mixiユーザー(id:1677856)

2016年07月03日05:16

765 view

ラブライブ・サンシャイン!第1話感想メモ

札幌在住な私は最速放映を観るため、AbemaTVを選択。
ニコ生のように叩き出されることもなく快適に第1話の観賞終了。
続けてBS11でハシゴ観賞w

その後で放送当日に感じたことを残そうと思ったので、自分向けの備忘録的に。
ほとんど問題ないとは思うものの、北海道で地上波放送待ちな人もいるため、若干考慮しています。
ドラッグして選択範囲すれば見えるのです。
※PCでmixiから見てないと目隠しが意味ないのね。
※というわけで、ネタバレにて書いてますので、嫌な方は回避願います。







<strong>★第1話 「輝きたい!!」</strong>

千歌の独白から物語が始まる。
春休みかその前に秋葉原に曜と遊びに来ていたのか、メイド喫茶の開店チラシを受け取ろうとした矢先に吹き荒れる運命の風。
手招くように導かれた千歌が目にしたのは─


■OP「青空Jumping Heart」

序盤の「♪“ちょっと待って!”なんて無理─」と歌っているシーンのCGの動きの滑らかさが半端ない。
ライブシーンは今後も丁寧に作って欲しいという要望を見事に請け負っていただけているようで嬉しい限り。

3年生3人組が雨風の中で一緒にうなだれているシーンがまず「おや?」と思ったところ。
このひっかかりは本編にも何箇所か出てくる。
そして、その直後の千歌がシルエットに向かって走っていくシーン。
最初はAqoursのメンバーかと思ったけど、影の足を数えると9人いるように見えるから、もしかしてμ's……?
それにしても若干シルエットが違う気がする娘もいたりして果たして?

歌っているステージはどこがモデルなんでしょうか。

画面外枠からのフレームインは伝統芸能なのかw
ヨハネとダイヤがお茶目に左右を固めつつ、曜ちゃんがことりばりにアップでインしたのはわろたww
あとリーダーの練習着はやはり自分の名前の頭文字(「千」)プリントなのねwww


■本編

早々に千歌の二人の姉登場。
志満姉さんが阿澄佳奈さん、美渡姉さんが伊藤かな恵さん。
台所に立っていた方が志満姉さんだったのかな? それともお母さん?
で、その場には「ラブライブ!」ではアルパカ役だった麦穂あんなさんが“しいたけ”という犬役に!!w
これはなんとも嬉しい配役ww

さて、運命の風により自分の通う浦女にスクールアイドル部を立ち上げようと一念発起する千歌。
そんな千歌に対して曜ちゃんが問いかけた「今までどんな部活にも興味ないって言ってたでしょう」という言葉に「おや?」という違和感が。
きっとアグレッシブに興味あることに突っ込んで行ってるタイプだと思っていたもので。
更にバスの中での「でも…」と濁す曜ちゃん。
ここの部分は、後になるとわかる。

部員募集で大声を張り上げるも惨敗。
そして一年生組が「あはは、うふふ」と顔見世登場。
花丸&ルビィが「美少女…?」と定義づけされるw
そして勧誘時の決まり文句「悪いようにはしないから」ww
穂乃果も花陽ちゃんにそう言って迫ってましたよねぇ。
で、ターゲットがルビィに移るのは自然の流れだけど、チラシに釘漬け。
この時のロックオン状態の目つきがちょっと気に入りましたw
それにしても、花丸がなかなかいいキャラしてるw
千歌がルビィの手を触った瞬間に落ち着いて自分一人だけ耳を塞ぐところとか、ヨハネの口上を喰い気味に遮って「善子ちゃん!」と連呼するわ、思った以上にやり手かもしれないw
それにしても、ここのところは少々超展開に感じましたね。
キャラを極端に見せているんだろうけど、イロモノにしかねない押し出し方で…うーん……

一年生組退場後、休む暇を与えずにダイヤ様が御登場。
予告通り、千歌の前に立ちはだかります。
どうしても認める気がないのは、最初はルビィ絡みで認めようとしていないのか…と思ったりもしたのですが……

その後の、千歌が果南にスクールアイドル部に誘おうと思っていたと聞いた瞬間の果南の動揺。
ダイヤが頑なにスクールアイドル部の設立申請を認めようとしないのに、ラブライブ!へのエントリールールに明るかったこと。
この二点の「おや?」がOPの「おや?」と結びつき、大胆予想してみれば……
一年生の頃にダイヤ、果南、鞠莉でスクールアイドルを目指したことがあったりして?
何らかの事情で夢破れて、ダイヤのように頑なだったり、果南のように複雑だったりしているのでは?
で、何らかの事情というのが鞠莉が内浦を二年離れることになったことに関係があるのかも?
だからこそ、ヘリを見た際の果南の固い声だったのかも……
まぁ、何週かしたらわかるのでしょうけど、楽しみですな。

梨子については……4月の夕方の浜辺で突如制服を脱ぎだすという奇行を見せられ驚きましたわ。
ここでのやりとりで作曲担当となることがわかったものの、音ノ木坂にいたのにμ'sどころかスクールアイドルを知らないという。
千歌の説明では既にドームでラブライブが行われており、少なくともSDSから1年以上は経過しているものと思われ、μ's活動時には梨子が音ノ木坂に在籍していなかったものかと判断される。
巷では、梨子が知らないことにかなり大きな違和感を訴えていたりするものの、私は『時間』が経過していて、アイドルとかに興味がなければ、知らないということも十分に有り得ると思うので、そこはそういうものなのだと思うし、μ's以降はμ's程に学院全体を巻き込んで活躍をするほどではなかったのかもしれない。
しかし、数年単位での時間経過があったとすると、OPのシルエットは数年を経たμ'sの姿なのかも、なんて思ったりも。

そんなこんなで梨子で転校してきて、千歌が「奇跡だよ!」と叫ぶとラブライブ!恒例のミュージカルへ突入!!w
「ススメ⇒トゥモロー」ポジションな「決めたよHand in Hand」
どちらかというと、中庭で歌っていたことから劇場版挿入歌の「Future Style」の方が近かったですね。
そういえば、1月のお披露目イベントの「Step! ZERO to ONE」でのライブシーンの間奏で手を前に押し出す振りがあったけど、何かこだわりがあるのか、この挿入歌でも見せているのが興味深かったですよ。

■次回 「転校生を捕まえろ!」
さて、どうなることやら楽しみですわね。

■速報! 1st LIVE 開催決定!
BD第1巻に最速先行抽選申込券が封入されるということで、11月か12月辺りに行われるのでしょうかねぇ。
LVかな、行けるとしても。
でも、そのパフォーマンスを観に行きたいのは確か。


0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する