ホーム > mixiユーザー(id:1636520) > mixiユーザーの日記一覧 > 数十年越しの宿題

mixiユーザー(id:1636520)

2020年01月21日08:53

33 view

数十年越しの宿題

自分の通っていた小学校のプールでは、毎冬、金魚釣り大会が行われていた。
でも、ろくすぽ釣れた記憶がない。

小さいころ、漁師をやっている母の実家で、船に乗せられて釣りをした。
一本の糸にやたら針のついた仕掛けで、アブラメかなにかが大漁だったけれど、殆どおじさんの差配で、一向に自分で釣った気がしていない。
悔しくて、竿を持って一人で桟橋に出てみたけれど、釣れたのはフグ一匹。

その他。

沖縄で、海に針を落とすや否や、いきなりダツに竿ごと持っていかれたり。

一人暮らしを始めたころ、散歩の途中で立ち寄った小金井の釣り堀で、坊主だったり。

転勤先の島の桟橋では、並み居るすごおじさんたちにたじたじとしたり。

自分にとって、釣りはあきらめかけた宿題だったのだ。


土曜日に授業があったおかげで月曜日が休みの次男、八作を連れて、釣り堀へ。
スマホをいじってて偶然見つけた穴場。なんと近所。知らなかった。

竿の貸し代が一本200円。餌代はタダ。
ニジマスを一匹釣ると、270円で引き取りのみ、リリースは不可。

「食わないんだよね、このごろ。ううんと、このへん。この辺なら釣れるかな。奥の方に投げ込んでください」

お!来た!釣れた。

これが、魚が釣れるという感覚か。びちびちいって、気持ちいい。
ニジマス。別嬪な魚だなあ。

八作にもあたりが来て、計6匹を持って帰った。

俺は数十年越しの宿題を一つやり遂げた気分に、脱力している。

その後、腹の減った八作は、フードコートで大人用の盛のカツカレーを完食。
イオンモールでVRを楽しんだ。







1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する