ホーム > mixiユーザー(id:16600073) > mixiユーザーの日記一覧 > ムルシ元大統領死亡 のメモ

mixiユーザー(id:16600073)

2019年06月19日06:59

24 view

ムルシ元大統領死亡 のメモ

■エジプトのムルシ元大統領死去 公判中に法廷で倒れる
https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5667843

・ムスリム同胞団は、イスラム過激派ではあったものの、その微に入り細に入る互助活動で、エジプトの民衆から一定の支持を得ていた。
・いわゆる「アラブの春」の流れで、親米・世俗主義的なムバラク政権が崩壊。ムスリム同胞団を支持基盤とするムハンマド・ムルシが大統領に就いた。
・ムルシ政権は 欧米から危惧されたほどにはイスラム主義ではなかったが、アマチュア政権であったために、政策が迷走。前政権末期から続く経済混乱を収束させるに至らず、支持率が低下。民衆の反発を抑え込むために強権化して、さらに民衆の反発に遭うという悪循環に陥る。
・ムルシとムスリム同胞団の支持率低下を受けて、軍部がクーデターを起こしてシシ政権が樹立。ムスリム同胞団はイランと共謀した違法集団だったとして、ムルシ以下の幹部を片っ端から逮捕して、その大半に死刑判決。一部はすでに執行。
・ムルシは死刑判決こそ免れていたものの、いくつもの罪に関与していたとして、その後も何度となく法廷に上げられ、とうとう法廷の中で倒れて、そのまま息を引き取った。

さすがに暗殺されたとは思わないけれど、同胞団メンバーが片っ端から死刑判決を受けている状況を考えると、その獄中生活の過酷さは想像に難くない話。普通に体を悪くして死んだとしても、何らおかしくはないだろうと。

まぁエジプトは今までだって過激派を弾圧してきたし、その指導者を処刑してきたけれど、それでもなお過激派は生き残り続けているし、民衆からも一定の支持を得ている。ムルシたちが死んだからといって、問題が解決するわけでもないだろうと。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する