mixiユーザー(id:1682634)

2010年08月17日14:04

68 view

「歴史の目的」の差異を認識すべき

私のマイミクにそういう人が多いせいか、ここしばらく歴史認識についての日記が多かったよーな?(笑) < ここ数日では「日韓併合を肯定する人に歴史を語る資格はない!」のあたりも。



現代において、自然科学の目的は「自然界の諸事象を正確に説明&予測する理論体系を構築すること」あたりで共通認識がありますが、社会科学の目的については必ずしも共通認識があるとはいえません。

例えば「法律は何の為に存在するのか?」については文化圏あるいは自治体ごとに様々な考え方がありますし、実際の法律体系も様々なものが構築されています。
だから、法律を学ぶ者は「法律の目的はどのようなものか?」と「法律の実際はどのようなものか?」とを学ぶわけです。これらを学ぶことで、「様々な学説が存在すること」を前提に条文を議論できるようになります。もしも学説の違いを考慮せずに条文だけを議論するならば、いつまでたっても埒があかないことでしょう。

社会科学の中でぜんぜん埒があかないものの一つに「歴史」があります。確かに、過去の出来事である「史実」は唯一ですが、史実の解釈である「歴史」はいくつも存在しています。
私は、埒があかない原因は「歴史の目的について共通認識がないこと」にあると考えてます。「歴史の目的は何であるか」という共通認識が存在しないのに「具体的な歴史の記述」の共通認識を見いだすのは原理的に困難だからです。



世の中には「良い歴史とは、史実をより正確に記述したもの」(ここでは歴史学と表記します)と信じ込んでいる人もいますし、「良い歴史とは、交渉がより有利になるよう記述したもの」(ここでは歴史術と表記します)と信じ込んでいる人たちもいます。「歴史学」においては根拠を元に歴史を記述しますが、「歴史術」においては歴史にあわせて根拠を編集します。

ある文化圏で歴史学が発達するためには、長い伝統に基づく解読可能な現存資料がたくさんあることが必要です。たくさんの資料があれば捏造や隠蔽は困難になり、歴史術の有用性が減ります。逆に言えば、解読できる現存資料が少なければ少ないほど捏造や隠蔽が容易になり、歴史術の有用性が増します。

歴史術においてはプロパガンダが重要になります。都合のいい根拠だけを大声で繰り返すだけでなく、相手の発言を封殺したり、自国や周辺国のマスコミや教育界に介入するのも当然のこととされましょう。

興味深いことに、歴史学者からは「相手が捏造している」ように見えますし(あるいは捏造に気がつかないかも知れませんし)、歴史術者からは「相手も捏造している」ように見えます。



日本人はもっと「歴史の目的」の差異を認識すべきだと思います。具体的には「捏造することは正当だと信じている歴史術者たちが存在する」と知るべきです。さもなければ、ずっと長いこと水掛け論が続き、やがて交渉力が強い側の言い分が通ってしまいましょう(あるいは、通ってしまいました)。< 法律界に喩えるなら「悪徳弁護士を批判するだけではなく、彼らに対抗できるようになるべし。判例は勝者によって作られます」です。
感情的な対立の可能性を減らすためにも、重要なことだと思います。
7 9

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年08月17日 14:14
    たまに思うのですが…。
    真面目に推敲してどこかに投稿すれば1%ぐらいは採用されるかな♪
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年08月17日 14:27
    こんにちは。
    いつも思いますが、素晴らしい評論ですね。
    文芸誌に投稿したら採用されるように思います!!!!

    >過去の出来事である「史実」は唯一ですが、史実の解釈である「歴史」はいくつも存在しています。

    まったくそのとおりです!

    「捏造することは正当だと信じている歴史術者たちが存在する」と知るべきです

    なるほどーと頷きます。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年08月17日 14:51
    山羊座嘘や捏造でも裁判で勝てば、その判例が法律になるでしょうね。
    違法や強要も放っておくと慣例となり、いつしか既成事実として成立します。
    恐ろしい話しっす。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年08月17日 20:02
    某国みたいに二次創作的歴史を外交用の手持ちカードにされるのは勘弁ですな(苦笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年08月17日 20:40
    日本から見た大東亜戦争と、ヨーロッパから見たWW2と、アメリカから見た日米戦争は、全部解釈がことなりますしね。
    どこらへんで意見をすりあわせていくかは難しいです。

    でもWW2後に植民地に軒並み独立された列強が、日本を恨むのはしょうがないですがね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年08月17日 21:13
    > Haru さん
    「法律も歴史も利害調整のための道具である」という思想は確かに存在します。史実を根拠にすると不利益を被る人たちも確かに存在します。

    > 八郎べえ さん
    「勝てば官軍」や「歴史は勝者によって作られる」が現実です。だから、「史実を根拠に歴史を記述する」を実現するために、歴史術を相手に勝たなければなりません。

    > 黒騎士@第六天魔王 さん
    勘弁願いたいです。だから、それを論破できるだけのカードを用意しておくべきです。嘘や捏造が通用しないと示すことで、史実を根拠に物事を決めるきっかけになるかも知れません。それは双方の発展にとって有意義なことだと思ってます。

    > 松尾咲耶 さん
    いずれも正しいのですよ。すりあわせすることで不利益を被る国家は、すりあわせに反対します。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年08月17日 23:01
    歴史教育の目的についても要留意かと。 イングランド人の知人によると、向こうでは歴史が必修ではなく、習っても通史はやらない由です。 というのは歴史教育の目的が事実を教えることよりも論理的思考力をつけさせることらしいです
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年08月17日 23:29
    マジレスすると、対象読者層を絞って文体を整えれば、商業誌で通用するコラムになる気がします。
    ただ、辛いところは、いかに面白いモノを書けるかということよりも実績やネームバリューが大きい世界ですので、
    「最初の1回」を載せるのがものすごく難しいのですが、そこを乗り越えればとんとん拍子にいく可能性もあります。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年08月18日 08:09
    > Yuji さん
    「知識ではなく知恵を教える」という目的は理解できます。
    イギリスも複雑な歴史を持つ連合王国ですから、たしかに通史は難しいかも知れません。

    > みく さん
    ありがとうございます。
    「ちゃんと毎日1時間ぐらい費やせば、(ネタは余っているので)頻度も上がるし、もっと読みやすくも書けるかな」と考えてます。
    確かに「最初の1回」は難しいだろうと思います。いっそのこと2年ぐらいかけて出版しちゃうべきか(笑)

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する