ホーム > mixiユーザー(id:15969281) > mixiユーザーの日記一覧 > Mumford and Sons 東京公演

mixiユーザー(id:15969281)

2019年11月22日18:43

7 view

Mumford and Sons 東京公演

2019.11.13
TOYOSU PIT

昨夜の興奮に酔いしれながら大阪から東京へ。関西限定のポッキーをお土産に買い、昼は関空で関西名物551豚まんを2個食べ、
帰りの便に搭乗。ジェットスターは安いけど時間がアテにならないと聞いていたけど、往復共に時間通りに発着。ただ成田から東京に着くまでの時間を勘違いしてしまい、宿泊地の飯田橋に着いたのが6時を回っていた。この時点で開場時に現地に行く事を諦め、7時前にピット到着。しかしここからビールと交換する為に20分近く並び、中に入ったのはもう7時20分になっていた。前の方が少し空いているようだったので進んで行くと、何と周りは外人だらけ、そしてその先へは進めない。もうここで良いやと煩いのは覚悟した。大阪同様BGMの音量が極めて低い。これには何か意味があるのかなぁ。さておき東京公演が始まった。

THE CAVE
いきなりこのイントロが弾かれてもうびっくり。全てのセトリを見た訳では無いので確かではないけど、最近では多分演ってないはず。何と贅沢なオープニングなんだろう。
否が応でも盛り上がるよなぁ。

GUIDING LIGHT
本来ならこの曲で始まるんだろうけど、今夜はTHE CAVEの次という事で少し印象が薄くなってしまったけど、いい曲だと思う。

HOLLAND ROAD
ここからは一転して聴かせる曲が続く。聴かせる曲での客の手拍子には少し引いてしまったけど、まぁ周りが外人だらけなので仕方ない。

BELOVED
前半の定番曲になったこの曲はトーマスが凄く気に入っているような気がする。そんな歌い方してると個人的に思っている。

BELLOW MY FEET
何度聴いても良いなぁ。名曲。

BLING LEADING THE BLIND
セトリ無かった新曲披露。個人的にはあまり響かなかった曲でもあり。彼等のイメージとも違うように思う。

LOVER OF THE LIGHT
前半最大の見せどころ。でもやっぱりホーンセクションが無いのは痛い。勿論名曲なんだけどね。聴けば聴くほどそう思ってしまう。

TOMPKINS SQUARE PARK
中盤中ダルミさせないようにこの曲は欠かせなくなってきた感がある。彼等のイメージとは少し違うようには思うんだけね。

BELIEVE
この曲も中盤には欠かせない曲になってきた。スローな流れから一気に盛り上げる、魅せる曲だよなぁ。

GHOST THAT WE KNEW
昨夜も歌ってくれた大好きな曲。涙が出てくるわ。

LITTLE LION MAN
ここから後半戦。言わずと知れた名曲。ここからは一気に本編終了迄盛り上げてくれる。
流石だ。

DITMAS
昨夜はTHE CAVEの後に、今夜はLITTLE LION MANの後に持ってくる辺り、計算出来てるなぁとつくづく感心してしまう。彼等の代表曲の後にこの曲で客席に降りて行けば、もうそれは否が応でも盛り上がるよなあ。

SLIP AWAY
終盤での定番曲だけど、個人的には彼等の音楽の方向性とは少し違うと思う。彼等に対すて一番違和感を覚える曲かも知れない。

THE WOLF
誰もが乗れる曲でグイグイ引っ張ってくれる。

DELTA
THE WOLFで盛り上がった後に、スローなオープニングで始まる流れ、そして徐々に盛り上げていくあたりは計算通りかな。アンコール最後にしていたのを本編最後に持ってきたのは正解だと思う。

大阪ではアンコールと言う形ではなかったけど、東京では通常のアンコールになった。

REMINDER
アンコールの2曲はアコギ一本での歌唱。
あっという間に終わってしまった感じだ。

WILD HEART
この曲はアコギ一本ではなくバンド演奏で聴きたかったかな。渋い曲なのでこのタイミングでアコギ一本では少しキツいかなと思った。

AWAKE MY SOUL
もう終わりが近づいてきている中でこの曲が歌われると、昨日同様に観に来て良かったと一番実感した瞬間だったかも知れない。

I WILL WAIT
とうとう最後の曲になってしまった。もう名曲なので言う事ないけど、周りの合唱を聴きながら、昨日、今日の事がとても居心地の良い空間になっていた事に感謝している。確かに周りの外人は煩かったけど、それすらも凌駕する良いコンサートだった。


そんな良いライブを観た後に、こんな事を書くのはどうかなと思ったけど、自分の備忘録なので正直に言うと、前回初来日時は2枚目のBABELを出した後の絶妙な時期での公演だった事もあり、フジロック、そしてスタジオコーストでのライブハウスでの公演は、それぞれ素晴らしいを通り越した、至福の時間だった。そして今回はその後に出したWILDER MINDとDELTAが彼等の方向性に変化が見られ、ライブにもその影響が出ていた。素晴らしいライブには違いないけど、至福の時間まではいかなかった。そしてこのアジアツアーからホーンセクションが無くなった事に、多分来れないだろうなとは思っていたけど、ショックだった。大阪まで観に行った事に後悔は全くないけどね。ともあれ素晴らしい時間を過ごせてとっても楽しかった事は間違いないし、彼等に有難うと言いたい。

さぁ彼等のライブ備忘録を書き終えたので、明日からはBEN HARPERの予習をしようかな。まだ三ヶ月以上先のライブだけど、大阪、名古屋、東京と三公演全て観るからね。
フォト

フォト


1 0

コメント

mixiユーザー

ログインしてコメントを投稿する