ホーム > mixiユーザー(id:16600073) > mixiユーザーの日記一覧 > 艦隊これくしょん・E−4丙フレッチャー掘り

mixiユーザー(id:16600073)

2019年06月22日15:46

32 view

艦隊これくしょん・E−4丙フレッチャー掘り

丙丁はSでのみフレッチャーがドロップするが、丁と違って 丙にはダイソンがいるので、S勝利周回は至難の業。ゆえにE−3への友軍到着を待って堀を開始。

…が、何度やっても、やって来る友軍が弱くて閉口。友軍編成を確認したら、強編成には軒並み阿武隈が含まれていた。特効艦だからと阿武隈をスタメンにしていた私の編成では、強友軍が来ないのは当然だった。阿武隈→由良(対潜+先制雷撃)に変更。

そこからしばらく編成が迷走。その時点でもっとも強い友軍編成が比叡と霧島を主体としたものだったので、比叡+霧島→金剛+ビス子にしてみたり、手数の少ないタフィ3編成が来ないように、ジョンストンを入れて回避してみたりとかいろいろ。

もっとも、全ての弱編成を回避できるわけでもない。特効艦の比叡霧島を抜いて火力が落ちたところに、弱友軍でニッチモサッチモいかなくなって、A勝利どまりのパターンが繰り返され、元にもどしてみたり、また入れ替えてみたり。

結局、その後の友軍強化によって、友軍最強編成が金剛丙や榛名を主体したものに変更されたのを機に、霧島と比叡がスタメンに戻って決着。「(阿武隈以外の)特効艦を並べて殴る」、シンプルイズベスト。


S勝利67回めでフレッチャーをドロップ。ボス手前ル級3体マスでの大破撤退や、弱友軍によるA勝利止まりなどを引っくるめると、試行回数は80〜90回くらい。丙でのドロップ率が2・5くらい言われているので、大体標準内で収まったという印象。

フレッチャー以外のドロップはパッとせず、サムもジョンもドロップ無し。唯一の収穫はボス手前マスでドロップした秋津洲で、これで大艇4つ目。大艇を使わないと届かないようなところにボスを置くなという話は置いておくとして。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する