ホーム > mixiユーザー(id:16483387) > mixiユーザーの日記一覧

mixiユーザー(id:16483387)

日記一覧

【映画】ロビンフッド
2020年03月31日20:12

ロビンフッドリドリー・スコット監督と主演ラッセル・クロウと言えば『グラディエーター』を思い出す。同作品冒頭のローマ軍とゲルマン軍との決戦は映画史上に輝く名シーンに間違いあるまい。今回の『ロビンフッド』も悪くはなかったが、やはり心の何処かで期

続きを読む

【映画】1917
2020年03月29日14:07

1917カット割りせず、延々と映像が続く『ワンカット』撮影。臨場感や緊迫感溢れる最近話題の技法だ。って事ではあるが、実際観てて、俺はそれほど意識した事は無い。その手の作品は最近幾つか観たが、いずれも『言われてみれば』程度に感じるくらいだ。もっと

続きを読む

捕らえたゲリラを裁判にもかけず、上層部への報告も無く、基地司令官の個人的な裁定により銃殺刑を強行しようとするが、隊長が命令を断り営倉へ。後日、部下の3人も脱走する。地球連邦軍とは言えど、構成する人員の2割程の地球人が幹部としてのさばっており

続きを読む

カーディナルに呼び出されたレークは、ラコックと一緒にパルミナに戻れとドナンに命じられる。それは、話し合いによるゲリラ達との和解を目指した政策を推し進めていたレークに対する、事実上のクビ宣告。『君には他にやってもらう仕事がある』というドナンの

続きを読む

■ボーイング、737 MAXの生産一時停止 来年1月から(Traicy - 12月17日 08:41)https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=157&from=diary&id=5904769俺は大きい物が好きだ。これは子供の頃から一貫して変わらない。父親が土建業の社長だったので、幼少期か

続きを読む

山本彩、独特すぎる「モスバーガー」略称で話題に 圧倒的少数も“公式認定”掴むhttps://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=137&from=diary&id=6009248この人が誰かは知らないが、女のコが突然『モスバ♪モスバ♪』とか言い出したら、なんだか可愛いな。『

続きを読む

軍の命令を無視し、2人だけでダグラムへの復讐を誓ったハンクとアーロン。左腕を損傷して修理中のダグラムを発見して襲い掛かる。武器の無いダグラムに対して優勢に戦うも、突然ドSに豹変するアーロン。怖いゾ。結局なぶり殺しを楽しんでる隙にダグラムの反

続きを読む

■韓国、日本人のビザ免除を停止 事実上の対抗措置(朝日新聞デジタル - 03月06日 21:28)https://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=5999721 発表によると、日本から来る外国人に対しても、入国時の検疫などの手続きを強化する。また、

続きを読む

行く手を地雷原に阻まれた一行。チコが地表スレスレでビッグEガンを水平射撃し、弾道の衝撃波で地雷の信管を作動させようと試みる。その弾道に沿ってバイクで地雷原を突破し、連邦軍の地雷敷設部隊を捕捉。探知機を奪って地雷を処理し、無事突破する。お次は

続きを読む

今までとは違う大陸である『パルミナ』に渡った太陽の牙の面々。モデルは南米の様で、タンゴみたいの踊ったりして喜んでる描写がある。パルミナは農業がメインで人口は3億人。その80%が農民だが、土地を持ってるのは僅か1割。殆どが小作農で、地球の資本家

続きを読む

ダグラム撃破に執念を燃やすザルツェフ少佐は『ダグラムの跳躍力を封じ込めなければ…』と独り言。どうやらCBアーマー戦においては制空権の有無が重要で、跳躍力の優劣が勝敗を左右するモノらしい。ガンダムも空を飛ぶ事は出来なかったが、空から落ちてもバー

続きを読む

ダイヤモンドは永遠に 1971年ジョージ・レーゼンビーが思わぬ降板となり、再び後釜が居なくなった007シリーズ。苦肉の策として、初代ジェームズ・ボンド、ショーン・コネリーの復活となった。ダイヤモンドの知識を問われたボンドは『地球上で最も硬い物質。犬

続きを読む

【映画】女王陛下の007
2020年02月13日23:39

女王陛下の007 1969年現在までに6人の俳優が演じたジェームズ・ボンドだが、当時の感覚からすれば『007と言えばショーン・コネリー』だったであろう事は容易に想像がつく。そのコネリーが、自身の俳優としてのイメージが固着するのを避ける為、降板を決意し

