ホーム > mixiユーザー(id:16600073) > mixiユーザーの日記一覧 > 艦隊これくしょん・第二次SN作戦

mixiユーザー(id:16600073)

2015年08月24日17:02

238 view

艦隊これくしょん・第二次SN作戦

丙提督でクリアしたので、ちょっとしたメモ。

E−1〜2甲、Eー3〜6まで乙、E−7丙でクリア。竜頭蛇尾なプレイスタイル。
消費した資源は燃料7万、弾薬5万、鉄3万、ボーキ1万、バケツ400。もっとも遠征で回復しながらだったので、実際には更に1〜3万(バケツなら100個)くらい多いと思う。

正空不足に泣かされた14年夏イベント。ここ1年で五航戦や雲龍型が増えているので、今年のイベントはやりくりが楽だろうと思っていたら、15年夏はルート固定の関係で軽空主体だった罠。虎の子として取っておいた赤城、結局支援艦隊での出撃だけだった。

E−3以降のマップは、どれも決して楽ではなくて、各々に思い出はあるはずなのだけれども、それも遠い昔の事のように感じられてしまうくらい、E−7のインパクトが強烈だった。。

まぁギミックが解明された後の丙で「難しかった」とか言ったら、甲クリアの人に叱られるかもしれないけれど、
・常に一発大破の危険をはらむ道中
・連合艦隊、支援艦隊で湯水のように消えていく資源
・最近のイベントでは珍しく、ルートの完全固定ができず、突如として島流し
・道中ボスを複数回倒すギミックを使わないと、ボスにほとんどダメージが与えられない
・道中ボスを複数回倒しても、翌日になると倒した回数がリセットされてやり直し
・ボスの対空砲火で、あっという間に吹っ飛ばされていく熟練艦載機
丙であっても消耗の激しいマップだったわけで、みるみる減っていく資源と、刻一刻と迫る深夜0時のタイムリミットのプレッシャーで、軽く吐き気がするくらいは仕方ないだろうと。

結局「これが今日最後の挑戦だ」を4回繰り返して、23時30分頃に終了。割とヘロヘロだったけれど、それでも1日で終わらせられたのだから、やっぱり丙は楽なんだろうと思う。

新規のドロップ艦で拾えたのは海風のみ。掘りに行く資源も気力も、今はないけれど、9月2日まであるので、それまでに充電できたらやってみようと思う。磯風も持ってないし、ギミックで難易度下げられるらしいので、挑戦するならE−3だろうか。

イベントで光った阿武隈改ニの強さ。本職である雷巡ではないので、開幕魚雷の威力がもっと低いのかと思っていたけれど、普通にイベント海域の巡洋艦を落とせるレベル。出撃の枠や燃費を考えると、むしろ雷巡よりも使い勝手が良いくらい。改装に設計図が必要ではあるけれど、その価値は十分にあったなと。


新実装の艦載機熟練度。熟練戦闘機のおかげで制空値に余裕ができて、空母が「烈風を載せた置物」を脱することが出来たけれど、逆に艦攻・艦爆への被害が気になってしまって、今まで以上にスロットの偏りに頭を悩ませる日々。ピーキー過ぎる龍驤。

もっとも、どうせツ級や悪月の対空砲火の前には、多少の艦載機数の差は関係ないわけで、頭を悩ませるだけ無駄なのかもしれない。イベント前に熟練艦載機の数を揃えておいて、壊滅した端から交代するくらいしかないだろうと。熟練パイロットの使い捨てとか、旧日本軍の暗黒面みたいでウッとくるが。

そして、搭載数が少な過ぎて対空砲火でアッサリ全滅、いつまで経っても熟練度が上がらず、相対的に他の艦載機より弱体化してしまった瑞雲(というか航戦と航巡)。あまりの不遇っぷりに、日向が憤死しかねないレベル。どうにかならないものかなと思う。


3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する