mixiユーザー(id:17119814)

2020年09月21日08:14

19 view

東風(20)

というわけで夏級ミサイル原潜と巨浪1号は1990年代から配備されている。ミサイル
原潜は秘匿性が命である。水深の浅い海だと対潜哨戒機などによって居場所を突き止めら
れてしまう恐れがある。なので少なくとも300m以上の水深が欲しいところ

だけんども中国様の近くの海にはなかなかそういうところが無いのでござる。渤海も黄海
も浅すぎるし東シナ海も深いのは日本のテリトリーで中国沿岸部は浅い。唯一満足できる
水深があるのが南シナ海。だからこそ中国様は南シナ海全域を支配したがっているのだ

ただしこの巨浪1号は射程距離は1700Km程度であり、仮に南シナ海に原潜を配備し
てもアメリカまでは到底届かない。せいぜい台湾・韓国・日本を滅ぼすことが出来る程度
だ。なのでまだまだ中国様のミサイル開発は道半ばというところである。頑張ろう!

さてこの巨浪1号の陸上配備型が東風21号だ。射程距離1700Kmということである
から東風2号とほぼ同等だ。というわけで旧式化していた東風2号からの置き換えがどし
どし進められていった。装着核弾頭の威力は500キロトン級だ

広島原爆の約30倍程度の威力だ。コイツが約50発ほど日本向けに配備されていると言
われているな。北海道・東北以外の日本はコイツでたちまちのうちに死滅である。もちろ
んコイツの開発にも日本からのODAマネーが使われてまっせ

まあここまで書いたところだと、固体燃料式のMRBMということでそれほどスターにな
る要素も感じられないんだけど、この東風21号には近年様々な改良強化バージョンが出
現しており、これがなかなか優れものであると言われておるのでござりますのですよ

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する