mixiユーザー(id:17119814)

2020年07月31日09:03

5 view

北狄(20)

賈南風は大伯父の郭彰と甥の賈謐に最高官位を与えボディガード代わりにし、ひたすら遊
びまくった。自分好みのイケメンが居たら強引に一夜を共にし、その後口封じのため斬首
したという。といった賈南風一族が無茶苦茶やってた時代だったが

政務に関しては張華や賈模といった有能な官僚に任せっぱなしにしていた。ところがこの
連中が優秀であり政治はうまく行っていた。10年近く平和な時期が続いた。というまさ
かの展開になるのだがこの平和も長くは続かない。皇帝の世継ぎ問題が出てきたのだ

賈南風には男子が生まれず、謝玖という側室が生んだ司馬イツが皇太子になっていたぜ。
もちろんそんなことを許すような賈南風ではないぜ。そこで懐妊したと偽って引き籠り、
妹が生んだ男の赤ちゃんを自分が生んだことにしてしまう

これにより宮中では賈南風がいずれ司馬イツを始末するだろうという噂が蔓延した。西暦
299年12月、賈南風は司馬イツに酒を飲ませて酩酊状態にし皇帝と皇后を廃するとい
う内容の文章を書かせた。どうやって騙したのかわからんが書く方も書く方ではある

まあ当然謀反の罪を着せられ死罪になるところだったが、張華たちが強硬に反対した。ど
うせ賈南風の謀略だろうと見抜いていたようだ、っていうかそんなの全員わかっていたと
思うがね(笑)。とはいえ大事件に変わりはないということで会議が開かれた

この会議には司馬一族も出席した。八王は司馬亮と司馬イが既に死んでいて六人になって
いたが、まあ「王」とつくのは実際にはもっとたくさんいた。会議の結果司馬イツは皇太
子剥奪の上、都落ちさせられ許昌に蟄居処分となったのである

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する