ホーム > mixiユーザー(id:16091233) > mixiユーザーの日記一覧 > 専守防衛から一段上へ

mixiユーザー(id:16091233)

2020年01月28日22:50

4 view

専守防衛から一段上へ

これは国の事でなく自分個人の話

この頃というか段々と酷くなる
自分の周囲の治安の悪さ
この前、浴室、給湯設備の修理の為に
某最悪管理会社から2社が来ると
聞き出した(強く聞かないと情報を出さない)んだけど
そのうち1社は修理工事にあたり
訪問時間と所要時間、工事内容説明
訪問時の挨拶があったものの
もう1社(というより下請けのまた下請けみたいな業者)は
訪問時間と所要時間、工事内容説明、挨拶なし
いつ来たかもいつ帰ったのかもわからなかった
きちんとした方に聞いてみたが
その業者かどうかは判らないが
何かしていたと説明された
いつ来て、いつ帰ったかはわからないらしい
この事を某最悪管理会社とその事業所に言ったら
逆ギレされた
「いつ来ていつ帰ったなんて関係ない!管理会社からの注文通りの形跡があるのだから問題ないだろう!」と
ちなみにこの注文通りというのは自分は報告も受けていないし承知も全くしていない
実際、管理会社に前々から修理の相談をしていた箇所が
手付かず
もしこの時、この業者と健全な意思疎通があれば
また、貴重な時間を割いて修理工事に立ち会う事もない
自分にとって二度手間三度手間は
避けたい苛立ちを覚えるもの
これは現代における常識なのかもしれないが
個人的、少しでも法律(刑法、刑事訴訟法、民法、民事訴訟法)をかじった者としての考えなのだが
いくら管理会社が管理(維持についてはほぼ放置)している物件を借りているとはいえ
契約にのっとり専有している者に無断で現住建造物への
侵入はいわゆる不法侵入にあたるのではないかと考える
この場合いかに大家(うちの場合、契約上は管理会社)であろうとも、管理会社であろうとも、また大家、管理会社からの依頼で訪れた者であろうとも、その住人の許可なしには立ち入る事は違法だったと思う。但し緊急時には警察官やそれに類する者の立ち会いの下であれば立ち入る事が出来ると記憶している(例外としても警察官等の到着を待つ事が出来ない程切迫した場合は事後説明により侵入行為が認められる事があると記憶)
行政代執行等は別として
このアパートを借りてから
2度!不法侵入を許している
しかも、今の管理会社になってからの事
というのも管理会社の意向で鍵の交換が事実上不可能な為
これは自己防衛としては専守防衛では不可能と判断し
その一段上の防衛手段をとる事にした
うちには解る人には解る美術品と情操教育上集めていた
アウトドアにも使われるものが多数ある
加え、元々武術・武道を志す者だったので
その手のものが飾ってあったりする
それらがなくなるのも犯罪に使用されるのも
自分には悲しいもの
自分を守る為であり他者に害が及ばないよう
防衛を強化し、もし命の危機の際には対処出来るよう
準備と最悪を想定した覚悟を更に持ちたいと思う

0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する