mixiユーザー(id:1682634)

2005年11月23日18:40

36 view

スキルアップの方法論

別に卓上ゲームや武術に限った話ではないのですが、スキルアップの方法というものについて少し考えてみました。

よく言われるのが、定跡や型が既に確立している分野における「守破離」です。システムを知った後に、まずは定跡を覚え、次いでそれらにアレンジを加えてその特性を学び、やがて自らの境地を得るというものです。この方法は、変な癖が付くこともなく、ある程度までの上達が確実に見込めます。ただし、定跡から離れることができないとそこで成長は止まります。

それに対して、システムを知った後に、定跡を覚えることなく、特性を学んでいく方法もあります(相手が充分にスキルある人であることが必要です)。定跡形になったときには弱いですが、乱戦には強いです。確実に強くなれる保証はありませんが、最終的には最強になる可能性を持っています。

スキルアップの方針はこれら2つが典型だろうと思います。どちらが優れているかは、そのジャンルやテーマによりけりです。また、どのレベルを目指すかによっても違うと思います。


そういえば、学校の勉強において「解いたことのある問題だけは全て解ける秀才タイプ」と「どんな問題でも一定確率で解ける天才タイプ」とがいませんでしたか?
おおざっぱに言えば、積み重ねの少ないうちは天才タイプが有利となり、受験などの定跡の定まった勉強になると積み重ねてきた秀才タイプが有利となり、そして、定跡の定まってない研究では天才タイプが有利となり、ルールの定まった企業では秀才タイプが有利となり、定跡の定まってない経営では天才タイプが有利となります。
スキルアップの方法論も、このタイプ差に似ています。
0 7

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2005年11月23日 18:42
    なお、ボードゲーム『アクワイヤ』における流派別の上達方法については、またいずれ?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2005年11月24日 00:18
    次の日曜日が大会ですので、それまでに
    アップしていただけるとありがたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2005年11月24日 00:28
    きっと、しゅうさんがアップしてくれると思います。< 流派別について
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2005年11月24日 00:35
    日曜日までにアップするんですか???

    努力はしますが期待しないでください。
    いずれまとめるべきテーマの一つであるとは考えているので。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2005年11月24日 15:18
    覚え書き。
    私の『アクワイヤ』プレイ回数は38回です。
    大会で4回、柏木で1回。殆どが盤ガードで。
    3人戦は1回だけ、半分以上が5人戦です。< 2人プレイもしてみたい
    初級者卒業はまだ遠い?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2005年11月24日 19:09
    流派についてですが、橋本流はとにかく乱戦に強い。
    橋本で対等に戦うことができれば、どこででも通用すると思います。難点は、取得までに相応の経験値を積むことが求められる(早い人で30回、遅い人では無限大)こと。あと、生き生きと楽しんで打っている人が多い。
    ゲームをコントロールする楽しみを皆で共有している。あと、不利な状況になると脳内麻薬を分泌する人が多いのも特徴。

    某新宿でお世話になっているところの流派は、初心者(入門者)には非常に優しい。かつ覚えやすい。分かりやすい論理である。難点は一定の壁にぶち当たったときに成長しにくくなること。もうひとつは、その流派の方々が多数を占める場でプレイする場合は問題ないが、ハチャメチャなプレイの人間が出てきたときに対応するのが意外と難しくなりやすいようになってしまうことかな。

    理想は私のような打ち方をする人間が多数いること。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2005年11月25日 19:20
    その「私のような打ち方」をいつか詳しく文書に(笑)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する