ホーム > mixiユーザー(id:17119814) > mixiユーザーの日記一覧 > 夏のエネルギー特集(5)

mixiユーザー(id:17119814)

2015年07月24日07:05

130 view

夏のエネルギー特集(5)

2030年のエネルギーミックス、というのが現在政府によって策定中である。その骨子
案というのを見てみると、従来型の水力を含めた再生エネが22%〜24%の比率を占め
るということになっている。現在が11%だから倍増ということになる。

原子力は福島事故前が27%だったのが20〜22%に下げられている。ゼロでは無いと
ころが自民党政権らしいところである。それ以外は火力ということになる。福島事故前が
火力63%だった(2013年は火力88%)のが2030年は56%となる。

7%しか減っていない。まあそうすぐには新エネに代替できるはずもないから仕方のない
ところかもしれない。だけどこれ実現できるのかな?一番のハードルは、原子力20〜2
2%ってやつじゃないか?これは既存の原発を再稼働させない限り不可能だと思うが、現
在の情勢でできるのだろうか?

この案の前提として福島事故前の電力総量が10230億キロワット。2030年が10
260億キロワットとなっている。これもちょっと考えさせられる。省エネ技術の進歩で
もっと減らせるんじゃないかな、と思うわけだ。10000億キロワット切るぐらいまで
減らせるんじゃないかな?福島の事故前との比較だろ?できないことはないと思う。

原発の再稼働については決して反対じゃない。ただし本当に安全なら、という条件付きで
ある。新しい安全基準をクリアしたものについては、安全だと認めるしかないか。ホント
に安全なのかどうかは一抹の不安は残るが、ほかに基準は無いのだからしょうがない。

原発が22%確保できたとして、省エネで減った分、火力を減らす。火力そのものも効率
をアップして消費する燃料は減らしてほしいものだ。日本では未だに石油火力なんてもの
がある。コイツを無くさないといけない。他の先進国では石油火力なんてほぼ皆無なのだ
から。

0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年07月24日 09:59
    目標設定と言うのは難しい。

    普通に実現できるのならば、目標じゃなくて計画で良い。
    しかし計画とすると意図的にハードルを下げたくなるので困る。

    目標が独り歩きすると、その言葉を盾にムチャを押し通そうと
    する輩が出てきそうだ。

    いわゆる、本心を隠した大義名分によるゴリ押し。

    良かれと思ってやるならまだいいが、利権を得ようとする例も
    後を絶たないですよね。

    利権に群がった連中は後で分かるんだが、前もって分かれば
    どんなに良い世の中になるのやらと思う。

    やはり人間を子供の頃から磨くしかないのかな。

    磨くのを手伝うオトナが腐っていると、それもできない。
    今の日本はどういう状態なんでしょうね。

    エネルギーも人間も悪い所を紹介して、良い所も紹介する。
    そのうえで皆で考えるしかないかな。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する