mixiユーザー(id:16600073)

2018年04月25日08:05

181 view

自衛官による暴言の雑感・2

小西洋之議員罵倒の自衛官供述全文 “国民の敵”発言は否定
http://news.livedoor.com/article/detail/14623684/
>あなたがやっていることは、国民の命を守るとか、そういったこととは逆行しているように見えるんだ。東大まで出て、こんな活動しかできないなんてばかなのか
>本当にそういう行為(人の話を聞かない、すぐ通報する、すぐ警察を呼ぶという男らしくない行為)が気持ち悪い

一方の当事者の供述なので、鵜呑みにしてはいけないのだろうけれど、この文脈であれば「バカ」とか「気持ち悪い」といった小学生じみた罵倒も納得できるのは確か。特に矛盾している点もないし、それなりに信憑性のある供述のように思う。

小西議員「暴言あったことをない、できない」
https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0424/mai_180424_4941848358.html
>私は『国民の敵だ』と現に暴言を受けた。あったことをなかったことにすることはできない

小西議員は「国民の敵」という文言に拘っているみたいだけれども、自衛官の主張する文言「国益を損なう」でも大意は変わらない。文言は違えど、概ねそういった暴言があった事自体は認めているのだから、これで「防衛省が情報の隠蔽を行っている」と主張するのは無理のある話。

あまり拘りすぎると、「ゴネているだけの人」と 世間から否定的に受け取られる可能性もあるわけで、ここが矛の収め時ではないかなと思う。まぁ矛を収めるということを知らないのは、野党全体の傾向ではあるけれど。

※国会「我慢比べ」与党は審議強行 野党は場外で批判
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000125814.html
>「あり得ない高さまでハードルを上げてしまった」と、上げた拳の下ろし方が分からない状況

しかし、自衛官供述が正しいのだとすると、小西は自衛官に「謝罪すれば防衛省には通報しない」と約束して、謝罪した自衛官に「日本のために一緒に頑張ろう」とちょっと良い事を言って、両手で握手までして別れた直後に、防衛省に通報したことになる。小西を「小物界の大物」と呼ぶ人もいるけれど、むしろ果てしない闇を感じる人だよなと。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する