ホーム > mixiユーザー(id:16600073) > mixiユーザーの日記一覧 > ラジャパクサ弟 の雑感

mixiユーザー(id:16600073)

2019年11月18日06:31

13 view

ラジャパクサ弟 の雑感

■スリランカ大統領選、親中派が勝利 前大統領の弟
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5867871

4月のイスラム過激派による大規模テロによって、テロを防ぐことができなかった政府の人気は低下。代わりに、かつてのイスラム武装組織「タミル・イーラム解放のトラ」壊滅の立役者であったラジャパクサ兄の人気は上昇。その結果、兄の威光と自身の実績も相まって、ラジャパクサ弟が大統領選挙で勝利したという話。弟は大統領就任後、兄を首相に任命するのではないかと言われている。

まぁウィクラマシンハ政権がテロを防げなかったとは言うものの、
・仏教過激派を焚き付けて 宗教対立を激化させたのは、当時はシリセナ大統領と対立して下野していたラジャパクサ兄。
・インドからテロ警戒情報が来ていたのに、ウィクラマシンハ首相に情報を回さなかったのは、経済政策の違いから ウィクラマシンハ首相と対立、一度失脚させたラジャパクサ兄と組んで ウィクラマシンハ首相を追い落とそうと画策していたシリセナ大統領

なわけで、そこはかとないマッチポンプ感はあるのだけれども、人口の7割を占める仏教徒からすれば、「細かいことはさておいたとしても イスラム過激派は厳しく取り締まるべきで、そのためには実績のあるラジャパクサ兄弟」という話なのだろうと。

ラジャパクサ兄というと、対中債務を膨らませて、中国に港湾を譲り渡してしまった件があるのだけれども、こうやって弟が大差で大統領に当選したのだから、やはりそれも「細かいこと」なのだろう。まぁインドがタミル人過激派への支援を行い、欧米もそれに目をつぶっていた中、軍事支援をしてくれてたのは中国やパキスタンだったわけで、中国へのアレルギーは薄いのかもしれないなと。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する