mixiユーザー(id:1682634)

2010年04月30日23:55

40 view

絶対的な幸福と相対的な幸福

例えば裕福であることを幸福とする価値観において「裕福度5の社会に住む裕福度4のAさん」と「裕福度2の社会に住む裕福度3のBさん」とのいずれがより幸福でしょうか?
この問題を考えるにあたっては、裕福に対する価値観が問題になります。つまり、「絶対的裕福を幸福とする価値観」においてはAさんの方がより幸福でしょうし、「相対的裕福を幸福とする価値観」においてはBさんの方がより幸福でしょう。

ところで、価値観は人それぞれで異なりえます。だから、Aさんが「絶対的裕福を幸福とする価値観」を持ち、Bさんが「相対的価値観を幸福とする価値観」を持つようになれば、世の中の幸福の総量は少しだけ増えましょう。
先進国に住む私たちは総じて、「絶対的裕福を幸福とする価値観」をもって生きられるようになるのがいいと思います。そしてその絶対量を着実に増やしていけばいいのです。< ただし、相対評価が必要なケースやゲームなどにおいては「相対的裕福を幸福とする価値観」で行動することも求められます。

みんなが幸せになれるよう、できることをやっていきたいです。
0 2

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年05月01日 00:17
    いい日記ですね。
    そのとおりだと思うのですが、それを文章でまとめられるのがすごいと改めて思います。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2010年05月01日 19:53
    > sha (CR-Z?) さん

    日記の内容はすごくシンプルです。ときどき自分の価値観を再確認するために、こういう日記を書いてます。< だからコメントはあまり期待してないわけで…
    でも、いつも読んでくれていてありがとう。

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する