mixiユーザー(id:16600073)

2017年01月31日11:44

280 view

自転車競技の不正疑惑の雑感

強豪スカイやアームストロング氏に隠しモーター使用疑惑、米報道
http://www.afpbb.com/articles/-/3115946?pid=0

ツール7回優勝のランス・アームストロングと、他のチームならエース級の強さをもったアシスト陣で、最強チームと言われたUSポスタル(後にディスカバリーチャンネル)。今では組織的なドーピングが行われていた疑いが持たれている。

実際、ランス・アームストロングや、記事にも登場するタイラー・ハミルトンといった当時の主力選手の一部も、ドーピング使用を認めているわけで、ある程度の組織的なドーピングはあったのだろうと。

で、今のスカイは「強すぎ」て、あの頃のポスタルを思い出してしまうわけで、疑わしく思われるのは仕方ないことなんだろうと。選手を素直に信じられないのは悲しい事だけれども、自転車競技の歴史は あまりにもいろんな事がありすぎた。

スカイはドーピングに厳しいことで知られるチームだけれども、ドーピング不正への厳しさが、モーター不正への目くらましのためなのだとしたら、なかなかな策士っぷりだよなと。

まぁ今の時点では予断や憶測でしかない話なのだけれども、ここまで大きな騒ぎになった以上、今後はUCIも対策に乗り出さないわけにはいかないだろうと。厳格にチェックされたバイクで、これまでどおりの結果を出しさえすれば、疑惑の声なんて吹き飛ぶだろうと。

しかし、イカサマ自転車製作者は「アームストロングも使っていた」と言うけれど、そうなるとアームストロングはドーピングの発覚リスクの他に、モーター使用の発覚リスクまで負っていたことになるわけで、それはさすがにリスク負いすぎだろうと。この自転車製作者の言ってることも、かなり疑わしい所はあるよなと。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する