており、カイジ(藤原竜也)も派遣で仕事を紹介してもらう生活を送っていた。そんな中、弱者救済として、カ

続きを読む

先に続編を観てしまったが、地上波放送された前作を復習で見る。気弱でヲタクの高校生スペンサーは、幼馴染のフリッジに頼まれて彼のレポートを作成する。だが代筆がバレて放課後に呼び出される。ベサニーはテスト中にTV電話で会話をし、マーサは体育の授業で

続きを読む

新年一発目のギンレイは、クライム映画2本だった。まず「永遠に僕のもの」。アルゼンチンの犯罪者カルロス・ロブレド・プッチをもとにした作品だ。カルリートスは真面目な両親の間に生まれたが、子供のころから平気で盗みを行っていた。 転校先の工業技術学校

続きを読む

「テッド・バンディ」
2020年01月12日07:34

シリアル・キラーの語源ともなった、アメリカの犯罪者テッド・バンディを描いた映画である。テッド・バンディがどのように犯罪を犯したのか、そしてFBIや地元警察がどうやって犯人を追い詰めたのかを描いているのかと思ったが、想像していた内容とはかなり異

続きを読む

2018年に公開された「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」の続編だ。 前作から数年後、ジュマンジを旅した4人はハイスクールを卒業し、それぞれの道を歩んでいた。そしてスペンサーはN.Y.の大学に進んだため、マーサとは疎遠になっており付き合ってい

続きを読む