ホーム > mixiユーザー(id:17119814) > mixiユーザーの日記一覧 > 私的サッカー史(4)

mixiユーザー(id:17119814)

2018年07月30日07:13

45 view

私的サッカー史(4)

1979年ワールドユース日本大会。日本人が世界のサッカーへの関心を高くするきっか
けとなった大会だった。アルゼンチンが圧倒的な強さで優勝を飾ったが、華々しい活躍を
してMVPを獲得し、世界にその名を轟かせたのがディエゴ・マラドーナである

どんなヤツでもその名前は知っているサッカー史上最高の天才選手と言われる男である。
その超絶プレーは日本人をも魅了した。1980年からはクラブチームのヨーロッパ南米
選手権が日本で行われるようになったというのもあった。クラブチームのヨーロッパ王者
と南米王者によるいわば世界一決定戦である

何故日本で行われるようになったかというと、以前はホーム&アウェーでやっていたのだ
が、ヨーロッパのチームが南米に行った際に様々な嫌がらせがあった。時にはエスカレー
トして暴動のようなことも起こった。これじゃあやってられないよ、ということになって
ヨーロッパでも南北アメリカでもない、第三者開催地での一発勝負にしようとなった

この話を聞いた電通が日本テレビとトヨタ自動車を巻き込んで、トヨタカップとして日本
へ誘致したというわけだ。電通様が日本サッカー界の影の支配者になって行くキッカケで
もある出来事やな。まあこんなこともあって、日本人にとってはそれまで知らなかった世
界のプロサッカーというものが徐々に浸透し始めたというわけや

こうした状況があって1982年のスペイン大会をNHKが放映するようになった、とい
うわけやね。この当時は大会の開幕戦は開催国の試合じゃなくて、前回大会の優勝国の試
合ということになっていた。前回大会の優勝国は予選無しで無条件に出れたんや。前回大
会の優勝国はアルゼンチン。そして今回のアルゼンチンには1979年日本で大暴れした
マラドーナも加わっていた。マラドーナW杯デビュー戦ということになったんや

0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年07月30日 13:58
    神の手マラドーナか、あまり興味はなかったが、引退後の
    様子なんかをテレビでやってましたね。
    それでも通り一辺の興味しか湧かなかったけど。

    トヨタカップというのはそういうモノだったのか。
    1企業が主催する試合がなんで大きいのかと思ってた。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する