ホーム > mixiユーザー(id:170191) > mixiユーザーの日記一覧 > 池袋の循環バス「IKEBUS」乗車&餃子の王将食べ放題オフ

mixiユーザー(id:170191)

2020年01月20日00:38

29 view

池袋の循環バス「IKEBUS」乗車&餃子の王将食べ放題オフ

池袋の餃子の王将で行われたオフに参加してきました。
今日は日中は何もせずにゆっくり過ごし、夕方になってからうちを出て、余裕を持って少し早めに池袋に到着。
フォト

入店まで少し時間があるのでサンシャイン付近を散策しようと思っていたのですが、昨年11月より運行を開始した循環バス「IKEBUS」が東口の交差点にちょうど来たので、暇つぶしも兼ねてこれに乗ってみました。
IKEBUSは、東口から旧区役所跡にできた「Hareza池袋」、東池袋駅、サンシャイン、区役所などを経由するAルートと、西口からHareza池袋、サンシャインを結ぶBルートがあり、今回はAルートを南池袋公園から乗りました。
普通の路線バスと同じく運賃先払い方式(大人200円)ですが、交通系ICカードは使えず現在は現金での支払いのみになります。そして、将来的にはQRコード決済もできるようになるそうで、QRコードリーダーも設置されていましたが、今のところ準備中でした。
一般的なバスの運賃箱ではなく、タッチパネル式の券売機のようなものが設置されていて、それにお金を入れる方式でした。そして、お金を入れると「スーパーマリオブラザーズ」でコインを獲得したときと同じ音が鳴るのが面白いです。
キャタピラの戦車か雪上車みたいに10輪のタイヤが並んでいるのがユニークで、これは群馬県にある「(株)シンクトゥギャザー」という低速電気自動車や自動運転車の開発を手掛けるベンチャー企業の製品とのことです。富岡製糸場周辺の周遊バスも同型車を使っていて、あちらはスバル・サンバーのヘッドライトなどを流用していました。
フォト

内装は木目調で異なる柄の座席が並んでいるなどなかなか個性的で面白いですが、このバス実は非冷暖房車なのですよね。元々はトロッコ列車みたいに屋根だけのセミオープンタイプの車両なので空調の搭載は想定していないそうで、今ならいいけど夏になると窓全開にしないと暑いでしょうし、知らないで乗ってクレームをつけてくる人が出ないか心配です。
そしてバスの最高速度は僅か19km/hで、自転車でちょっとスピードを出せば簡単に追い抜けてしまうくらいの遅さですが、敢えてゆっくり走ることをコンセプトにしているし、そもそも通勤よりもショッピングなど行楽目的での利用を想定したものなので、こうやってゆっくり散策するのも悪くはないでしょう。但し、残念ながらそういうのに理解のない奴も少なからずいるようで、区役所付近の細い道を走行中にクラクションの連打が後ろから聞こえ、見るとバイクの奴が執拗に煽っていました。
バスは30分くらいかけて1周して池袋駅東口に到着。
個性的な外装ということもあって街中での注目度が高く、到着したら通りすがりの人、特に女性の集団が集まってきて写真を撮っていて、中でも長い髪をマフラーに挟んだしまい髪の仙台の怖いお姉さんもとい杏or芳根京子みたいな人(相方は同じくマフラーしまい髪だけど丸山礼みたいだった)が「かわいい!」と叫んで大はしゃぎしながら撮りまくっていて、正直バスを降りづらかったです(汗)。
何だかバスを囲まれるジャニーズなどのアイドルやサッカー選手の気持ちがよく分かったかもしれません(と思ったら、サッカー選手が乗ったバスを取り囲むのはフーリガンなど頭に血が上った人なので、それとは違うシチュエーションですね・・・)。
フォト

そして、19時のオフ会開始に合わせて餃子の王将池袋東口店に入店。
餃子の王将は一部店舗で餃子食べ放題コースをやっていて、今回のコースは大皿料理5品+2時間餃子食べ放題、ドリンク飲み放題で3000円というものでした。
まずはビールで乾杯し、ホイコーロー、サラダ、唐揚げ、あんかけ焼きそば、エビチリが運ばれてきました。
フォト

一品料理は食べ放題の対象外ですが、餃子食べ放題とドリンク飲み放題で3000円というのはなかなかコストパフォーマンスがいいですね。酒はあまり飲めない分食べてカバーしましたが、おかげでかなり満腹になりました。
また、今回は鉄道など乗り物趣味系の人が多い集まりだったので、そちら系の話で結構盛り上がりましたし、他にも色々と話していたら同じ大学で学部学科も同じだった大先輩がいてびっくり。しかも、ともに知っている教授がいたりで、まさかこんなところでそういう共通の話題が出るとは思いませんでした。
ちなみに10年くらい前に、別のオフ会で知り合った大きな猫が同じ大学でやはり共通の知っている教授がいて、その教授のづら疑惑ネタで盛り上がってしまったりもしましたが、残念ながらその時限りで終わってしまいました。
次のここでのオフ会はいつになるかは分かりませんが、既に企画されているそうなので、こちらも今から楽しみです。

今回の日記、その他写真は、こちらにもアップしております。
http://blog.livedoor.jp/silkroad_vx/archives/5255936.html
7 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する

<2020年01月>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031