ホーム > mixiユーザー(id:17119814) > mixiユーザーの日記一覧 > 借金大国

mixiユーザー(id:17119814)

2015年07月10日11:18

68 view

借金大国

対GDP比246%もの借金を抱えている我が日本。しかし日本ではギリシャのような社
会不安は起こっていない。これはなぜかというと、まず一つには、日本が借金をしている
相手というのは99%以上が「日本国民」であり、外国ではないということだ。言ってみ
れば子供が親に借金しているようなものである。

だから日本国民側が「さっさとカネ返せや」と騒ぎ出さない限り大事にはならない。とは
いえ、放置しておいて良い問題でもない。国が借金するということは国債を発行するとい
うことで、国債には返済期限がある。日本も毎年毎年国債を返しているわけだが、その返
済に当てるカネも国債発行によって賄われている。いわゆる自転車操業である。

こんなことをいつまでも続けていくわけにも行かないが、これを脱却するためには、ギリ
シャのような大幅な緊縮財政を引くか、大増税をするかである。しかし日本の場合には、
前者の緊縮財政というのはなかなか思うようにはいかない。

まず、霞ヶ関の役人達が抵抗する。自分達の使える予算が少なくなるからだ。しかしなが
ら国民の社会保障費なんかは徐々に削られていっているのが現状だ。医療費負担なんかも
年々上昇している。だけど要るのか要らないのか良くわからん高速道路はバンバン作った
りしている。

ということで緊縮の方向にはなかなか行かないので、必然的に増税の方向に行くことにな
る。が、大企業には優遇税制を引いて国際競争力を高めていかないと、中国やらの外国企
業に太刀打ちできない。だから必然的に増税は消費税に頼ることになる。今は8%の税率
だけど、まあ最終的には25%にするしか無いだろう。この国の運営もなかなか問題だら
け。うまい解決策なんかどこにも無さそうな感じだな。

0 1

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2015年07月10日 12:22
    国債という目に見える借金。

    年金、郵貯という目に見えない借金。
    (本来の趣旨以外の使い方で、経済成長のタネ銭にしてきた)

    国防をアメリカに任せて、カネ(自前国防より安い)で処理して
    精神的借金をしてきた。
    おかげでアメリカが世界に無理言う時に賛成しなきゃならない。

    これからどうするかということが大事だが、難しいですよね。
    それなりな政治家がまだ生き残っているんだろうか。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する