mixiユーザー(id:16600073)

2020年10月23日05:18

35 view

韓国のインフルエンザワクチン のメモ

■インフルワクチン接種後に死亡、1週間に12件 韓国
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=6278385

・韓国政府は、コロナとインフルエンザの同時流行を防ぐため、インフルワクチンの無料接種を決めた。
・入札で決まったワクチン供給元は、これまでに大量供給の実績がない業者だった。

・業者によるワクチンの供給が始まってしばらくして、車両輸送の際に ワクチンの詰められた段ボール箱が相当数、路上にしばらく置きっぱなしにされていたことが発覚した。
・通常、この手のワクチンは、熱によるタンパク質の変性を防ぐため、輸送や保管は冷蔵状態で行われる。使用されたダンボール箱は特に断熱処理はされていない、ごく普通のもの。路上放置が行われた当時は、まだ残暑の厳しい時期だった。

・ワクチンの安全性を疑問視する声も多かったが、これから代わりのワクチンの生産するのでは インフルエンザの流行期に間に合わない。放置ワクチンも、サンプル検査で「品質に特に問題なし」という結果が出たため、政府は予定通りにワクチン接種を行うことにした。

・ワクチン接種後に死亡した例が、総計で二十数件発生。しかし「ワクチンとの因果関係が不明」ということで、韓国政府はワクチン接種をそのまま継続することにした。

因果関係は不明なのだけれども、ケチが付いたのは間違いない。コロナは上手くやれてただけに、つまらないことをしたものだよなと。

3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する