mixiユーザー(id:16600073)

2016年11月09日07:31

218 view

オリンピックの遅れの雑感

1つ目
東京オリンピックの施設見直し。見直しを検討された競技のアスリートや関係者たちは、「アスリートファーストに反する」「レガシーにならない」と、泣いたり怒ったりして反対している。まぁアスリートにしてみれば、新しくてデカい施設があるに越したことはないわけで、「俺たちアスリートが第一というのなら すごい施設作ってくれ」というのも、理屈としては当然だろうと。

もっとも、自分たちの懐は痛まないからと言って、ひたすらに新施設建設を要求する姿は、アスリートというよりは「ハコモノ予算を引っ張ってくることに腐心する役人」みたいに見えて、少し白けてしまうところはあるが。

「100年200年先にも遺せるレガシーとして 新しい施設を」と言うけれど、「畳と女房は新しい方がいい」で、この調子だと50年60年先のアスリートたちも、やっぱり新しい施設を要望してそうな気がしてならない。

札幌で再びオリンピックを JOCに開催提案書(11月8日)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161108/k10010760021000.html
前回オリンピックに使用した施設を利用すると言っているけれど、それで果たしてアスリートたちは納得するのかなと。スポーツを通して国民に夢や希望を与えたい(迫真)。


2つ目
“陰の女帝”崔順実氏、平昌五輪にも関与か 着工が大幅遅れ
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161102/frn1611021530005-n1.htm
「上納金」が原因だった平昌五輪組織委員長の交代劇
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/05/2016110500406.html
サムスンを家宅捜索 朴大統領親友の娘に資金提供か=韓国検察
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/11/08/2016110801071.html

まぁ事実はどうなのかはわからないけれど、疑惑への捜査でオリンピックにも支障が出てくるはず。特にスポンサーマネーが足りずに困っていたところに、メインスポンサーのサムスンがギャラクシーショックとチェスンシルゲート。相当バタバタするのは間違いない。

それはそれとして、まるでチェスンシルに献金しなかったから、組織委員長を交代させられたみたいに言うチョヤンホだけれども、単にグループ企業である韓進海運が破綻しかけていて、オリンピックどころではなかっただけではなかろうかと。
2 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する