ホーム > mixiユーザー(id:17221117) > mixiユーザーの日記一覧 > 百十五年の眠りから醒めた写真の話

mixiユーザー(id:17221117)

2019年11月21日20:47

97 view

百十五年の眠りから醒めた写真の話

まずこの写真をご覧頂きたい。これは現存する日本最古の天体写真である。撮影は明治三十二年三月五日。

フォト


二枚目はそれから数年して撮影されたオリオン座星雲群である。思わず見入るほど美しい。

フォト

撮影は東京港区の麻布天文台。東京三鷹の国立天文台の前身である。
米国ブラッシャー社の口径20センチ、焦点距離1200ミリの天体望遠鏡。そのお尻の部分に六切り(8×10インチ角)の乾板を装着し撮影したものである。
フォト


乾板とはまだセルロイドが無かった時代のガラス製の写真フィルムである。合成樹脂の発達と共に、割れやすく重いガラス乾板はフィルムにとって代わられた。
やや星像が滲んで見えるのはその形から判断するに、天体追尾装置(赤道儀)の精度の悪さによる物かも知れない。
当時はクオーツ制御も、電気制御も無く機械仕掛けで星を追尾して撮影していた。

天体を撮影しそこに写し取られた映像を元に様々な研究が行われるのはこの当時から始まっていた。写真による天体観測の初期の時代の物で有る。
それ以前は観測者自らが望遠鏡のファインダーを覗きスケッチにより記録するより他は無かった。

東京麻布天文台は、明治二十一年。それまで個別に独立して存在していた三つの官設天文台。
東京大学理学部観象台。海軍省測量部観象台。内務省地理局天象部が合併。麻布の海軍省測量部観象台の庁舎に設置された。
この写真は東京天文台発足当時の物で百十五年前の物という事になる。

やがて麻布周辺の市街化が進行してきた。天体観測に街の灯りは禁物である。郊外に移転を決定したのが明治末年。
これが現在の東京三鷹の国立天文台である。
平成20年に大量に発見された百年の時を経た写真乾板四百三十一枚は関東大震災や戦災で焼失してしまった物とされていた。新星発見となった学術上大変貴重な価値の写真も有るらしい。
百年もの間倉庫の片隅で忘れ去られていた劣悪な保存条件故に、割れてしまったもの、カビが生えてしまったもの、画像が記録されている薬剤面が剥離してしまったものが多いが、それでもつい先日撮影されたばかりの様に映像そのものは鮮明である。

時代の流れと共に映像の記録方法は変化する。銀塩のと違い実体の存在しないデジタル程儚い物は無いように思えるのだが如何だろうか?
僅か数年前まで、あれ程に普及したフロッピーディスクの再生は最早簡単には行えない。3.5インチならばまだ途はあるが、5インチ、8インチ片面記録の類は最早絶望的である。
今当たり前に使われているjpgデーターを再生出来る環境が百年後に有るのだろうか?答えは否であろう。日本電気の文豪やシャープの書院のように国民機とまで呼ばれるほどに普及したワープロ専用機の行く末を見れば解ることである。
実物で残すにしても、このプリンターは変色に強いインクを使っていますから、と勧められたコマーシャルで有名なカラープリンターで印刷した写真は、これ嘘でしょ・・・・金返せ!とメーカーにクレームをいれたくなる程数年で見るも無惨な状態にまで変質してしまった。
純正インクを使っているのにこれは無いだろう。非常に腹立たしい。
カラープリンターメーカーには写真文化を守り育てる気持ちは微塵も無い。と断ぜざるを得ない。

このままでは、我々の生きている2000年代という時代は映像が残らない空白の時代となるのではないか?と危惧する次第である。



富士フイルム、黒白フィルムを復活 22日発売 愛好家の声を受け
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=32&from=diary&id=5872934
41 6

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月21日 20:53
    明治時代に天体撮影の技術があった事に驚き!
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月21日 21:06
    > mixiユーザー 
    明治四年に開設された海軍観象台が日本の近代天文台の始まり。です。当時から写真撮影を取り入れる事はやっていたようですが、関東大震災で全て失われた模様です。

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月21日 21:18
    美術館で「印象派展」とかに何故か鶏卵紙のプリントが展示されているときがありますが、あれはため息が出るほど美しいですね。
    19世紀の普通の街角なんですが。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月22日 12:59
    ニュースからです。貴重なお話興味深く読ませていただきました!ありがとうございます。

    私は映像(動画)のカメラマンですが、動画は10年単位でフォーマットが変わるのでそのたびに変換です。ただフォーマットが読めなくなるよりは、ベータやVHSのように物理的に再生できなくなる確率の方が高いので、デジタルは便利だな、と思います。書院使っていましたが、パソコンで変換できましたので、物理的に読めればなんとかなるのはデジタルの利点かと。

    プライベートでの写真は、今はスマホかフィルムという両極端になってしまいました。フィルムで撮っても基本はデータ化しますが、フィルムならではの空気感というか立体感が好きです。 ただ、フィルムでもデータでも、今は個人的に満足のいくプリントができなくて残念です。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月22日 23:48
    > mixiユーザー 鶏卵紙ですか。あれはイイですね。硝酸銀買えればチャレンジしてみたいです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2019年11月23日 00:06
    > mixiユーザー 
    いらっしゃいませ。確かにハードの問題は切実ですね。昔とある巨大機を運用しながら改造中の話、運用プログラムがバブルメモリと8インチFD双方にバックアップされていたのですが、バブルメモリが飛んで、最後の手段8インチFDから再起動を試みた所ロード中にドライブが壊れた。ダメ元でPCー9801のドライブを外して繋げたら何とか再起動に成功した。なーんて冷や汗ものの事例がありました。
    私が申したいのは、倉庫の中から百年前の謎のキラキラ光る円盤。とか謎の微細なカードの様な物が出てきた。これは一体何だ?
    というケースです。
    恐らく訳も解らず捨てられて捨てられてしまう可能性が高いと思われます。
    この古い乾板の実物は三鷹で見ております。
    案内の所員さんのお話ではまさかこんな所に乾板が四百枚もしまってあるとは思わず驚いたらしい。膜面が剥がれた物。ガラスが割れてしまった物が多数ですがそれでも天体を撮影した写真である事が解る。
    なんともロマンを感じる話です。
    因みに撮影に使われたブラッシャー20囘径亮命慎靴郎も三鷹に保存されています。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する