mixiユーザー(id:1636520)

2020年04月10日07:29

28 view

light side of the world

全国コロナ騒ぎでいろいろ自粛で、我が家でもいつも子供が二人、暇を持て余していて、家内も仕事を休んでそれに付き合っている昨今なのだけれど。

自分の仕事は、偉い人に、「そこは絶対止めません!」と宣言されてしまった業種であり、なんも変わらない日常、というか、異動で新しい職場。別の意味で、ちょっと違う日常。

昨日、スタンドを掛けそびれ、荷物満載のバイクを道に倒してしまったのだった。
こりゃ、起こせない。重すぎる。
荷物全部いったん外に出さないとだな。

なんて思っていると。

「バイク、倒しちゃったんですか?」

小学校5年生ぐらいの女の子が二人、駆け寄ってきたのだった。
恥ずかしい。

「ああ。うん。でも、大丈夫だよ」
「なんで、倒しちゃったんですか?」

なんでったって、ああ、恥ずかしい。

一人の女の子は、なんとバイクのハンドルに手をかけて、起こそうとしてる。勿論びくともしない。そこに、もう一人、今度は別の男の子。

「倒しちゃったんですか?なんで、倒しちゃったんですか?」

恥ずかしい。

でも、この3人がせーの、でバイクを立てようとし始めたのだ。

うそ?

そこに俺が入ると、なんなくバイクは立った。
小学生の力でも、合わせれば馬鹿にならない。3本の矢。

「気を付けて、お仕事してくださいね」

あ。はい。ありがとう。ありがとう。

なんとなく、ここ数年、世界の悪い所ばかり眺める癖がついてしまったようだ。

突然、こんな善意に触れて、心、あったかあったか。

こっちの反面ばかり見て生きる、そんなやり方が、ある。


3 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する