続きを読む

フォン大佐が最も信頼する部下であるザルツェフ少佐を呼び寄せる。ザルツェフ率いる『24部隊』に与えられたのは3機のソルティックのみ。まともに戦ってはダグラムに対して勝ち目は無いと、装甲を外して徹底的に軽量化。極限までに運動性能を高めた機体と、三

続きを読む

クリンを捕らえれば父親から多額の謝礼金をふんだくれると考えたガルシアは、ハックルに操縦させたダグラムと共にクリンが投降すれば、仲間の命は助けてやると迫る。デロイア7の面々は既に水や食料が尽きて打つ手が無くなり、クリンは仕方なくその提案に従う

続きを読む

再び父の元を訪れたクリンは、彼を心配してデロイアまでやって来たデイジーと再会するも、飛び出して行ってしまう。デイジーは、自分がクリンを愛してる事を自覚し、クリンは独立派として戦う覚悟を決めた瞬間だった。前回も書いたけど、相変わらずセキュリテ

続きを読む

第6話〜10話この第6話『暁の救出作戦』は特筆すべき傑作回だ(題名からしてカッコ良いしね)。デロイア独立に対する地球連邦評議会議員の議論で始まるのだが、議長のドナン・カシムはデロイアの独立に1人反対の立場で、独立を支持する他の議員とのやりとりが

続きを読む

遂にダグラムヽ(´▽`)/例によって、この作品もリアルタイムでは殆ど観る事ができなかったので、ほぼほぼ今回が初見。何回かは観た事があったが、ああでもないこうでもないと屁理屈を並べ立てるラコックの禿げ上がったオデコとか、ダグラムがようやく映った

続きを読む

★スノークの死に様(笑)『レンは私を裏切るはずがない。彼の心の中は全てお見通しだ』と散っ々っぱら大口叩けるだけ叩いておいて、あっさりヤラれてしまう。もはやコント以外の何物でもない。前作からかなり持ち上げてた謎のベールに包まれたラスボス的存在の

続きを読む

スターウォーズ Ep8 最後のジェダイある日ふと、『俺SWの8作目って劇場で観たっけ…?』と不安になった。観てるはずだよな。ただその記憶が無い。最近この手の作品はオタク仲間達とのオフ会で行ってるから、よもや『あの』SWを見逃すはずがない。1977年に公

続きを読む

【映画】白いカラス
2020年01月07日20:40

面白いかどうかで訊かれたら返事に困るのだが、色々と考えせられる作品であったことは間違いない。コールマン教授(アンソニー・ホプキンス)が、講義に一度も姿を見せない生徒の事を『まるで幽霊だ』と発言した事が話の発端。『幽霊』という単語『スプーク(spo

続きを読む

ファミリー ビジネス親子3代の大泥棒って設定に加え、キャストを見て期待値が上がった。まずショーン・コネリーはお爺ちゃん役だな。引退した伝説的な凄腕の泥棒って予感。ダスティン・ホフマンがその息子で、コイツは技術屋か何かかな。孫がマシュー・ブロ

続きを読む

12月29日、SW最終章となるEp9鑑賞会の会場が池袋となり、その前に立ち寄る。13時頃着。列んでいたのは2人だけですぐに入店。出た時は5人程並んでいたが、回転が速い様だ。カウンターのみの店内で、5分程ですぐ着丼。スープは脂に塩をブチ込んだ感じ。人間

続きを読む

WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ王者 井岡一翔(日)30歳26戦24勝(16KO)2敗身長164cmリーチ167cm挑戦者 同級1位ジェイビール・シントロン(プエルトリコ)24歳12戦11戦勝(5KO)無敗1無効試合身長170cmリーチ179cm1Rシントロンはスタンスが広く低い重

続きを読む

【拳闘】田中×トロハツ
2020年01月03日08:18

WBO世界フライ級タイトルマッチ王者 田中恒成(日)24歳14戦全勝(8KO)無敗身長164cmリーチ164cm同級12位 ウラン・トロハツ(中)26歳17戦13勝(6KO)3敗1分身長163cmリーチ164cm1R田中は持ち味のスピードが出ている。足の裏が吸盤でリングに吸い付く様なキレ

続きを読む

ここまでは、過去3ヶ月以内に投稿された日記です。

これより過去に投稿された日記を閲覧するには、画面左の「過去の日記」内にある年月をクリックすると該当月に投稿された日記を閲覧することができます。