mixiユーザー(id:1682634)

2009年07月31日09:24

39 view

ボドゲ界の内における交流

私は「ボードゲーム普及の為には、ボドゲ界の内に一般人を招致するよりもボドゲ界の外にボードゲームを紹介する方が効率的だ」と考えてます。紹介においては「ボードゲームは交流の為の道具である」というスタンスを重視すべきです。
この考え方は「ボードゲームはプレイの為の道具である」というスタンスを否定するものではありません。実際に、ボードゲーム界の内部においてはそのようなスタンスの人も少なくありません。

だから、ボドゲ界の内における交流はプレイ以外の部分でなされることが必要になります。具体的には、プレイするために集まった日に一緒に食事したり雑談したりすることなどです。mixi日記を書いている人は、ゲームをきっかけにマイミク申請してみるのも有効でしょう。なお、名札を使って相手のHNを憶えるだけでは交流が成立したとは言いがたいと思ってます。
交流においては、ボードゲーム以外の話題も楽しめる関係になるのが望ましいです(なぜならば、単一の共通項で繋がっている関係は、一方あるいは双方が興味を失えばそこで人間関係が途切れてしまいがちだからです)。そのためには、ボドゲ以外の様々な話題に対応できるようになっておくことだけでなく、相手がどのぐらい興味を抱いているのかを推察できるようになることも大事です。さもないと「聞いてない。誰もそこまで聞いてない」のように思われてしまいます。
0 5

コメント

  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年07月31日 12:06
    袋小路のアフターでは、ボドゲの話ってあんまりしません。
    他のところもそうなのかしら?
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年07月31日 12:12
    > 娯楽堂さん
    5年ほどずっと袋小路のアフターに参加したいと思っているのですが、アフターに参加するとまともに帰宅できなくなってしまうのですっ(苦笑)
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年07月31日 22:26
    分析が大切ですね。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年08月01日 21:55
    外に向かった結果、自分がその"外"を"内"から守る防人とならなければいけないと決意することも多いものです。
  • mixiユーザー

    mixiユーザー2009年08月01日 22:10
    > ナックル さん

    大いに同意。適切な選択は適切な解析から。

    > アサヒナ さん

    外に出るためにはボドゲ関係以外の人脈をそれなりに持っていることが必須になるし、そのような人脈をちゃんと維持できてる人なら外に出ても問題ないし。< 深読みを要す

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する