mixiユーザー(id:16091233)

2019年12月03日13:38

40 view

ちょっと昔話

まだ大阪の吹田に住んでいた頃
親からほぼ毎週言われていたこと
刑法において「そんぞくさつ」を犯すと
最高刑か無期懲役しかないんだぞと
今は廃止されているが通常さつ人罪より
重い刑罰だった
当時その刑で裁かれた人がいた
その人は親からの虐待によって
ただ生きていることさえ苦痛だった
結局その人は罪を犯してしまった
「そんぞくさつ」において通常は
情状酌量はない
結果として裁判官の心情としても
かなり同情する所があったが
無期懲役の判決がくだった
これが世論や裁判官の
最高の同情のあらわれだった

自分には人を○害する意思は今でもない
それは師からの教えと
その反面のいつまでもそれに囚われながら
○ぬまで苦しんでろというどす黒い思い

ただ小学生の時
友達に将来の夢を語った事があった
それは将来空自に入ってパイロット資格を取って
自宅に墜落する事
今思えばバカな事だと思う
ピンポイントに自宅だけなくす事なんて
絶対に不可能だろうと
それに師からの教えに反する行為
今でも師を尊敬している自分には
到底出来ない事
0 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する