mixiユーザー(id:16600073)

2016年11月23日05:46

193 view

コンビニめしで喉をつまらせた話

一時期、車内で食べるコンビニごはんで、頻繁に喉をつまらせていたことがあった。まぁ食道を含めた消化器官が、アルコールで弱っていたのもあるけれど、やはり第一の原因は、テイクアウトで車内ということもあって、どうしても噛まずに早食いになっていたことだろうか。
あまりに何度も苦しい目に遭ったので、いざというとき用に、お茶のペットボトルも買うようになった。

で、また喉をつまらせてしまい、お茶の出番が来たのだけれども、これがあまり役に立たなかった。本当に喉が詰まっている時は、お茶も少ししか喉を通らないし、その程度では詰まったものを飲み下すことができない。

飲み下すことも出来ない中途半端な状態で苦しんだ挙句、結局駐車場でゲロって(ビニール袋使ったので駐車場を汚さずに済んだが)店員に心配される始末。飲み込めなかったお茶、まだ1/3ほど残っていた。詰まらせたのが、比較的詰まりやすいおにぎりではなく、のどごしの良い冷やし中華だったこともショックだった。

結局、適量をよく噛んで食べるのが、唯一無二の対策なんだと思い知らされた。

「おにぎりの早食い競争」の参加者がおにぎりを喉に詰まらせ死亡 滋賀県
http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1904738.html
>お茶を用意するなど安全に配慮しており問題はなかったと考えている

まぁ早食い大会は楽しいし、それ自体を否定するつもりはないのだけれども、お茶では全然安全対策になってないよなと。ドクターと吸引器は必要だと思う。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する