mixiユーザー(id:1682634)

2007年02月02日17:38

32 view

生徒を個人として見ない教師

遅刻者が多い朝に、遅刻しなかった級友たちが教師に「遅刻が多い!たるんどる」と説教されるのは、実に不条理なことです。誰かが遅刻したことについて、その級友たちに責任はありません。また、遅刻者が「友達に迷惑を掛けて心苦しい」と思うはずもありません。そもそも、「お前が遅刻したら、お前の友人が苦しむ」というのは教師が用いるべき説法ではありません。
このような馬鹿げた説教は、教師のフラストレーション発散でしかありません。効果がないだけでなく、反発を買うだけです。
=

類題?
「お前の先祖が俺たちに迷惑かけたから、お前が謝罪と賠償しろ」
0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年02月02日 17:50
    でも、そんなところに工場を建てて喜んでいる人も多いですけどね...<類題
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2007年02月03日 09:10
    たしかに!それは教師ではなくて教官のやることですね(笑)「遅刻したやつがくるまで腕立て伏せヨ〜イ!」まあ本当の連帯責任というのは強制されて理解できるものではないですけど。

    謝罪と賠償に理解を示す方達の活動のおかげで税金がつぎ込まれて税率や社会保障費が上がるというのが、本当の連帯責任かも!?そこまであなたの身を切って謝るか?と直接言われたら、Yesという人は少ないのでしょう。たぶん・・・

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する