mixiユーザー(id:1682634)

2007年02月25日19:27

44 view

旅のひとときを…(影絵パズル)

いくつかの木片を組み合わせて指定図形を作るパズルを「シルエットパズル」といいます。十種類が市販されており、それぞれに数十問ないし百問ぐらいが付いています。それらの中では『The T(4片)』(芦ヶ原伸之/HIKIMI)が定番です。難しいだけなら他にいくらでもありますが、やはり「簡単に見える」と「意外な解法」は重要です。
個人的には『The F(6片)』(芦ヶ原伸之/HIKIMI)と『クロスパズル(5片)』(小黒三郎/ミツミ)がお勧めです。

ホテルや温泉宿にはときおりシルエットパズルが置いてあります。「湯あがりなどの待ち時間に遊んでみて気に入ったら宿の売店で買って下さい」という商売です。簡単そうに見えて手を出すと、意外に難しいことに気付かされます。初めての人なら数問のサンプルに十数分ぐらい掛かるでしょう。それが悔しいのか、それなりに売れているそうです。
『The T(4片)』は1000円ぐらいしますが、相当品が100円ショップでも売られてます。

見たことあるでしょ?
0 3

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年02月25日 19:40
    旅先でよく見かけます(^^)♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年02月26日 21:31
    懐かしいです。 昔、小さい時に親と旅行行ったときなんか風呂上りとか暇な時とかよくそのパズルで遊んでました。

    確かにむずかしかったです。 どうやるんだろうってシルエットの形と睨めっこしながらやってたような記憶があります。笑

    懐かしいな。 またやりたいです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年02月27日 19:49
    休憩時間などにこつこつとクリアーしています。いまではほとんど秒解できてしまうので、たまに分からない問題があるとうれしいです。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する