mixiユーザー(id:16600073)

2016年07月12日17:56

295 view

鳥越俊太郎の雑感

■鳥越氏を野党統一候補に=4野党
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=4&from=diary&id=4089801

鳥越は「月曜になって急遽決めた」「政党からの要請はなかった」と言っているけれど、蓮舫辞退の頃から「誰もが驚く民進党の隠し玉」の噂は流れていたし、先週の時点で東国原英夫が鳥越出馬を示唆していた。やはり早い時点から民進党と接触していて、水面下で準備はしていたと見るほうが自然だろうと。

東国原氏が暴露!?鳥越俊太郎氏が都知事選出馬を準備(2016年7月7日)
http://www.hochi.co.jp/topics/20160707-OHT1T50044.html

もっとも、月曜日時点での民進党は、本気で慌てている様子だった。おそらく鳥越が正式な返答を保留し続けていて、民進党も「もう別の候補を立てるしかない」という所まで追い詰められていたのだろう。実際に一旦は古賀茂明に出馬要請をしている。「月曜になって急遽決めた」というのは、ある意味では本当なんだろうと。


鳥越がそこまで引っ張った理由はよく分からない。必勝の「後出しジャンケン」を決めたかったのか、参院選の結果を見てから決めたかったのか。

理由が何であったとしても、鳥越が引っ張ったせいで、その間に徒に野党系候補の出馬宣言が繰り返されてしまった。それで石田純一は仕事のキャンセル料を支払わなくてはいけなくなったし、宇都宮健児はハシゴを外されてしまったし、古賀茂明は面子を潰されることになった。

まぁ古賀茂明に関しては、鳥越の会見にサプライズを装った小芝居で登場して、その場で鳥越支持を表明。表立っては不満は無いように見えた。しかし、鳥越の会見の数時間前に『(鳥越が)出るのなら、そう言ってくれれば良かったのに…』と唇を震わせていたことを思うと、内心ではどうなのだろうかと。小芝居やらせたのは、ちょっと酷だったかもしれない。

そう考えると、ずいぶんと周囲に迷惑をかけた出馬になった。本人に自覚はないだろうけれど、鳥越も結構なエゴイストだよなと。


会見での小芝居にも苦笑させられたけれど、出馬理由に参議院選挙の結果を挙げたことにも、ちょっと苦笑させられた。意地悪な言い方になるけれど、要するに「参議院選で負けた鬱憤を 都知事選に勝つことで晴らす」と言っているわけで、付き合わされる都民にしてみれば、堪ったものではないよなと。違和感を持つ都民は一定数いるはずで、これは言わない方が良かったよなと。
4 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する