mixiユーザー(id:16600073)

2020年10月21日05:19

15 view

チリの教会放火 の雑感

チリ、大規模デモから1年 国民投票実現も抗議続く
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65204200Q0A021C2FF8000/

おおよそ1年前、環境活動家のグレタさんは、ヨットで太平洋を横断して、NYの国連総会に出席。そのままチリで開催される国際環境会議へとハシゴする予定だったが、チリ国内のデモの過激化によって、環境会議の会場が急遽ヨーロッパに変更。会議までに再び太平洋を渡る方法を巡って、グレタさん周辺がてんてこ舞いした…みたいなことがあった。あの時のチリのデモは、まだ続いていたという話。

チリ首都の反政府デモ暴徒化 歴史的教会が炎上 10/19(月)
https://news.yahoo.co.jp/articles/0903ca6e0f00745e7b4ee291343639c5849acc5b

「カソリックなのに教会を焼くのか…」と思ったのだけれども、チリでは『聖職者による児童の性的虐待&隠蔽工作が発覚』『隠蔽工作を主導した聖職者が ローマ法王によって重職に抜擢』『反発した市民団体の代表が、南米歴訪中だったローマ法王フランシスコとの面談を希望したが、法王側が拒否』みたいなことがあって、不満は溜まっていたらしい。

もちろん、バチカンの方も全く何してないというわけではなくて、関係者や責任者を処分してはいるのだけれども、フランシスコ法王が「南米出身の改革派」と期待値が高かっただけに、それだけでは物足りなかったんだろうなと。

放火に対して教会が「神は暴力を求めてはいない」とコメントを出したけれど、神の代理人と思われていない教会が 神の名を持ち出しても 刺さらないよなと。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する