ホーム > mixiユーザー(id:16600073) > mixiユーザーの日記一覧 > マングローブとクマの話

mixiユーザー(id:16600073)

2018年06月24日08:14

82 view

マングローブとクマの話

数年前、「フィリピンで1万2千人を買春した元校長」が騒動になったけれど、その元校長がフィリピンに向かう際、家族への口実に使っていたのが「マングローブを植えに行く」。その意味深な感じが、当時の私には大ヒットで、それ以来「マングローブ」と聞くと、ついニヤリとしてしまう。

で、最近Mixi内で「ついにリリース かわいいクマとマングローブの森を育てよう」というゲーム広告が表示されていて、『おいおい、マングローブを育てるのかよ』とニヤニヤしながら ゲームの説明を見に行ったら、「性的でかわいいクマたちと一緒に」と書かれていて、たまげたなぁと。「個性的」の「個」のところで改行されてたというオチなのだけれども。

性的でかわいいクマといえば、一昔前は「淫乱テディベアでググれ(ググってはいけない)」というのは、ネットの一般常識だったものだけれども、今の若い人に淫乱テディベアと言って通じるのだろうか。まぁ淫夢がこれだけ普及した今の御時世、うっかり淫乱テディベアを見たからといって、ショックを受ける人もいないかもしれないが。

ついにリリースされたという、クマとマングローブを育てるゲーム。「今ならレトリバーの木がもらえる」と書かれていた。植えるとレトリバー(犬)が生えてくるのだろう。リリース早々からマングローブのアイデンティティーをへし折りに来たなと。サンシャイン牧場のときも そうだったけれど、なぜ植物ではないものを 植物として植えさせようとするのだろうか。よく分からない。

他にも、クマと犬は宿敵ではなかろうか(銀牙ー流れ星銀ー的思考)とか、マングローブ生えてるような地域にクマは生息しているのだろうかとか、いろいろ。

とっ散らかってきたので、そろそろ筆を置くけれど、最後に「マングローブ校長は 主に写真撮影ばかりで 『植える』行為はほとんどしていなかった」ということだけは、校長の名誉に関わることなので、記しておく。
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する