mixiユーザー(id:16600073)

2016年07月12日06:34

229 view

そして(離脱派から)誰もいなくなった

イギリス国民投票、離脱派勝利で辞意を表明したキャメロン首相の後継レースのメモ。

ボリス・ジョンソン
首相になりたくて、キャメロンを裏切って離脱派に鞍替え。しかし「変節を嫌われて代表選で議員票が集まらない」+「味方のはずのマイケル・ゴーブが裏切って代表選出馬」で終了。

マイケル・ゴーブ
ボリス・ジョンソンを裏切って代表選出馬。しかしジョンソンへの裏切りが嫌われて議員票が集まらずに終了。

アンドレア・レッドサム
離脱派内の反ゴーブ票を集めて、決選投票まで進む。残留派のテレーザ・メイ相手に「女性候補VS女性候補」と期待されたけれど、突然「メイは子供を産んでないので首相に相応しくない」と個人攻撃して炎上→謝罪→終了。

【保守党党首選】レッドサム氏、党首選レースから脱落!
http://www.japanjournals.com/uk-today/8193-160711-1.html

まぁ独立党のナイゼル・ファラージも辞任してしまっているわけで、国民投票の頃に「離脱派の有力者」として日本で報道されていた人物、軒並み全滅してしまった。選挙に勝ったら逆に全滅、悪い冗談みたいな話だなと。
3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する