ホーム > mixiユーザー(id:16600073) > mixiユーザーの日記一覧 > 龍角散のセクハラ騒動 の雑感

mixiユーザー(id:16600073)

2019年06月15日06:37

122 view

龍角散のセクハラ騒動 の雑感

社長のセクハラを指摘したらクビ 「龍角散」騒動、訴えた女性の姉も左遷されていた
https://news.livedoor.com/article/detail/16607682/

・龍角散の社長が、会社の飲み会の席で 女性社員にセクハラと思われる行動
・会社の法務担当が事案として調査をすると、社長が法務担当を叱責の上で解任
・法務担当の実姉である執行役員も、法務担当に飲み会の話を漏らしたとして、工場の追い出し部屋に左遷

>元法務部長の姉で同社の執行役員、福居篤子氏
>篤子氏は、龍角散のヒット商品『おくすり飲めたね』の立役者

突然の左遷を好機へと変えた「服薬補助のゼリー」女性開発者(2018年3月31日)
http://news.livedoor.com/article/detail/14512746/

・福居は、(当時)旧態然として赤字を垂れ流していた龍角散の中の改革派社員だった。
・守旧派の重役たちに疎まれて、地方工場の追い出し部屋に左遷。
・現社長への代替わり。守旧派が一掃されて、福居も本社に復帰。
・福居のプロジェクトによる商品「おくすり飲めたね」が大ヒット。
・龍角散再生の立役者の一人として、メディアなどに取り上げられるようになる。

まぁ社長にしてみれば、『干されていたのを昇進させてやっただけでなく、妹を法務担当にまでしてやったのに、恩を仇で返された』ということで、ことさら感情的になってしまったところはあるだろうか。再び工場の追い出し部屋に送ったあたり、意趣返しみたいなものを強く感じる。

もっとも、これまで開明的なイメージを前に出していた現社長。福居の登用がその代表例とされてきただけに、その福居を 自身のセクハラ疑惑で再び左遷したというのは、大いにイメージを損なうものではあるだろうと。今後の会社経営に、それなりに影響はあるかもしれない。

現社長は音楽家の経歴もあって、インタビューでも『音楽家としての経験を 経営に役立てている』みたいに答えているのだけれども、偉大な音楽家と言われるような人には、エゴイストで感情的な人も多いよなと。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する