mixiユーザー(id:17180778)

日記一覧

32孔子言う。聖人の道から外れた学問を学ぶことは、学問の目的である人物修養に害を及ぼすだけであり、戒めるべきことである。子曰、攻乎異端、斯害也已。子曰く、「異端を攻むるは、斯れ害あるのみ

続きを読む

                  第二章呉子は言った、「およそ敵情をはかり考えるうえに於いて、卜筮に頼らずに敵と戦ってよい場合が八つある。第一は、疾風厳寒のときに早く起きて目覚めとともに移動して、冰を砕いて川を渡り、部下の困難をかえりみな

続きを読む

                   榮辱篇第四傲慢は人にとって禍を招くものであるが、恭倹は五つの武器をも斥ける。戈矛には鋭いほこさきがあるが、恭倹の鋭さには及ばない。だから人に善言を与えることは、衣服で身を覆うより暖かく、人を傷つける言葉

続きを読む

                   29子貢が君子とはどういう人かと尋ねた。孔子は答えた、「言わんとすることを先づ行うことだ。然る後に言うのが君子である。」子貢問君子。子曰、先行其言、而後從之。子貢、君子を問う。子曰く、「先づ其の言を行いて

続きを読む

                   第一章魏の武侯は呉起に言った、「今、秦はわが国の西方を脅かしており、楚はわが国の南部と国境を接しており、趙は我が北方をつこうとしており、斉はわが東方をうかがっており、燕はわが後方を遮っており、韓はわが前

続きを読む

                 第一章魏の武侯は呉起に言った、「今、秦はわが国の西方を脅かしており、楚はわが国の南部と国境を接しており、趙は我が北方をつこうとしており、斉はわが東方をうかがっており、燕はわが後方を遮っており、韓はわが前方に

続きを読む

不苟篇第三君子は困難に立ち向かうことを尊ばず、弁舌が明察であることを尊ばず、名声が広く伝わることを尊ばない。ただ礼儀に適っていることを尊ぶのである。だから懐に石を抱いて黄河に身を投ずるのは、為し難い行いであり、殷末の申徒狄は紂王の暴虐に抗議

続きを読む

                   26孔子言う、人の善悪を知るには、その人の行為をよく視て、その行為の動機を観察して、その動機に安んじて楽しんでいるか否かを考察すれば、人はどうして己の善悪を隠すことが出来ようか、隠すことが出来ようか。子曰

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。