mixiユーザー(id:16748406)

2015年03月05日09:14

85 view

山野楽器落語講座&落語会 反省

昨日は、早めにメールの整理をして池袋山野楽器へ。

第一部・馬桜落語講座「昭和の名人シリーズ・その5 林家正蔵」
勿論 先代・俗に「とんがり」と言われた稲荷町の師匠です。
色々なエピソードを話してから、落語研究会のビデオを見る。
芝居噺【双蝶々 雪の子別れ】正蔵師80歳の師走の口演です。
お元気で、滑舌もしっかりしてるし・・・自分が八十歳でこれだけの口演が出来
るかしら?
素晴らしいです。

第二部 熱血若手落語会
|、だくだく  馬桜
*二回目の口演でしたが、寄席でなんとかなりそうです。
こう言う荒唐無稽な噺は照れちゃ駄目ですね。
|、狸の札   めぐろ
*だいぶ手を加えて下げも変えました。本人から聞きました。
|、味噌蔵   馬るこ
*大勢物だと、誰が喋っているのかが? 解ら無くなるときがあります。
 きちんとすべて聴いたのでは無いので・・・難しいですね。
|、千早振る  鬼〆
*スタンダードな遣り方でした。
 奇を衒(てら)わないのも一つの見識です。

高座でも言いましたが、毎回の暖かいご常連さんに支えられてます。
そして、なんとかして20名以上のお客様で、と思ってますが・・・。
なかなかこの壁が乗り越えられません。
平日の昼間ですし、無理は無いと思いますが、若手には稽古をしっかりすれ
ば・・・。
いつか越えられる壁だと思います。

終演後 四人で情報交換をして帰宅。
黄金週間の番組で、5日・6日の三部がまだ未定です。
一部の独演会は、【髪結新三】を洗い直して口演するかも?

今日はこれから、橋之助丈初役の新三を国立劇場に見に行きます。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する