mixiユーザー(id:1682634)

2018年10月01日07:39

367 view

ゲームと呼ばれていたもの

いわゆるコンピューターゲームの登場によって、それまで「ゲーム」と呼ばれていたものに新たなカテゴリが増えました。そして、それまで単に「ゲーム」と呼ばれていたものはレトロニムとして「(広義の)ボードゲーム」などと再命名され、コンピューターゲームが単に「ゲーム(新定義)」と呼ばれるようになりました。
つまり、コンピューターゲ−ムは、「ゲーム(新定義)」そのものであり、「ゲーム(旧定義)」の一種であるが、「(広義の)ボードゲーム」ではないということになります。

ところで、コンピューターゲームのジャンルの一つとして「ゲーム(旧定義)」を扱ったものがあります。例えばコンピューター将棋などですが、それらを「ボードゲーム(広義)」に含めるか否かは議論が分かれます。最近のボードゲームサークルではコンピューターを用いたものを禁止しているところが少なくありませんが、私のとこでは別に構わないとしています。便宜的なレトロニムにそこまで縛られるべきではありません。

8 8

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月01日 08:02
    いえ、30年くらい前から、遅くとも20年くらい前からは「コンピューターを用いたものを禁止しているところ」がありました。これは、禁止サークルの主催者が、わざわざ自分が手間をかけるサークルがボードゲーム以外に供せられることに嫌気がさしているか、せっかくだからその場はボード縛りにしようと目的付けしているのかいずれかだと考えられます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月01日 08:05
    その場で何を遊んでほしいかという主催者が選んだテーマが大事なのではないでしょうか。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月01日 23:56
    普及・浸透したか否か、ですね。
    RPGとか、ギターとか。
    おっさんとしては、ギター=アコースティックギターですが、今はアコギといわないとならんようで。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月02日 07:02
    > mixiユーザー ええ、そうなんですよ。ただ、「何を遊んでほしいか」の判断基準として「ゲームはボドゲではない」はそれほど重く考えることもないのではないかと言いたいわけです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月02日 07:03
    > mixiユーザー Wikiなどでレトロニムの一覧を見てみると、時代の流れを感じることができますね。はい、私もすっかりおっさんです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月29日 21:45
     「コンピューター将棋はボードゲームか?」ですが、そもそも「コンピューター将棋」はコンピュータを用いて「将棋を再現」したゲームではなく、コンピュータを用いて「競技者を再現」したゲームだと思います。
     遠隔地でネットを使った対人将棋は紛れもなくボードゲームでしょう。
     その相手が人でなく機械に置き換わっただけ。
     自分の解釈はそんな感じです。


    >「ゲーム(新定義)」

     Σ (゚Д゚;)
     全然意識してない内に自分の脳内定義が変わってる事に気付かされた。
     これも一つの文化汚染かも?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月29日 23:09
    > mixiユーザー 
    そしていつか知るのです。「いつから対戦相手が人間だと錯覚していた?」と…(笑)
    「レトロニム」で検索すると愉しいカルチャーショックを受けます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2018年10月31日 21:01
    >レトロニム

     ありがとうございます。
     これは良い時間泥棒ですね...(^^;

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する